Yahoo! JAPAN

犬が『懐かなくなってしまう』NG行為5つとは?

わんちゃんホンポ

犬が懐かなくなってしまうNG行為

1.一貫性のない行動をする

犬は一貫性のない行動をする人には懐きません。感情的に怒鳴る、急に大声を出す、常に騒がしいなどの行為をする人です。

どんなに嫌なことがあっても、イライラした感情を犬にぶつけて怒鳴ってはいけません。犬がイタズラをする瞬間を目撃しても急に大声を出してはいけません。

常に騒がしく落ち着きのない幼い子供も苦手です。犬が懐かなくなってしまうNG行為なので避けた方がよいでしょう。

2.予測できない行動をする

犬は予測できない行動をする人には懐きません。主な対象は子供ですが、大人にも言えます。

例えば、お散歩中にリードをグッと強く引っ張る行為です。飼い主がリードを引く強さを犬は予測することができません。

リードは犬の命を守るために装着しますが、何か合図を出したい時は優しく引いてあげてください。

危険な物が落ちていた時など、咄嗟にグッと強く引かなければならなかった時は、必ず犬をフォローしてあげてください。言葉は分からなくてもリードを引いた理由を説明してあげれば理解することができます。

予測できない行動を繰り返す人とはお散歩に行きたくない!と拒否するようになることがありますのでご注意ください。

3.冷たい態度で接する

犬は冷たい態度で接する人には懐きません。帰宅を喜んで出迎えたのに「はいはい」と軽くあしらう、甘えたくてスリスリしたのに「毛が付くからやめて」と拒否する、遊んでほしくておもちゃを持って来たのに無視するなどの行為をする人です。

犬は人とのスキンシップやコミュニケーションを大事にします。構ってあげられない時は「ごめんね。後で遊ぼうね。」と声をかけてあげてください。頭や体を撫でてあげるともっと気持ちが伝わりやすいです。

冷たい態度で接すると飼い主であっても懐かなくなってしまうので、どんなに忙しくしている時でも愛情を持って優しい気持ちで接してあげてください。

4.信頼していない

犬は自分を信頼してくれない人には懐きません。「どうせ○○だから」と決めつけていませんか?

「うちの犬はバカだから」と口癖のように言う人がいますが、教えられていない、または理解できていないだけです。飼い主に教えられたことを理解して行動できるようになるまでの時間は犬それぞれ違います。

自分を信頼して根気強く付き合ってくれる人が犬は好きです。「どうせできないから」と教えてくれない人に犬が懐くことはありません。

5.過剰に甘やかす

犬は過剰に甘やかしてくれる人には懐きません。要求することを何でも受け入れてくれて、ほしいものを何でも与えてくれて、わがまま放題させてくれる人を信頼することはできないからです。

「自分のところに来る」=「懐いている」というのは勘違いです。都合のいい時にだけやって来るのです。身の危険を感じた時、頼りにすることはないでしょう。

良いことを「良い」と褒めてくれる、悪いことを「悪い」と叱って正してくれる人を犬は信頼します。

過剰に甘やかす行為を繰り返していると懐かなくなり、要求が通らないと攻撃的な一面を見せることがありますのでご注意ください。

まとめ

犬が懐かなくなってしまうNG行為を5つ解説しました。

✔一貫性のない行動をする
✔予測できない行動をする
✔冷たい態度で接する
✔信頼していない
✔過剰に甘やかす

ついやってしまいがちなNG行為は「怒鳴る」「大声を出す」「無視する」ではないでしょうか。

問題を一時的に回避することはできますが、根本的な解決にはならないNG行為です。犬が懐かなくなってしまう原因にもなりやすいです。

無意識に行ってしまっている人は少しだけ意識してみてください。ついやってしまった時は「ごめんね」と言ってあげてください。犬は必ず理解してくれます。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事