Yahoo! JAPAN

楽しみ方さまざま!「阿蘇レストラン&菓子屋ギフト」では、創作料理にケーキ・ハンバーガーまで楽しめる!

肥後ジャーナル

楽しみ方さまざま!「阿蘇レストラン&菓子屋ギフト」では、創作料理にケーキ・ハンバーガーまで楽しめる!

阿蘇に去年12月にオープンした「阿蘇レストラン&菓子屋ギフト」。 仲睦まじい夫婦で営まれている和やかな雰囲気の漂う素敵なお店。夫はシェフ、妻がパティシエという最高のタッグのため、創作料理にケーキ・ハンバーガーと幅広くメニューを展開しています。お子様用のメニューもあるため子連れの方でも楽しめますよ!

赤石蛇石神社の看板が目印!

金運に御利益があるという赤水蛇石神社。その神社を示す看板の向かい側に「阿蘇レストラン&菓子屋ギフト」があります。

おしゃれな白い外壁が印象的。

人から人へ送られる“ギフト”(贈り物)。そんな人と人をつなぐ“ギフト”を提供する場所にしたい、そんな思いから「阿蘇レストラン&菓子屋ギフト」と名付けられたそう。

創作料理は、〆のご飯がうまい!

メニューがこちら。名前が全部茸ですが、茸メインのお料理が出てくるわけではありません。 コース内容を区別するために、茸の名称を取って表現したそう。とてもユニークですよね。コースは月替わりで、創作料理を楽しむことができます。(※椎茸のコースは6月いっぱいで終了するそうです。)ランチとディナーの間、14時~16時は、ワッフルやパフェが頂けるそうです!お子様用のセットも豪華!事前予約がおすすめです。 今回は、榎茸コースを頂きました!

まずは前菜。いきなりおしゃれなお料理が出てきました。カボチャ、ナッツ、黒ごまが盛られたカボチャのムース。盛られた様々な食感がムースとマッチしてとても美味しかったです!

2品目の前菜がこちら。美しすぎる!低温調理されたサバにオクラやヤングコーンなどの夏野菜を漬け込んだマリネが盛られています。

魚料理のメインがこちら、焼きとうもろこしとキスのベニエ。とうもろこしとキスってこんなに合うの?!と舌を疑う旨さ。フォカッチャは、生クリームから作られた自家製バターと共に頂くことができます。おかわりOKとのこと!こちらも絶品です!

こちらは、肉料理のメイン。天草梅肉ポークの酢豚!肉厚はあるけど、脂っこくなくてぺろりといけちゃいました。肉がきたから次はデザート!と待っていると「デザートの前に〆でご飯がきます!」とのこと。「えっ?!ご、ご飯ですか?!」思わず聞き返してしまいました。

出てきました!〆のミニハヤシライス。サイズはミニでも味は本格的。ぎゅっと旨みが詰まった〆にふさわしい味でした。〆も月替わりで、おにぎりやミニカレー、高菜飯、ミニラーメンの月もあったそう。どの〆もめちゃめちゃ気になります!

最後のデザートまで可愛らしい見た目!桃太郎をイメージされたそう!ロンドン生まれのデザートであるピーチ・メルバを頂きました。濃厚なバニラアイスと桃の甘さが口へ広がり、溶けていく、至福のひとときを味わうことができました。デザートには、コーヒーか緑茶を付けることができ、おかわりもOK。どの品も豪華で、めちゃくちゃ満足できるコース内容でした。

ハンバーガーもあるぞ!

でかっ!!ハンバーガーセット(税込¥800)

 このボリューム!!玉ねぎを多く使用し、やわくて甘いハンバーグに仕上げたそう。何度もかぶりつきたくなる旨さでした!基本は、テイクアウトで!14時~16時までは、イートインで頂けます。事前予約が必要です!

デザートはついつい買ってしまう美味しさ

ショーケースに入ったデザートから、今回購入したのは、メロンのショートケーキ、ミニ溶岩シュー、ミニクレープ、ASOMILKと天草の塩を使用したプリン。ケーキ、クレープは甘すぎずに上品な味。シュークリームはカリッと、プリンはなめらか。デザートも買って間違いなしです。ホールケーキのオーダーも承っているそう。デザートは、イートインも可能です。

まとめ

人と人をつなぐ“ギフト”を提供する場所にしたい、そんな思いから生まれた「阿蘇レストラン&菓子屋ギフト」。創作料理にデザート、ハンバーガーと様々な楽しみ方ができるお店でした。コース料理は、事前予約がおすすめ。アレルギーや苦手なものを事前に連絡いただくと対応できるそうです。とても素敵なご夫婦が迎えてくださいます。大切な家族・友人・恋人へ。人から人へギフトにのせて思いもつないでいきたい。そう思える素敵なお店でした。

おすすめの記事