Yahoo! JAPAN

カッコイイ管理釣り場のススメ No.8 箒川C&R | 栃木 渓流ステップアップ編

WEBマガジン

カッコイイ管理釣り場のススメ No.8 箒川C&R | 栃木 渓流ステップアップ編

ちょっと久しぶりになってしまったカッコイイ管理釣り場のススメ。徐々に秋が深まってくる今ぐらいからが管理釣り場シーズンということで、早速オススメの管理釣り場にお邪魔したいと思っていたのですが今回は少しだけ「その先」をお見せしたいと思います。きっと”管釣り”に何度か足を運んでいるうちに、いつか本当の川で釣りをしてみたいなぁなんて思う方もいると思うのです。ただいきなり渓流釣りにチャレンジするのもなかなかハードルが高いのでは? と不安もあるはず。
そこで今回はオススメの管理釣り場「ステップアップ編」として、自然の渓流フィールドに魚を放流しC&R(キャッチ&リリース)区間を設けた釣り場を紹介したいと思います。

魅力度ランキングは最下位だけど


渓流釣りは人気の栃木県

これまでも栃木にある管理釣り場をいくつも紹介してきましたが、栃木県は県外から年券(1年間有効の遊魚券)を買って釣りに訪れる人の数が日本で一番多い県でもあり、魅力的な釣り場がたくさんあるのですが、2020年の都道府県魅力度ランキングではなんと最下位に選ばれてしまった県でもあります…。日光は知ってるけど日光が栃木にあるとは知らない人も多かったりするようで上位にランクインするまでの道のりは険しそうですが、誰が言ったのか釣りの魅力度ランキングなら結構自信がありますよ! ということで今回白羽の矢を立てたのが箒川C&R区間です。
僕のなかではちょうど「管理釣り場と渓流釣りの間」という位置付けのフィールドで、渓流釣り場の多くが9月で禁漁期間に入るのですがこの箒川C&Rはこれからが最盛期。紅葉を楽しみながらトラウトフィッシングができる本州では珍しい場所でもあります。

秋は美しい紅葉をバックにトラウトフィッシング

温泉でも有名な那須塩原

場所も分かりやすくて店主の方が釣りをするので情報も聞けるうえ、スプーンの販売もあり

小さいころテレビから流れる「ホテルニュー塩原~♪」の歌声を聞くたびに塩原温泉ってどこにあるんだろう? って思っていたのですが(このCMを知らない人が意外と多いことに最近気づいた)、塩原温泉は栃木県のまさに箒川の川沿いにある温泉郷で、美しい渓谷を眺めながら温泉に浸かれる人気の観光地。そしてちょうどその温泉郷のあるエリアに設けられているのが箒川C&Rです。
今回は初めて釣りに訪れた方への参考になるように、遊魚券を買うところからご案内します。

箒川に着いたらまずは漁券を買う必要があるのですが、初めての方にオススメしたい漁券売り場は「しおばら千二百年物語」。なんとテラス席ならウェーダー着用のままランチやコーヒーも楽しめる釣り人にとても優しいお店なのです。この日は安定の寝坊をしっかりとキメて、券を買ったのは10時ぐらいのゆっくりスタート。

菅スプーンも一緒に購入。人気で手に入りにくいとか

しおばら千二百年物語

住所:〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原17
TEL:0287-32-2337
HP:http://shiobara1200.com/

アクセスもよくエントリーもかんたん!


なのにロケーションは壮大

箒川の川沿いは紅葉狩りや山歩きを楽しむ人たちが無料で使えるパーキングがいくつもあり、そこから徒歩で川にエントリーできる場所も分かりやすいため渓流初心者でも安心。しかもすぐ脇に国道が走っているとは思えないほど箒川の渓相(けいそう)は素晴らしく、これからの季節は美しい紅葉と透明で青く輝く川とのコントラストがとても綺麗です。
渓流釣りというと何キロも山を歩き、大きな岩のある渓流をズンズンと進んでいく釣りというイメージがあると思いますが(むしろそれが好きでやっている)、誰でもいきなりそんな山の中に釣りに行ったわけではないでしょう。ひとまず釣れるかどうかは別にして、美しい山に囲まれた釣り場で竿を振るという楽しみを体験してもらえたら嬉しいです。しかも箒川C&Rが通常の渓流と決定的に違うことは、そこに確実に魚がいること。目が慣れてくると至るところに驚くようなサイズの魚が見えるはず。

