Yahoo! JAPAN

パンサー向井、感激! 7年前の“痴漢冤罪”トラブルを救ってくれた恩人をツイッターで発見

Techinsight

7年越しに直接お礼を言うことができた向井慧

お笑いトリオ・パンサーの向井慧(36)が27日放送のラジオ番組『パンサー向井の#ふらっと』(TBSラジオ)で、7年ほど前に電車の中で痴漢の疑いをかけられたトラブルについて新たな展開があったことを明かした。「SNSのすごいところなんですよ!」と興奮気味に語る向井に、全くSNSをやっていない同番組水曜パートナーの三田寛子(56)は「私もやってみたい」と興味が出てきたようである。

それは仕事のため先輩らと一緒に電車で移動中の出来事である。座席に座り左隣の先輩と話し込んでいた向井慧だったが、右隣に座っていた女性が突然「お前、痴漢してんだろ!」とものすごい大きな声で叫んだという。先輩の方に体を向けていた向井が驚いて振り返ると、「お前、さっきから痴漢してんだよ!」と怒鳴られたそうだ。

全く身に覚えが無かったが、自分の服の端が彼女にあたっていたのかもしれないと思い「もし当たってたらすみません。でも本当、全くそのつもりは無いので」と謝ったが、「おい、警察行くぞ!」「駅長室行くぞ!」とその女性は聞く耳を持ってくれなかったそうだ。「ヤバイ」と焦った向井は、「分かりました、そこでお話しましょう」と一旦は承諾してしまう。“僕は絶対やっていない”と自信があったので、説明すれば分かってもらえると思ったのだ。しかし先輩から「こういうのは一回駅長室に行ってしまうと、やってるやってないにかかわらず勾留されてしまうから、行かない方がいいぞ」とアドバイスされたため、「すみません、駅長室には行けませんが、僕は本当にやっていないので」と女性に伝えたが、電車の中ではずっと「痴漢だろ、お前!」と罵声を浴びせ続けられたのだ。

そして向井らは渋谷で降りたがその女性も一緒に降りて来て、今度は彼と一緒にいた先輩の腕を掴んで「コイツ、痴漢です!」と叫んだという。駅のホームには大勢の人がおり、すぐに駅員数人が駆けつけて「ちょっと話を聞かせて」と先輩が連れて行かれそうになり、あたりは騒然となった。だがその時、向井らと同じ車両に乗っていた男性が割って入り、「ずっとこの人たちのやり取りを見ていたんですけど、この人たちは全く悪く無いです」、「この女性が急に怒り出してこういう感じになってるので、この人たちはやってないです」と証言してくれたのだ。この男性のおかげで向井らは無事仕事に行くことができたが、簡単なお礼をしただけで連絡先などを聞くことはできなかったという。

この騒動から7年ほどが経った先週、 ツイッターでハッシュタグ「#あれ実は私なんです」が流行ったが、その中に「パンサー向井さんの冤罪を助けたの、実は僕なんです」というメッセージを向井は発見した。“うわ、7年ぶりに”と感激した彼は、すぐにDMで「あの時、ありがとうございました」と送ったそうだ。そして「7年越しに改めて“お礼を言わせて欲しいです”って電話番号を送って、電話させてもらって」と昨日、直にやり取りができたとのこと。その男性から見た当時の話はとても意味あるもので、SNSが繋げてくれた縁に向井は感謝の気持ちでいっぱいだった。

画像2枚目は『パンサー向井の#ふらっと 2022年4月27日付Twitter「SNSに興味津々な三田さんに、写真撮ってもらいました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】

おすすめの記事