Yahoo! JAPAN

犬の『抜け毛』を利用したアイデア5選

わんちゃんホンポ

犬の抜け毛を利用したアイデア5選

ブラッシングのたびに抜ける大量の犬の毛。換毛期なら山のように抜けますよね。

掃除の大変さに気を取られて気づきにくいですが、よく見ると犬の抜け毛はフワフワで綺麗なものです。

すでに「犬の抜け毛アート」というジャンルで活躍するハンドメイド作家も多く、犬の抜け毛は再活用できると知られています。

あなたも愛犬の抜け毛を使って、この世でひとつの作品を生み出してみませんか?

そこで今回は犬の抜け毛を利用したアイデア5選と、再利用のやり方についてご紹介します!

1.犬毛フェルトでボールを作る

羊毛フェルトならぬ「犬毛フェルト」でハンドメイド作品を作ってみましょう。

まずは簡単な犬毛フェルトを使ったボールからチャレンジしてみてください。

ボールなら抜け毛が少ない犬でも簡単に作ることができる上に、ボール遊びに活用できます。愛犬も自分のニオイがするので愛着を持つ子が多いです。

犬毛の洗い方は、目の細かい洗濯ネットに入れた上で、犬用シャンプーなどをぬるま湯で溶かした洗面器で優しく押し洗いします。ぬるま湯で2回ほどすすいだら、タオルに挟んで優しく水気を取りましょう。

洗濯ネットに入れたまま陰干しをして、しっかり乾いたら犬毛フェルトの完成です。100均ショップで手に入る羊毛フェルト用のニードルとマットを用意して、丸くなるように犬毛フェルトを固めていけば犬毛ボールの完成です!

犬毛ボールにパーツをつけて、ストラップやキーホルダーにすると可愛いだけでなく、いつも愛犬がそばにいる気持ちになれるのでおすすめです。

2.犬毛フェルトでぬいぐるみを作る

愛犬の抜け毛を集めた犬毛フェルトでぬいぐるみを作るのもおすすめです。大量の抜け毛を集めて作る、愛犬そっくりなマスコット人形は大変人気を集めています。

相当な抜け毛が必要ですが、等身大の愛犬のぬいぐるみを作ることも不可能ではありません。将来もしも…の時のために愛犬の抜け毛でぬいぐるみを作っておきたい、という飼い主さんも増えています。

細かなパーツを作るための技術が求められますが、愛犬の抜け毛を使うことで市販の羊毛フェルトを使うよりリアル感を追求できます。

背中・お腹などパーツごとに使用して愛犬そっくりなぬいぐるみを目指してみてください。

抜け毛が少量である場合は外側だけ愛犬の抜け毛を使って、中身は羊毛フェルトを補うという方法もおすすめです。

3.毛糸にして編み物をする

驚くかもしれませんが、愛犬の抜け毛を毛糸に再利用して「編み物」をすることもできるんです。実際に、犬の毛でマフラーやセーターを編んで楽しんでいる方がいます。

犬の毛を毛糸に紡ぐ作業は簡単ではなく、毛糸にまとめてから熱処理などもしなければなりません。

でも、手間暇をかけて編み上げた作品は世界にたった1つだけのオンリーワンです。

4.犬用クッションを作る

愛犬の抜け毛を使って犬用クッションにする、という活用方法もあります。大量の抜け毛を洗って乾かしてクッションの中身として使うだけなので、とても簡単です。

犬も自分のニオイがするクッションはとても気にいるでしょう。犬の毛は虫がつきやすいので定期的に交換してくださいね。

5.筆に作り変える

被毛が長いロングコートの犬なら、筆に作り変えることもできます。赤ちゃん筆のように、愛犬の毛を使った筆は思い出の品となるでしょう。

犬の毛で筆を作成するには専門家に依頼する必要がありますが、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?犬の毛で愛犬そっくりなぬいぐるみを作ったり、愛犬の毛で編み物に利用することもできます。

大量の抜け毛に悩むだけでなく、こんな風に利用するととっても楽しくなりますよ。ぜひ犬の抜け毛を使った作品作りにチャレンジしてみてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事