こんな感じで遊歩道からエントリーできるので初心者の方も安心

スタートフィッシング

まずは福渡橋の少し上流にある無料観光駐車場に車を停めて釣りスタート。このもう少し先にある七つ岩という場所から下流がC&R区間になります。この駐車場のすぐ下も魚の溜まる淵がいくつもあるので、道路沿いを下流に向かって少し歩き、川に降りる階段からエントリーしてみてください。

岩盤にいくつも点在する深みを1つ1つ丁寧に攻めるのがコツ。驚くようなサイズが飛び出してくることも

序盤で流れの中からミノーに食いつく魚がいましたがうまく掛けることができず、そのまま釣り上がる形で大岩と深い淵があるポイントに到着。ボトムを攻められるダート系のルアーにチェンジすると完全にスイッチの入ったレインボーが猛追してきてそのままバイト。先行者がいても魚はたくさん居ますし、必ず誰かが落としている「穴」があるはずなのでいろいろなルアーを試しながら丁寧に釣っていけば結果が出ると思います。

安心の1尾目、サイズは40cmぐらいでしたが素晴らしいファイトでした。ヒットルアーはボトムノックスイマーⅡ(スミス)

ポイント移動がてら千二百年物語でランチ

釣り場のすぐ近くでこんなゆっくりと食事とコーヒーが楽しめるフィールドはそう多くはないと思います。襟付き、大活躍

ウェーディングブーツを履いたままランチとかイギリスみたい

一緒に釣りをした友人が1バラし、そのあと僕も1バラしで上流エリアを終えて、お腹も空いたので先ほど券を買ったしおばら千二百年物語へ戻りランチ。ペット同伴で座ることのできるテラス席ならウェーダー姿のままで食事ができるのでとても便利。お客さんが多そうなときは、なんとなくウェーダーを脱いで普通に入店しています。意外と物々しい格好ですからね(笑)。

日替わりランチプレート1200円(ドリンク付き)で、この日は栃木のブランドマスであるヤシオマス味噌漬けの蒸し焼きがあったので迷わずチョイス

見慣れたヤシオマスの柄。さっきこんな感じの魚を釣ったばかりなので不思議な気分(笑)

午後の部は中流エリア

お腹も落ち着いたところで午後の部スタート。午後といっても夕マズメのまでの2、3時間といったところですが、ザ・箒川レインボーと呼べるような大型のレインボーをねらって頑張ります。
千二百年物語の少し上流方向に大きな砂利の広場があり車を停められますが、大型車やバスが切り返すための場所なので、それを妨げないように川側の端に寄せて車を停めてください。そこからスロープでかんたんに川に降りられるので人気ポイントの一つですが、先にも言った通り魚は確実に、且つたくさん居ますので流れの中やちょっとした深み、岩の影や淵をあの手この手で丁寧に探ってみてください。

大きな岩のそばには必ずといっていいほど深みがあるので要チェック

良型の箒川レインボー

いくつかある大岩と淵の組み合わせのなかで一際大きな岩の続くポイント。流石に時間帯的にも先行者が入ったのでしょう。魚の反応は悪くルアーの着水で逃げていく魚が見えたほどでしたが、何尾か見える魚のなかでときどきルアーに興味を見せる魚をねらって、その少し上流からルアーを流してアプローチしてきます。こんなときもやはりボトムからねらえるダート系や、スプーンをリフト&フォールで鼻先に流していくのがオススメ。
何度目かのキャストで思い出したかのようにルアーに口を使ったのは50cmオーバーのレインボー。箒川にしては大きくはないサイズかもしれませんが、バイト直後からドラグを出し最後のネットインまでしぶとく粘って楽しませてくれました。

10月初旬はまだそこまで水温が低くなく、長いファイトをしたあとの魚は結構グロッキーなことが多いので、水通しのよい場所でしっかり蘇生してからリリースしてあげてください

