Yahoo! JAPAN

【幻影グルメ】もう二度と食べられない全部乗せカレー / 神保町のカレーの聖地「まんてん」

東京メインディッシュ

東京都の神保町には多数の出版社や書店があるため、本の街と呼ばれることもありますが、実はカレーの街でもあります。インドカレー屋もあれば和風カレー屋、欧風カレー屋もあります。特に有名なのが安くてウマイと評判の「まんてん」(東京都千代田区神田神保町1-54)。

・食欲をしっかり満たしてくれます

まんてんのカレーは「ウマさを追求した究極のカレー!」というよりも、昔ながらの食堂のカレーが安く食べられる店といえます。けっこう安く、がっつり大盛りで、しっかりウマイ。「いまのオレはカレー脳だな」という人の食欲をしっかり満たしてくれます。

・「全部乗せカレー」が存在

カレーライス単品でもじゅうぶん美味しいのですが、揚げ物のトッピングを1~2つほどして食べる客が多いです。じつはこの店、かつて、すべてのトッピングを追加できる「全部乗せカレー」が存在していました。

・食べきれないのに全部乗せカレーをオーダー

まんてんの揚げ物はどれもカリッと揚げられていて定評があります。それゆえ、全部乗せカレーはまんてんマニアにとって最高のご褒美でした。しかし残念なことに、現在は全部乗せカレーを注文することはできません。一説によると、食べきれないのに全部乗せカレーをオーダーする客が多いため、中止することにしたと言われています。

・無謀なオーダーで食材を無駄にすべきではない

どんなに「オレは残さず食べられるよ」という客がいたとしても、全部乗せカレーをオーダーすることはできません。残念ではありますが、無謀なオーダーで食材を無駄にするには中止しか策がなかったともいえます。

客が食べ残さず、しっかりマナーを守るようになれば、いつか全部乗せカレーが復活するかもしれないですね。そんな日が来ることを祈りつつ、まんてんのカレーを楽しみましよう。

【関連記事】

おすすめの記事