Yahoo! JAPAN

岡田結実&齊藤英里W主演、兒玉遥出演映画『ウラギリ』、2022年8月公開決定!【コメントあり】

Pop’n’Roll

岡田結実&齊藤英里W主演、兒玉遥出演映画『ウラギリ』、2022年8月公開決定!【コメントあり】

岡田結実と齊藤英里がW主演、兒玉遥出演する映画『ウラギリ』が、2022年8月に全国公開することが決定した。

ダブル主演を務めるのは、岡田結実と齊藤英里。ほかにも、HKT48を卒業して女優業で活躍する兒玉遥、温水洋一や原田龍二、鳥羽潤など、豪華キャストが出演する。

今回、脚本と監督は、TVドラマで監督を務めることが多く、民放各局で多数の作品を演出している中前勇児。今年、監督を務めた新作映画『てぃだ』が<沖縄国際映画祭>にてワールドプレミアで上映、昨年の<京都国際映画祭>にて『終わりが始まり』を上映するなど、近年映画にも精力的に携わっている。

主題歌は、YouTuber、俳優、モデルとしても活躍するメンズユニット・真夜中の12時のオリジナル曲「ウラギリ」。真夜中の12時が初めて作詞に参加した書き下ろし楽曲になっている。

出演者コメント

岡田結実:
岡本加奈子を通して今回このウラギリという作品に携わらせていただいて、撮影日数的に短くてあっという間に、いい意味で心に傷を残した作品だったなと思いました。撮影前も撮影中もいろいろ考えていて、“ウラギリ”ってそもそも何なんだろうとか。裏切ることって友情、仕事、恋愛でも最初は信頼されていた。人から信頼を得ることって簡単ではないし、社会人になればなるほど信頼できる人ってそんな簡単には増えないから加奈子はそれでも幸せだったんだと思いました。信頼できる誰かがいること、今もいる人はとても幸せなことだと思いました。その信頼できる人に手を差し伸べることができるように、もがいても泣いてもいいから悩んだ最後は大事な人を助けられる人でありたいと思える作品でした。ぜひ観ていただきたいです。

岡田結実

齊藤英里:
今回、長編映画初主演で岩谷紗理奈を演じさせていただきました。台本を読ませていただいた時、クランクインするまでの役作りや、紗理奈の想いを1つずつ噛み砕いていくのに、楽しみと同時に不安な想いもありましたが、中前監督をはじめ共演者の方々に支えていただき、自信を持って全力で紗理奈を演じ切ることができました。緊張感ある現場で学ばせてもらうことは多く、その中で紗理奈として生きた経験は私の中でとても大きな財産です。ありふれた日常に起きた、それぞれの想いを熱く感じられるヒューマンドラマです。真実とは。優しさとは何か。ぜひ劇場にてご覧ください。

齊藤英里
映画『ウラギリ』

映画『ウラギリ』

2022年8月池袋シネマ・ロサほか全国順次ロードショー

■出演者
岡田結実、齊藤英里 
兒玉遥、鳥羽潤 、原田龍二、中村エリカ、鈴木秀人、温水洋一

脚本・監督:中前勇児
エグゼクティブプロデューサー:都平聡介
プロデューサー:長沼孝 鈴木秀人(手力プロダクション)
協力プロデューサー:酒井翔太郎
撮影:斑目重友
照明:町田真佑
録音:水嶋 編集、鈴木秀人 
助監督:橘志暢、三川岬、志垣霄太朗
衣装:百井豊
メイク:天野良美
選曲・効果:矢部公英

企画製作:NAVY INC(NAVY PICTURES)
配給:エムエフピクチャーズ
2022年/日本映画/1時間05分/カラー/シネマスコープ/ステレオ

『ウラギリ』あらすじ
アパレル会社に勤める加奈子(岡田結実)と、同僚の紗理奈(齊藤英里) は、仕事でも協力し合える特別な存在。しかし実は紗理奈は秘密を抱え、夜の仕事を掛け持ちしていた。紗理奈の生活を心配した加奈子は、夜の仕事を辞めることを条件に、紗理奈にお金を貸す。しかし紗理奈は突然会社を辞め、連絡がつかなくなってしまう。絶望する加奈子が知った、衝撃の事実とは……?

【関連記事】

おすすめの記事