Yahoo! JAPAN

【タロットのスペシャリスト、ミラ先生が占う12星座】ふたご座(6/15-6/30)

GIRL

You Never Let Me Down.

6月後半は細かい計算に基づいた動きができない時期です。仕事面はチャレンジ精神を大いに養ってほしいとき。ノリで転職活動をしちゃうなど「かもしれない」を試すのが◯。対人面は小吉です。人に対し変わらない不毛な流れをきっぱりと一刀両断したくなるとき。ですが尖った個性を人に見せると浮いてしまいそうなので「面倒くさいので適当に」をキープしつつあまりロジカルに考えないのが◯。開運ポイントは「矛盾と軽やかに共存する」です。恋愛面は吉凶混乱です。カップルの人は彼もしくは恋愛に対する期待値を低めに設定しておくのがよいでしょう。コントロールのきかないポンコツさやどうでもいいところに頑固なところなど、彼の不毛な部分がいよいよクローズアップされますが、一気に流れを変えないルーズさで継続しといて吉。シングルの人は不安とセットになった男子と縁がある時期です。「信じる」といった乙女チックな概念は捨てて、男子そのものをしっかり受け止めて進むのが◯。

LUCKY WORD

危ない恋
現実視する

「現実を見る」をモットーにしたい6月後半。「既婚者」「彼女持ち」など、ハマったらヤバそうな人との縁が多そうなときですが、相手がどういう立場なのかをちゃんと分かった上で行くなら問題ありません。素敵な思い出になるかもしれないのでブレーキはかけなくてOKです。ですがくれぐれも「相手と別れて私と…」といった美化した未来ではなく、現実視した上での未来を想像するのがポイントです。そんなこの時期におすすめの記事がこちら。編集部員の日々のできごとを写真で振り返るフォトダイアリー企画を気分転換にぜひご覧ください! ラッキーカラーは白。とびきりロマンティックな〈アンス・ドッツローヴナー(Ans Dotsloevner)〉のウェディングビスチェで気分を上げて!

Photo Diary #53 編集部の今月をスナップショット。
アンス・ドッツローヴナーのウェディングビスチェ

ふたご座の男の子は?

正解に辿り着けない男。

身勝手な俺を解放したい双子座男子。「俺が行く道」を多情な感じで探したい様子。15~22日は他者の言葉より俺の想いが強いとき。どんぴしゃりな言葉以外は心に届かないようです。「ああそうですか」と放置してて◯。23~30日はキラキラに惹かれやすいとき。「かわいい」や「甘い雰囲気」など、ライトでキラついているパッケージな女子にやっぱり目が言っちゃう様子。「ダサいな」と思ってもルックスのかわいさだけは保っておいて吉。

【関連記事】

おすすめの記事