Yahoo! JAPAN

初心者の味方「ジグサビキ」を深掘り ワームを付けてプチカスタマイズ

TSURINEWS

ワームを刺したジグサビキにヒットしたサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ジグサビキは、サビキとメタルジグのフラッシング効果で魚を掛けます。が、このハリ部分の装飾は使用と共に劣化してきます。魚が食わなくなったら、ワームをつけることで回復します。

効果が薄れたサビキ

ジグサビキに食わなくなる、というのは、要するにハリ部分の装飾が劣化するということです。それで効果が薄れてしまうのです。ティンセルとハゲ皮(カワハギの皮に似せたもの)が外れてしまうと、魚の食いはかなり落ちます。

ハゲ皮が取れたジグサビキのハリ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

効果が薄れたジグサビキはさっさと交換した方がいい?それもそうでしょう。しかしワームを使う手もあります。劣化したハリの装飾を、ワームで補い、アピールするのです。

ワームを装着すれば効果復活

装着はいたって簡単です。ワームにこのように取り付けます。

劣化したサビキバリにワームをセット(提供:TSURINEWSライター井上海生)

これでジグサビキのハリのアピールが復活します。筆者は今、サバ群を相手にSLSJで釣っていますが、面白いくらいワームに偏食します。

劣化したジグサビキのハリ、2連のもので、たとえば上にワームをつけて、下はそのままの状態にすると、高確率で上、ワームがついている方に魚が食いついてきます。つまりワームを見て食ってくるのです。

この場合はあまり、ワームのシルエットなんかを見ている感じはしません。ただアピールするものを食ってくるのでしょう。クリア系の赤ラメ入りアジングワームや、ソリッド系バスワーム2inchにも食ってきました。

ワームを偏食するサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

もう使わないワームを利用

ジグサビキのハリは軸が太いものが多いです。もちろん軸が細いものもあるのでしょうが、狙い方的にも激しいアクションを加える釣りになるので、ワームがボロボロになりやすい。あまりいいワームというかお気に入りのワームを刺すともったいない気がします。

私はライトブリームやアジングで、ほとんど使うことがなくなったワームや、ハリで刺し壊したワームを使っています。「このワーム、今イチなんだよな」と保管しているサブワームや、もしくは素材自体がある程度強い、エラストマー系のワームを推奨します。

ちなみに、エラストマー系のワームで先日もジグサビキ釣りをしてきましたが、1本で1時間くらいは持ちました。強力です。私が使ったのはかなり小さなものなので、もっと太くてもちもちした素材のエラストマー系ワームでいけば、一釣行まるまる持つかも。

ショアバチコン的な使い方

今、一部のアングラーがショアバチコンといって、沖のバチコンの仕掛けをショアから遠投するという釣法をしています。キャロライナリグの、アクション激しめバージョンといったところでしょうか?筆者もちょこちょこやっているのですが、確かにショアバチコンリグでも日中に魚は釣れました。

ただ、ジグサビキにワームをつける、という方法も、よく考えればショアバチコンそのまんまのような気がします。フラッシング効果+ワームの誘いで、遠方のサバ、アジも攻められるかもしれません。悩ましいのは、メタルジグが光量のある時間しか効かないことで、実は光量の少ない曇天の日やナイトも試しているのですが、曇天の海では釣れましたが、ナイトはまだ釣れていません。

とはいえ、変則ショアバチコンとして、この、ダウンショットリグの下のおもりをメタルジグにしたようなショアバチコン(ジグサビキワーム釣り)釣り方は、アジングの延長でやる試みとしても新しいかもしれません。沖の群れをメタルで攻められるというのは、大きな強みです。

沖の群れを攻められる強み(提供:TSURINEWSライター井上海生)

「自作」なんて考えないでおこう

一部、ジグサビキなんて自分で作れるよというDIYの噂もあります。器用な人はできるんでしょうね。ただ筆者としては、メーカー品をこうして使いきってしまう方が、楽で、いいと思います。ワーム装着でかなりジグサビキの寿命が延ばせるし、使わないワームを有効活用しながら始末するのにも、劣化したジグサビキバリにワーム、アリでしょう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post初心者の味方「ジグサビキ」を深掘り ワームを付けてプチカスタマイズfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事