Yahoo! JAPAN

ヴィーガンの新聖地 下北沢リロード2階【Universal Bakes Nicome(ユニバーサル ベイクス ニコメ)】 植物由来バターをその場で挟んでくれるあんバターをテラスで(東京都世田谷区)

パンめぐ

テラスでオリジナルコールドブリューとあんバターを

下北沢の新商業施設 リロードの二階奥にピンク色の100%ヴィーガンベーカリーの看板が目をひく「Universal Bakes Nicome(ユニバーサル ベイクス ニコメ)」があります。新代田にあった本店の2号店です。

店長の政本すみれさんによると「私はもともとヴィーガンとパンの両方に興味がありました。この街にはうちのパン屋以外にもヴィーガンのお店が数店あります。お客様がこの街でいろいろと新しい食スタイルを体感できるのは素晴らしいと思います。ヴィーガンパンを体験したことが無い方も是非」と語ってくれました。光がたくさん入るお店にいると海外のパン屋さんに来たみたいです。パンを選びながら奥の工房が見えるのが楽しいです。

テラスでオリジナルコールドブリューとあんバターを

店の目の前のテラスでは、コーヒーと焼きたてのパンが楽しめます。一押しは目の前で大きな植物性バターを2枚入れてくれるあんバターサンド。植物由来のバターは牛乳由来のものに負けないくらいにコクはあるのにさっぱり。レシピによって豆やナッツ由来のバターを使い分けておられるそう。

店長の政本さんは「このあんバターは、あんこの甘味とバターがとても良く合います。バター2枚が大きいのでお客様がびっくりされますが、植物性のバターはさっぱりとしているのでこのサイズがむしろ嬉しいです。出来立てを食べてほしいのでこのパンはテラスで楽しんでください。そしてパンに合うようにブレンドされた水出しアイスコーヒー、コールドブリューをぜひ。水出しなので雑味も苦味もなくゴクゴクと飲めてしまいます。豆乳ラテと同様に看板メニュー。この店をきっかけにビーガンに親しんで頂けたらと思います」と語っています。

ぎっしりと何種類のもナッツやシードが入ったハード系も

ハード系が好きな方には、小さなサイズの2種類のバゲットがおすすめです。小さいのに持つと重みを感じるほどにずっしりとしています。切るとナッツやシードの量に驚きます。できたてを焼かずに薄く切ってそのまま食べるのもおすすめです。パンがずっしりしているのでブルーチーズやカマンベールなどチーズと合わせてもナッツやシードの風味が負けません。お気に入りのオリーブオイルと合わせてもいいと思います。

ヴィーガンパン屋さんのレーズンは大粒で美味しい。ヴィーガンパンのイメージが変わります。

ここのレーズンは大粒です。ここまで1粒がしっかりとレーズンと感じられるのは数少ないです。しっかりと水分が感じられて、周りのパン生地の小麦を際立たせてくれます。ヴィーガンのパンってバターなどを使っていないのでなんか味気ないとかパサつくイメージがある方も多いと思いますが、この店でイメージが大きく変わると思います。しっかりと焼かれた小麦は噛めば噛むぼど美味しいです。ここのパンは、自宅でも毎日食べたいですが、大切な方へのお土産にも使いたいと思います。

下北沢に行ったらぜひここでコーヒーとパンを食べてから買い物などにお出かけください。気持ちいいか風が吹いています。ヴィーガンパンのイメージが一新。

SHOP INFORMATION
【店名】Universal Bakes Nicome(ユニバーサル ベイクス ニコメ)
【住所】東京都世田谷区北沢3−19-20 reload 2階
【電話番号】03-6407-1021
【営業時間】8:30〜18:00
【定休日】月・火曜日 祝日営業

※写真の商品の種類、価格は、2022年4月現在の情報となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗またはInstagramにてご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事