Yahoo! JAPAN

猫には『生理』が無いって本当?その理由や出血する時に考えられる病気3つ

ねこちゃんホンポ

1.猫に「生理」がない理由とは

我々人間の女性はもちろん、犬もメスであれば生理があるということは犬を飼っている方であればご存知の方も多いでしょう。ですが、猫には目に見える形での生理がありません。それは排卵のメカニズムが人間や犬とは違うからのようです。

人間の場合は、排卵の後に妊娠しなかった時に生理(出血)が始まります。そして犬は排卵する少し前に出血します。発情期を迎えるのはその後です。猫の場合は交尾の刺激によって排卵が起こります。こういった猫のような体の仕組みを持つ生き物は「交尾排卵動物」と総称されるそうです。

予めの排卵がなく、交尾の刺激によって排卵するという体の仕組みを持っているため、猫には「生理による出血」が見られないのだそうです。

2.子宮の病気の可能性

猫は生理がありません。そのため、もしも出血が見られる場合は病気の可能性が高いと言えるでしょう。

まず避妊手術をしていない猫であれば、子宮の病気も考えられます。「子宮蓄膿症」は多飲多尿の初期症状から子宮に膿や血が溜まりお腹が膨れ、嘔吐や下痢などの症状まで見られる病気です。

子宮や膣に腫瘍が出来てしまったために出血を起こすこともあります。腫瘍には良性と悪性がありますが、摘出した組織を検査することで確認できます。

もちろん避妊手術を済ませている猫であればこういった病気にかかってしまう確率はとても低いですが、ゼロとは言い切れません。また「子宮蓄膿症」は人間の年齢で中年を迎えた頃から見られるようになることがあるそうです。

3.泌尿器の病気の可能性

こちらはどの猫にも起こり得る病気です。「膀胱炎」や「尿路感染症」が挙げられます。

ただし「膀胱炎」にも原因はいくつかあり、特に猫の場合は原因不明の「特発性膀胱炎」、結石が出来たことが原因によるものだったりと様々です。

また「膀胱炎になると必ず血尿が出る」と思っている方も多いそうですが、ほんの初期の軽いものの場合は血尿と確認できない場合もあります。

筆者宅の猫2匹が一度だけ膀胱炎にかかったことがありますが、1匹に血尿が出てすぐに気づいたためもう1匹も血尿はありませんでしたが、念のため病院に連れて行ったら初期のとても軽いものだと診断されました。

まとめ

猫には生理がないため出血が見られた場合は経血という可能性はなく、何かの病気にかかっている確率が高いようです。

また避妊手術をしていないと年齢を重ねてから子宮の病気にかかってしまう可能性もあるため、子猫を望まないのであれば避妊手術を受けることを検討するのも大切でしょう。

もちろん愛猫に持病などがあって手術は受けられないなどのやむを得ない場合もありますが、そうでない場合には将来のリスクも考えてあげる必要があるのではないでしょうか。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【ダイソー・セリア・キャンドゥ】アクセサリー収納を徹底比較! かわいくって便利&高見えはこれ♪

    ウレぴあ総研
  2. 実は「年齢非公表」でおどろく有名人ランキング

    ランキングー!
  3. 神宿[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]個性溢れる4人が作り上げた笑顔あふれるシーン「ライブの方で熱くなって行きたいと思います!」

    Pop’n’Roll
  4. CROWN POP[六本木アイドルフェスティバル2022フォトレポート]想いをこめた可憐なパフォーマンスで作り上げた至福のステージ

    Pop’n’Roll
  5. Girl's Time[六本木アイドルフェスティバル2022フォトレポート]瑞々しさ溢れるキュートなパフォーマンス!

    Pop’n’Roll
  6. 猫を危険にさらす『絶対NGな甘やかし方』4選!病気になる可能性も…?

    ねこちゃんホンポ
  7. まなみのりさ[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]高い表現力で魅せるパフォーマンスとともに届けたあふれる感謝の気持ち

    Pop’n’Roll
  8. ももクロ、<ももクリ>恒例の高城れにマジックショーダイジェスト公開!

    Pop’n’Roll
  9. EXIT兼近が突然告白、りんたろー。のスマホこっそり見ていた

    ナリナリドットコム
  10. <テストの点が悪い子ども>ママの悩み「がんばったし!」と悪びれない娘が信じられない【まんが】

    ママスタセレクト