Yahoo! JAPAN

【日ノ岬沖2020】落とし込み釣り入門 ベイト付けはフリーフォールでOK

TSURINEWS

落とし込みでキャッチした釣果(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

夏~秋はイワシやアジなどの小魚が多く、それを捕食する大型魚の好機でもあります。今回は、初心者にもオススメの和歌山・日ノ岬沖での「ライト落とし込み釣り」を紹介しましょう。

日ノ岬沖で『落とし込み釣り』

落とし込み釣りは、出船すればベイトを求めて走り回る釣りです。というのも、この釣りは「わらしべ長者」のようなもので、まずはサビキで小魚を掛け、そのまま掛かった小魚に大型魚を食いつかせる、というシステムの釣りです。

和歌山県の日ノ岬沖の漁場は広く、日ノ岬と徳島・伊島の間に点在する魚礁や、日ノ岬~大引の沖にある魚礁、瀬などに着く小魚を求めて船を走らせます。そのため、水深も30m前後の浅場から60m近い深場まで様々です。

日ノ岬沖で狙えるターゲット

夏場から秋の落とし込み釣りで狙えるターゲットの代表はブリ(メジロ、ハマチ)、カンパチ(シオ)、マダイ、サワラ、ヒラメなど。特に日ノ岬より北側海域で特徴的なのはベイトに付いた大型マダイを狙うことが可能。

秋になると増えるシオ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ただ、ベイトに付く魚を狙うので、その時々で同じ釣り方でも何が食いついてくるのか分かりません。そのワクワク感も落とし込み釣りの醍醐味といえるでしょう。

ブリは落とし込み釣りの定番ターゲット(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

落とし込み釣りのタックル

次に落とし込み釣りのタックルを紹介しましょう。

ロッド(竿)

落とし込み釣りに使用するタックルはベイトを掛けてから、そのベイトを大型魚がしっかりと食い込むまで待てる、柔軟なサオの調子が定番です。7対3調子や6対4調子といったかなり胴に乗る軟らかいサオが適しています。サオの長さは2~3mで扱いやすいモノが良いでしょう。

胴調子のサオが適している(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

リール

水深があまりに深い場所は少ないため、リールは手巻きでも構いませんが、中型電動リールをオススメします。

ライン

道糸はPEラインで3~4号を200m以上巻いておけばOKです。先にはクッションを兼ねたリーダー(フロロカーボンライン8号前後)を2mほど接続しておきます。

落とし込み釣りの仕掛け

次に落とし込み釣りの仕掛けについて解説しましょう。

波止サビキとの違い

落とし込みの仕掛けはいわゆるサビキスタイルの胴突き仕掛けです。波止のサビキのようなイメージですが、違うのはそのスケール。ハリは落とし込み用に開発された軸が太く強度の高いハリを使用します。大型魚を狙うからといって、大きなハリを使うとベイトが掛かりにくいので、やや小さめで軸が太く強度が高いハリです。

ハリにはサビキ同様、疑似となる魚皮やスキンなどが付いている物や、何も付いていない空バリで、軸を平打ちしてキラキラと光ることでベイトにアピールするものなどいろいろありますが、その時々でベイトが良く掛かるハリを使いたいのでタイプを変えて数種類の仕掛けを用意しておくことをオススメします。

仕掛けのタイプが多いのも落とし込み釣り(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ハリス

ハリスは日ノ岬沖の場合、6~8号を使用することが多いです。船宿によっては、船長オリジナルの仕掛けを船宿で販売していたり、船に常備していたりします。

毎日のように出船する船長が作る現地に合った仕掛けともいえるので、最初は船長仕掛けを利用した方がよいかもしれませんね。仕掛けの有無は事前に船宿に確認しておきましょう。

船頭仕掛け(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

オモリ

日ノ岬沖の場合、オモリは30~60号を使用します。人が少なければ、オマツリも少ないのでライトな30号をメインとしています。乗船人数と水深、潮の流れなどでオマツリしない程度にオモリを指定してくれますので、できれば30、40、50、60号と小刻みにオモリを持参しておけば良いでしょう。

オモリは号数をかえて持参(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

落とし込みの釣りのポイント

落とし込み釣りのもっとも重要なポイントは、大型魚を掛けることよりも、まずはベイトをハリ掛かりさせることです。小魚さえ掛かれば、後は難しい技術は必要ありません。落とし込み釣りで良く釣る人は、「ベイトを掛けるのが上手い人」ともいえるのです。

ベイトを掛ける方法ですが、船長は魚探やソナーを駆使してベイトの群れを追いかけます。ベイトの移動する先に船を持っていき、沈めた仕掛けとベイトの群れが合致するように操船してくれます。

そのため、合図があれば素早く仕掛けを落とせるように準備をしておくことが重要です。モタモタしていると、自分の仕掛けが指示ダナまで沈んだ頃には、ベイトの群れは去ってしまっている、なんて自体もよくあります。

できるだけフリーで落とす

ベイトを掛ける際はベイトのタナで仕掛けを止めて、ベイトをハリ掛かりさせるのではありません。実はほとんどフリーフォールでベイトの層を通過させる方がよく掛かります。

フリーで落とす(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

私見ですが、ベイトのいるタナで止めて、波止のサビキ釣りのように魚を掛けると、なぜか、掛かったベイトが外れやすいように思います。それよりも素早く沈むハリに掛かったベイトの方が外れにくいようです。

