Yahoo! JAPAN

シャドーボックス 立体的な絵の世界 中央公民館で作品展〈伊勢原市〉

タウンニュース

会員の力作約20点が展示されている

シャドーボックスTAEKO(山口妙子講師=人物風土記で紹介)の、伊勢原市在住の会員らによる作品展が、市立中央公民館で9月30日(木)まで行われている。観覧は同館の開館時間中で、午前9時から午後8時まで。

シャドーボックスは、17世紀のヨーロッパで流行したハンドクラフト。遠近法の原理に従って1枚の絵を数枚重ね、立体的に仕上げていく工芸作品。期間中は約20点が展示されている。

山口さんは「お一人おひとりが仕事や家事の合間に時間を作り制作した力作。多くの方に鑑賞頂き、シャドーボックスの世界を楽しんで頂けたら」と話す。(問)同団体【電話】046・228・1061山口さん。

【関連記事】

おすすめの記事