Yahoo! JAPAN

天然温泉って最高~!絶品グルメも一緒に堪能できる「北海道の日帰り温泉」3つ

北海道Likers

<span class="media-credit">出典: <a href="https://www.naganuma-onsen.com/">ながぬま温泉</a></span>

北海道の各地にある日帰り温泉。今回は、旅行やドライブの途中に立ち寄ってほしい、グルメと温泉をどちらも堪能できるスポットをご紹介します。寒い冬のおでかけコースに組み込んでみてくださいね。

1:道の駅パパスランドさっつる / 清里町

出典: CRENTEAR / PIXTA(ピクスタ)

斜里郡清里町にある「道の駅パパスランドさっつる」。こちらの温泉施設『パパスランド温泉』では、かけ流しの天然温泉が楽しめます。

お風呂は天然の内風呂のほか、露天風呂、うたせ湯など。 オホーツクを1日堪能したあとにゆっくり疲れを癒しましょう。無料の足湯もありますよ。

出典: 北海道Likers

「道の駅パパスランドさっつる」では、レストランの中華メニューが絶品と地元民に大人気。おいしいご飯や温泉で心も体も癒される素敵な場所です。

<施設情報>
■施設名:パパスランド温泉
■営業時間:10~21時
■料金:大人450円、小人(高校生以下)140円

<道の駅情報>
■施設名:道の駅パパスランドさっつる
■住所:北海道斜里郡清里町字神威1071番地
■電話番号:0152-26-2288
■営業時間:9~21時
■休館日:なし

2:しほろ温泉 プラザ緑風 / 士幌町

出典: 北海道Likers

次にご紹介するのは、帯広市から車で約30分のところにある「道の駅しほろ温泉」。

こちらで利用できる“モール温泉”は、北海道遺産にも指定された希少な泉質。肌をつるつるにする有機酸が地下水に溶けだして湧出する温泉です。琥珀色でトロッとした手触りはぜひ一度体験してほしい不思議な感覚。

疲労回復はもちろん、別名で「美人の湯」と呼ばれるほど保湿の効果が高いといわれています。

出典: 北海道Likers

「道の駅しほろ温泉」では、『しほろ牛すき焼定食』もぜひ堪能してほしい! 『しほろ牛』は、士幌町の山々を臨む広大な大地でのびのびと育ったホルスタイン牛でジューシーで脂身が少なく、やわらかい赤身が自慢。すきやきのタレを吸ったお肉を卵に絡めれば、「最高」の一言です。

<施設情報>
■施設名:しほろ温泉 プラザ緑風
■営業時間:11~23時(22時最終受付)
■料金:大人500円、65才以上350円、小人(小学生以下)250円

<道の駅情報>
■施設名:道の駅しほろ温泉
■住所:北海道河東郡士幌町字下居辺西2線134番地
■電話番号:01564‐5-3630
■営業時間:10~23時
■休館日:なし(メンテナンスにより臨時休館あり)

3:ながぬま温泉 / 長沼町

出典: ながぬま温泉

最後におすすめしたいのが、長沼町にある「ながぬま温泉」。札幌から車で約1時間のところにあります。

「ながぬま温泉」のお風呂は天然温泉100%の源泉掛け流しで、湧出量は毎分約1150リットルと豊富! 泉質のよさも抜群で、うたせ湯やジャグジーなどいろんな種類のお風呂が楽しめます。

お湯はpH値7.8の弱アルカリ性泉で塩分が高く、体のなかからしっかりとあたためてくれます。

出典: ながぬま温泉

「ながぬま温泉」にはジンギスカンコーナーが併設。町内のジンギスカンが食べ比べできる『3種食べ比べセット』が人気メニュー。味付けジンギスカンなので、ご飯が進みます。食べ比べてお気に入りのお肉を見つけてみてはいかがでしょうか。

車で10分ほどのところには「道の駅マオイの丘公園」があり、新鮮野菜が安く買える人気スポットです!

<施設情報>
■施設名:ながぬま温泉
■住所:北海道夕張郡長沼町東6線北4番地
■電話番号:0123-88-2408
■営業時間:日帰り入浴 9~22時

<道の駅情報>
■施設名:道の駅マオイの丘公園
■住所:北海道夕張郡長沼町東10線南7番地
■電話番号:0123-84-2120
■営業時間:9~18時(4~11月)、9~17時(12~3月)
■休館日:年末年始(12月31日~1月3日)

疲れた体を癒してくれる温泉は、冬のおでかけスポットにぴったり。温泉とグルメを一緒に堪能して、お腹も心も満たしてくださいね。

※こちら記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

【参考・画像】CRENTEAR / PIXTA(ピクスタ)、ながぬま温泉

【関連記事】

おすすめの記事