Yahoo! JAPAN

猫に絶対NGな『レーザーポインターの遊び方』3選 最悪失明する可能性も

ねこちゃんホンポ

「レーザーポインター」とは

レーザーポインターは、レーザー光を利用して作られたポインター(指示棒)のことです。「レーザー」とは単一の光を増幅させる装置のことで、それで作られる「レーザー光」は、懐中電灯の光などとは違い真っ直ぐ遠くまで届きます。

レーザー光には光の強さによってクラスがあります。学校やビジネスの場で使われるポインターは「クラス2」と呼ばれる強さのもの。猫の玩具として売られる玩具は1番弱い「クラス1」です。

絶対NG!レーザーポインター遊びの禁止項目3つ

1.光を猫に当てる

レーザー光は櫛の歯のように同じ光が同じ方向を向いているため、一見弱い光でも強い力を持っています。そのため光が目に入ってしまうと、網膜に大きなダメージを与え、失明する可能性があるのです。

つい猫のお尻などに光を当てたりしたくなりますが、弾みで目に入っては取り返しがつきません。少しならなどとは考えず、猫の体、特に猫の頭部に光を当てないようにしてください。

2.猫用を使っていない

家にレーザーポインターがあるからと、代用してはいけません。学校や会社で使うものは遠くを指し示す必要があるので、強い光が出るタイプ。しかし猫のお遊び用に作られたものは最も弱いタイプです。

猫用でも危険なのですから、弱い光でもよく見える猫にとってはとんでもない強さです。さらに部屋を暗めにして遊ぶので、瞳孔がめいっぱい開き、よけい光が入りやすくなっています。猫と遊ぶときは、必ず猫用を使いましょう。

3.事前に安全を確認・意識しない

レーザーポインターは角度が少し変わるだけで全く別の場所を指すため、うっかり危険な場所を指すことがあります。しかし光の点に夢中な猫は、そんなことは気にしません。そのまま突進してぶつかったり転落したりして、大怪我になる可能性があるのです。

遊ぶときには部屋を片付け、足場の悪い場所には光を当てないように気をつけなければなりません。

まとめ

光に詳しい方の中には、レーザーポインターで遊ばせない方がいるかもしれません。最近はレーザー光を避けるためでしょうか、LEDライトのポインターも出てきました。

なかなか猫ちゃんのおもちゃでこんなにダイナミックに猫が走り回ってくれる玩具はそうないでしょう。

またレーザーポインターに限らず、夢中になるからこそ危険が側に潜んでいます。上手に付き合って、是非一緒に楽しい時間を過ごしてくださいね。


(獣医師監修:加藤桂子)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ワインと時計をこよなく愛する男・三宅スタンレーの連載第2回:DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)

    セブツー
  2. 道枝駿佑「クセの強いやつが…」『セカコイ』最後の舞台あいさつで必死に“物ボケ”

    ドワンゴジェイピー news
  3. 『石子と羽男』おいでやす小田が芝居を語る「コントよりめちゃくちゃ難しい」

    TBS Topics
  4. 冷めても美味しいと口コミで話題! 地元密着型パン屋さん【オレンジポップス】(千葉県柏市)

    パンめぐ
  5. 実食してわかった!『セブン』最高の「おつまみ」5選!“うち飲み”が盛り上がる♪【セブンプレミアム】

    ウレぴあ総研
  6. 『アニサマ2022』急遽追加の極秘情報にスタジオざわつく、東山奈央&鈴木このみ「ん?」

    ドワンゴジェイピー news
  7. 早く終わんないかニャ 夏休みの宿題を見守る子猫たち

    おたくま経済新聞
  8. 神戸垂水にオープン!とろっとろな食感が話題の「とろり天使のわらびもち」

    PrettyOnline
  9. カーブミラーの「知られざる生態」激写される 発芽してスクスク伸びて...「こうやって育つんだ~!」

    Jタウンネット
  10. 「伊都安蔵里」内の古民家カフェ。スイーツやコーヒーが楽しめる「café lily」【福岡県糸島市】

    フクリパ