ベイトが掛かるまで上下させる

ベイトが掛かると穂先に微妙なプルプルとした小刻みな反応が出ます。ベイトが掛かっても掛からなくても、まずはそのまま仕掛けを海底まで落とします。ベイトが掛かっていればプルプルとした反応が続きますので、そのまま1mほど仕掛けを浮かせて大型魚が食いつくのを待ちます。

ベイトが掛かっていなければ電動のハイスピードで船長の指示するベイト層の一番上まで巻き上げて再び落とします。ベイトが掛からなければフォール→着底→巻き上げ→フォールの繰り返しとなります。

ベイトが掛かればしめたもの。そのまま海底付近まで持っていき、後は大型の魚が食いつくのを待ちます。この際には、特に難しい操作は必要ありません。あるとすれば、あまり仕掛けが浮き上がらないように時々、底を確認するくらいでしょうか。

大型魚のアタリ

大型魚が近づくと、ハリに掛かったベイトも逃げようとします。そのため、竿先にベイトがより暴れる感触が伝わってくることがあります。そんな反応が出れば、その直後に大型魚のアタリが出ることが多々ありますので集中しましょう。
ほかにも、いきなり竿先を引き込むような突然の大アタリも出ますので、ベイトが掛かっている限り、いつ大物がヒットするか分からないので油断は禁物です。

前アタリではアワせない

大型魚のアタリは驚くほど大きいのでまったく初めての人でも分かりやすいのが特徴です。でも、実は最初に出る竿先をたたき、踊らせるようなアタリ自体は前アタリであることが多いのです。ここでアワせてしまうとかなりの確率ですっぽ抜けたり、素バリを引きます。

イメージですが、いきなり小魚を襲うというよりも、何度もアタックして口先で「遊ぶように」かんで弱らせてからエサを吸い込む、という感じでしょうか。
竿先が踊っている間、我慢していると突然、ギューンと竿を引き込むような引きにかわります。ここがアワセどころです。

アワセと同時に強烈な引きが(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

やり取り

魚が掛かればできれば素早く巻き上げます。ハリスも太めなのでサワラなどの歯が鋭い魚以外では、なかなかラインブレイクすることはありませんが、強引なやり取りでも確実に魚を浮かせてくれるのがドラグ設定です。手で引っ張って、ズルズルと糸が出るくらいにドラグを調整します。

青物の場合、最初に突っ走ることも多いので、その時は無理に止めない程度のドラグ設定をしておけば理想的です。走りが止まって巻き上げに掛かった際に、徐々にドラグを締めるように調整します。

取り込み

取り込みは船長や周りの釣り座の人にタモ入れをして貰います。たいていの場合、魚が大きいので1人でのタモ入れは困難だからです。取り込み時の注意点は、魚が仕掛けの下部に掛かっている場合、浮かせた後に仕掛けの中間辺りを手で持ってタモへ誘導することも多いと思います。

その際、最後の抵抗で魚が潜ろうとして仕掛けを送らなければならない時に、上の方にある枝バリが手などに刺さらないよう注意します。できれば仕掛けの一番上を持って手を突き上げてタモ入れの体勢を作ります。

落とし込みは釣り初心者にもオススメ

落とし込み釣りの場合、船宿にレンタルタックルが常備されていることが多く、仕掛けは船頭仕掛けもあったりで、自分の釣り具がなくても指定のオモリと魚を入れるクーラーボックスを持参するだけで釣りができます。

また、ベイトさえ掛かれば、難しい技術もあまり必要とせずに、大型魚に巡り会うことができる点などから、初心者にもやりやすい釣りといえます。

手軽に大物と出会えるのが魅力(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

これから秋にかけてはベイトの中心となるイワシの回遊も盛んになり、それを追って活性が上がる青物やマダイなども好シーズンに入ります。ぜひ、大型魚の号員を手軽に楽しめる落とし込み釣りにチャレンジしてみてください。

ベイトの代表はイワシ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

<松村計吾/TSURINEWS関西編集部>

The post【日ノ岬沖2020】落とし込み釣り入門 ベイト付けはフリーフォールでOKfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【後編】9年前に旦那の不倫が発覚。不倫で仕返してみた結果……

    ママスタセレクト
  2. 【前編】9年前に旦那の不倫が発覚。不倫で仕返してみた結果……

    ママスタセレクト
  3. ニャンコとワンコが…ダブルお手! 飼い主さんの手にポン、ポンと肉球を乗せる2匹にほっこり♡

    PECO
  4. RADWIMPS、メジャーデビュー15周年記念『15th Anniversary Special Concert』開催決定、横浜アリーナ生配信&有観客ライブ2days+前日に公開ゲネプロ開催

    SPICE
  5. 内田真礼、幅広い活躍に迫る大特集! 『B.L.T. VOICE GIRLS Vol.44』表紙&巻頭登場

    Pop’n’Roll
  6. アリアナ・グランデ、新曲「Positions」のMVで女性大統領に 実の母も出演

    SPICE
  7. フワちゃん、吉田鋼太郎に「舐めているラムネ」見せても番組が成立する立ち位置 タメ口キャラで生き残れるワケ

    Techinsight
  8. 【見つけたら買い】老舗かまぼこ店の「スライムかまぼこ」愛らしい姿が人気で増産中!

    ウレぴあ総研
  9. あべこうじ、妻・高橋愛の眉毛を“足した”姿を公開「ないから足しときました」

    アメーバニュース
  10. 1本で5つの機能! ダイソーの「多機能しゃもじ」知らないなんて損。

    東京バーゲンマニア