Yahoo! JAPAN

【婚活アプリ】こんなはずじゃ…を回避! 経験者が教える気をつけたいポイント

ウレぴあ総研

彼氏もいないし、そろそろ婚活をはじめようかと思っていませんか?

婚活では積極的な行動が求められるイメージがありますが、婚活アプリなら人知れずマイペースにできるので安心です。

しかし、実際に会うと婚活アプリとはまるで違うことが起きると言います。

そんなことにならないように、これから婚活アプリで気をつけるべきことをご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

必見! 婚活アプリで気をつけたいこととは?

1: 独身証明書の有無

「独身証明書」という言葉は聞きなれないですね。

これは主に役所などで発行してもらえるもので、自分が独身であることを証明する書類となります。

婚活アプリではプロフィール欄にこの書類があるかどうか表示する項目があります。

実際にこれが必要となるのは「結婚相談所」に入会するときぐらいだと言われているので、婚活アプリで「独身証明書あり」となっていたら注意しましょう。

結婚相談所で全く女性と上手くいかずもうお手上げ状態となり、スタッフから「同時に婚活アプリにも挑戦しましょう」と言われた男性だと判断できるからです。

確かに、誰にも知られずに婚活アプリを使いたい人がわざわざそれだけのために発行手続きはしないですね。

2: タバコを吸うかどうか

婚活アプリではプロフィールだけである程度男性が絞れるようにできており、タバコを吸うかどうかまでわかりやすくなっています。

プロフィールには「喫煙の有無」という形で載っており「吸うか、吸わないか」の二択になります。

女性は自分自身が喫煙していない限り、できればタバコを吸わない人を選ぶ傾向にあるので重要視します。

しかし、男性もそれは把握済みでタバコを吸うからと婚活相手から外されてしまうのを避けるために、吸っていても喫煙なしとする人が結構います。

実際に会ってタバコを吸いだし「少ししか吸わないから喫煙なしにしていたよ」と平気で言ったりするので、きちっと確認した方がいいでしょう。

3: 同居希望かどうか

女性にとって結婚後に同居の必要があるのかどうかとても気になるところですよね。

こうしたこともプロフィールにあり「同居希望」「できれば同居」「同居の必要はなし」とだいたい三つの選択肢となります。

やはり女性としては同居を避けたい気持ちがあるので「同居の必要はなし」という条件で男性を検索にかけることが多いのではないでしょうか。

しかし、婚活アプリから親しくなり、実際にデートを重ねた頃に「うちの両親とは同居するから」と言われるケースがあります。

とても驚くと「俺は長男だからわかってくれていると思っていた」とプロフィールとは違うことを言い出したりするでしょう。

タイミングとして好きになってからでは遅いので、なるべく早い時期に同居の話をしておきましょう。

4: 最初のメッセージの内容

婚活アプリでは気になった人とメッセージのやり取りができます。

特に登録したばかりだとたくさんの男性からメッセージがくるので、一人一人に返事をするのが大変なくらいです。

初めてのメッセージと言えば「はじめまして。○○と申します」と挨拶と自己紹介が常識となりますよね。

しかし、婚活アプリには「元彼は何人ですか?」「デートしましょう!」といきなり言ってくる男性が意外と多くいます。

そういう人とはスムーズにコミュニケーションがとれるはずもないので、メッセージの内容に注目してください。

最低限のマナーを守った、控えめなメッセージを送る人とだけやり取りするようにしましょう。

婚活アプリは簡単に利用することができますが、実際と違うところも多いので自分でしっかり確認することが大切です。

婚活も駆け引きなので何でも信じすぎずチェックを入れるようにしてください。

ご紹介した気をつけるべきことを参考に、厳しい目で婚活相手を選びましょう。

(mimot.(ミモット)/菜花 明芽)

【関連記事】

おすすめの記事