そのあと、そこから釣り下る形で岩にぶつかった強い流れが複雑に絡み合うようなポイントで、岩の影などの淀みをミノーでねらっていく釣りにシフト。慣れるまでなかなか難しいかもしれませんが、イメージとしては「ルアーがゆっくり泳げるところは魚もゆっくり休める」を頭に入れながら少しでも流れのゆるい場所や、ルアーを巻いていて一瞬スピードが緩んだように感じる場所をねらっていく感じ。とくに岩などで高低差があり、水深がある場所は表面上は流れが激しく一見釣りにくそうでも、一枚下は意外に流れが緩く魚が居着いていたりするので要注意。そんな場所を丁寧に釣っていくと激しい流れの中からバイトして、何度も派手にジャンプを繰り返すかっこいいレインボーが飛び出してきて大満足。夕マズメを待たず早めの納竿となりました。

ダウンの釣りでキビキビとした動きが使いやすいグレートハンティングハンプバック(メガバス)。迷いなく食いついてきた「ハーモニカ食い」

管理釣り場のような魚影の濃さと


自然のフィールドの持つ美しさ

箒川C&Rの魅力を一言で表すならば「管理釣り場のような魚影の濃さと自然のフィールドの持つ美しさ」に尽きるかもしれません。しかも1月半ばまで釣りを楽しむことができるので、オフシーズンでも体が鈍らないように「川歩き」ができる珍しい釣り場でもあります。さらに通常の渓流であれば当然自然のフィールドなので魚を探すところから始まりますが、ここは魚がいることが前提で「どうやって口を使わせるか」が鍵となってくるので、管理釣り場の延長としても楽しめるし、普段ネイティブ(野生で自然繁殖する在来の魚)を釣っている人もゲーム性の高い釣りを体験できると思います。
ちなみにC&R区間はエサ釣りは禁止ですのでルアーかフライのみ、細かいレギュレーションはWEBサイトなどで事前に確認していただきルールを守って釣りを楽しんでください。

これからハイシーズンを迎える管理釣り場、今シーズンはちょっと違ったフィールドも楽しんでみてはいかがでしょうか?

ギア紹介

Adventure Ⅱ Long sleeve Shirt / アドベンチャーⅡロングスリーブシャツ(Pike Street Market)
半永久的な防蚊効果・UVプロテクション・透湿性・高いファッション性を兼ねそろえた、あらゆるアウトドアアクティビティをサポートするアドベンチャーロングスリーブシャツ。旅や食事など、釣りと+αをスマートに実現する釣り人のためのアイテム。

CatCh & Release Nets TSUNAGU / キャッチ&リリースネット ”つなぐ”(HUNGRY BEAR)
「次の世代にも美しい自然と魚を残そう」そんな思いと遊び心、そしてギアにこだわる釣り人のカッコイイを叶えたラバーランディングネット。自然のフィールドで管理釣り場専用のラバーネットでは遊びにくい人はもちろん、管理釣り場で釣りはするけど写真にこだわりたい人までオススメしたいネット。

フィールド情報

箒川(ほうきがわ)C&R 塩原漁業協同組合

TEL:0287-32-2264
HP:https://www4.hp-ez.com/hp/siobara-gyo/
※C&R区間などはMAPで事前に確認してください

利用料金

1日券 2000円(現場売り2500円)

レギュレーション

・ルアー、フライ、テンカラ専用エリア・故意の引掛け釣り、エサ釣り、魚の持ち出し禁止・バーブドフック(カエシ付)、トリプルフック、プラスチックワーム系ルアーの使用禁止・シングルバーブレスフックのみ使用可

こんなイベントも開催されているようです。個人的に野生のフィールドへの養殖魚の放流は反対派ではありますが、ダムで堰き止めて区間管理された場所をこのように利用するのは、釣り人のニーズと魚の持続性を踏まえた妥協点なのかなと思います

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、店舗・施設や遊漁船によって営業時間の変更や休業の可能性があります。お出掛けの際には公式HPにてご確認ください。また、事前に地域の情報を確認したうえで釣行の計画、万全の対策、ソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。

【関連記事】

おすすめの記事