Yahoo! JAPAN

清水港フカセ釣りでメジナ複数手中 エサ取りのアイゴ対策が最重要課題

TSURINEWS

清水港で釣れた30cm級メジナ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

静岡県の清水港へメジナを狙ってフカセ釣りに出かけた。案の定アイゴに苦戦しましたが、30cm級2匹にリリースサイズ多数となった当日の釣りをリポートします。

清水港でフカセ釣り

10月31日(日)、ホームグラウンドの清水港で久々のメジナ狙いを楽しみました。釣り方はフカセ釣りですが、日頃のクロダイ狙いとはまた違った面白さがあります。懸念材料は大量発生中のアイゴで、いかにメジナとアイゴの大群を分離できるかが鍵になりそうです。

当日のタックル&エサ

清水港内でも潮通しの良いポイントにはメジナが住み着いているので状況次第ではクロダイと同時に狙えることも。平均サイズは25~30cmほどですが、稀に40cmクラスの大型がヒットしてくるのでタックルや仕掛けは細すぎないものが安心です。

当日の使用タックル

ロッド:メガディスAGS1.25-53
リール:インパルト2500LBD-SH
ミチイト:Bluemodel2号(ナイロン) ※ウキ止めあり
ハリス:LEVEL1.75号(フロロカーボン) ※1.5ヒロ
ハリ:グレバリ6号~7号
ウキ:円錐ウキG2~3B
※状況次第でハリス中心部にG5~G2のジンタンオモリを追加

仕掛け(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

まきエサの配合内容

オキアミ3kg
押しムギ1/3袋
チヌ用配合エサの余り1/3袋
メジナ用配合エサ(遠投タイプ)1袋
メジナ用配合エサ(万能タイプ)2/3袋

まきエサ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

さしエサ

生オキアミ
ハード加工オキアミ
半ボイルオキアミ

さしエサ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

大量のアイゴがエサ取り

まずは状況確認のために足元へ数杯のエサをまきます。すると、あっという間に大量のアイゴが押し寄せて水面を埋め尽くしてしまいました。メジナのポイントと分離するため、足元に多めにエサをまき続けてアイゴが沖に出て行かないように注意を払う必要がありそうです。本命用のまきエサは少量を沖へ遠投してアイゴの群れに気づかれにくくしています。

釣り開始直後は沖から当て気味の潮が流れていますが、ほとんど動かず止まっているような状態。元気なのは表層に群れる大量のアイゴのみで、潮が動き出すまでは我慢の釣りになりそうです。

仕掛けを流していると小ぶりながら本命がヒットしましたが釣れ続く様子ではなく、予想した通りアタリは単発で落ち着いてしまいました。

アイゴの大群(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

潮動き始めで30cmメジナ

釣りを開始してからしばらくすると西から迫っていた雨雲がかかり始めて天気予報通りの雨が降りだしました。しかし、ここで止まっていた潮が沖向きに流れ始めたと同時に短時間ながらまきエサに浮くメジナの姿を確認。チャンスタイムの雰囲気を感じ取り、仕掛けを食わせ重視の設定に変更します。

ウキ止めの位置を30cmほど浅くずらし、G2のウキに対してG2オモリを2つ付け、ウキ止め到達後はウキごとゆっくり沈めてメジナにアピールする作戦です。

この作戦が功を奏し、ジワジワと沈み始めたウキが消し込む待望のアタリがやってきました。鋭い突っ込みでメジナと確信、反撃の機会を与えないように素早く取り込みます。キャッチしたメジナは30cmちょうどのまずまずなサイズ。苦労の甲斐もあって自然と笑顔がこぼれました。

ヒットしたメジナ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

タナ微調整でサイズアップ

ここからさらに連発といきたい場面ですが、アイゴの群れが増加し始め沖のエサに対しても邪魔をするように。最初にアイゴを分離したこともあり、タナまでエサが落ちていかないような状況ではないのでウキ止めの位置と追加ジンタンオモリの微調整で刻々と変化する状況に合わせて対応します。

リリースサイズの小型が多いものの、本命からの反応が得られるようになったので小型のメジナがいる層の少し下にタナを合わせて大きめのサイズを狙い撃ちすることに。

狙い通りウキが勢いよく消し込み、すぐにメジナらしい強い突進が伝わってきました。強く突っ込んでも慌てずに魚をいなしてタモに収めます。上がってきたのは丸々とした体型のメジナで、わずかながらサイズアップにも成功し大満足です。

30cm級のメジナ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

最終釣果

お昼を過ぎると雨雲が抜けて晴れ間が見え始めましたが、スーッと動いていた潮がふらつき始めてしまいました。足元に釘付けになっていたアイゴが沖まで進出し始め、メジナの反応もぱったりと止まります。このタイミングでちょうどまきエサを使い切ったこともあり納竿しました。

最終的にリリースサイズが多くなってしまったものの、30cm級2匹とハリを飲んでしまった25cmほどのメジナを持ち帰ることに。大量のアイゴが群れる状況下ではありましたが、まきエサワークで攻略できてとても満足です。

持ち帰ったメジナは脂が乗って身が真っ白。これからさらに脂が乗っていくので皆さんも美味しいメジナを狙ってみて下さい。

30cm超を2匹キャッチ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

今後の展望

今年は台風が少なく依然として高めの水温が続いています。これから水温が少しずつ下がっていけば大量のアイゴも減って楽しめるようになるのではないかと思います。今後もクロダイ狙いと併せてメジナも期待できそうです。

<杉本隼一/TSURINEWSライター>

The post清水港フカセ釣りでメジナ複数手中 エサ取りのアイゴ対策が最重要課題first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事