Yahoo! JAPAN

宮世琉弥・原菜乃華W主演!映画『恋わずらいのエリー』公開記念、オリジナルグッズプレゼント

NAGOYA.

宮世琉弥・原菜乃華W主演!映画『恋わずらいのエリー』公開記念、オリジナルグッズプレゼント

宮世琉弥と原 菜乃華のW主演!大人気の同名少女コミックの実写映画化『恋わずらいのエリー』が、2024年3月15日(金)より全国ロードショー!

今回は公開を記念して読者の皆さんに、非売品の映画オリジナルグッズを抽選でプレゼント!応募はページ下部から!ぜひチェックしてください。

累計発行部数210万部突破、藤ももによる大人気少女コミック「恋わずらいのエリー」(講談社「デザートKC」刊)が実写映画化!2015年より連載を開始し、2018年には第42回講談社漫画賞少女部門にノミネート。「爆笑しつつキュン死にできる」などティーンの心を鷲掴みにした傑作少女コミックです。

そんなコミックの満を持しての映画化では、表の顔は学校イチのさわやか王子だが、実は口の悪い”ウラオモテ男子”のオミくんを宮世琉弥が、オミくんを眺めながらSNS上で妄想をつぶやくのが日課の”妄想大好き女子”のエリーを原 菜乃華が演じます。

妄想大好き女子の奮闘に共感しつつ、怒涛のドキドキシチュエーションにキュンキュンしっぱなしの、ノンストップ♡ミラクルラブストーリーをぜひ劇場でお楽しみください!

▼予告編はこちら

▼ストーリー

地味で目立たない高校生活を送る女子高生・市村恵莉子(いちむら・えりこ/エリー)の唯一の楽しみは、学校イチのさわやか王子・近江章(おうみ・あきら/オミくん)を眺めつつ、SNS上で日々の妄想を“恋わずらいのエリー”の名前でつぶやくこと。ところが、ある日エリーは、オミくんが実は口が悪いウラオモテ男子であることを知ってしまう。しかも、自分の超恥ずかしい妄想が彼にバレてしまい、絶体絶命の大ピンチ・・・!?と思いきや、オミくんはそんなエリーを面白がり、まさかの急接近!最初こそオミくんの裏の顔にショックを受けたエリーだったが、彼の飾らない素の部分を知っていくうちに、恋心も妄想もどんどん膨らんでいく。オミくんがきっかけで人生初めての友達もでき、絶好調のエリー。しかし、ふとしたことから2人の気持ちはすれ違ってしまい・・・。果たして、不器用なオミくんとエリーの恋の行方は――?

【タイトル】

恋わずらいのエリー

【公開】

2024年3月15日(金)全国ロードショー

【監督】

三木康一郎

【出演】

宮世琉弥 原菜乃華 (W主演)

西村拓哉 白宮みずほ

藤本洸大・綱啓永

小関裕太

【原作】

藤もも「恋わずらいのエリー」(講談社「デザートKC」刊)

【配給】

松竹株式会社

©2024「恋わずらいのエリー」製作委員会 ©藤もも/講談社

公式サイトはこちら

公式X:@_lovesickellie_

公式Instagram:@_lovesickellie_

公式TikTok:@_lovesickellie_

映画公開記念!プレゼントキャンペーン

映画公開を記念して、ナゴヤドット読者の皆さんに映画『恋わずらいのエリー』オリジナル「台本ノート」(非売品)を抽選で3名様にプレゼント!

>>応募はこちらから

締め切り:2024年3月22日(金) 23:59まで

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 40代とは思えない!老けて見えない垢抜けボブヘア〜2024年夏〜

    4yuuu
  2. 【今週の12星座占いランキング】7月22日~7月28日の運勢は?

    charmmy
  3. 雑談力で好きな人の心を掴む!話題のビジネス書に学ぶコツ

    ウレぴあ総研
  4. 野球場に行きやすくて家賃の安い駅ランキング【ベルーナドーム編】」 3位「小手指」、2位「武蔵大和」、1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  5. 2024年最新「上海ディズニーランド」の行き方まとめ!一番近いのに一番行くのが大変…!?【海外ディズニー】

    ウレぴあ総研
  6. 【リアル貯金額】34歳、男性。結婚したら老後資金はいくら必要ですか?【FPが解説】

    4yuuu
  7. 【3COINS】貼るだけでかわいいと話題!「ジェルネイルシール」失敗せずキレイに貼る4つのポイント

    saita
  8. イオンモール神戸南に『ミスタードーナツ』がオープンするみたい。張り紙が貼られてる

    神戸ジャーナル
  9. 【上益城郡】キラキラな誰かのブランド生活の写真よりも、人々を救った石橋の美しさに感銘を受ける心でありたい~八勢目鑑橋(やせめがねばし)~

    肥後ジャーナル
  10. 【動画】大阪の夏の風物詩「天神祭ギャルみこし」、本番さながらにみこし担ぐ

    OSAKA STYLE