Yahoo! JAPAN

釣魚で作る「がっつり系」レシピ:クロのネズ玉 丼にしてもグッド

TSURINEWS

クロのネズ玉(提供:TSURINEWSライター松田正記)

堤防から手軽に狙えるクロ(メジナ)。刺し身や塩焼きなど料理のレパートリーも豊富だ。今回は「クロのネズ(マヨネーズ)玉」を紹介する。

持ち帰り方

釣り上げたクロはナイフなどを使って絞め、水洗いしてクーラーに収める。潮氷にしておくことが鮮度を保つコツだ。

3枚におろす

帰宅後は3枚におろす作業。まずは頭とワタを取り、ウロコが付いたまま3枚におろす。おろしたあとは皮を剥ぐ。ウロコが付いているため、皮が千切れることなく、スムーズに剥げる。

ウロコが付いたままおろしていく(提供:TSURINEWSライター松田正記)

サク取り

皮を剥いだらサク取りし、刺し身の準備。1~3日は生食。それ以降は加熱用にするといい。今回は加熱用を使用する。

まずは刺し身にする(提供:TSURINEWSライター松田正記)

卵&マヨネーズ

はじめにサクを刺し身の要領でカット。次に溶き卵とマヨネーズを混ぜ合わせ、魚を投入。あとはフライパンで焼けば完成。酒の肴はもちろん、どんぶり飯にのせて食べてもGOOD。

溶き卵とマヨネーズを合わせ魚を投入(提供:TSURINEWSライター松田正記)

<松田正記/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事