Yahoo! JAPAN

「これぞ田中圭!」晴太の“大切なもの”に大反響、ハグ後の展開にソワソワ『じぞ恋』第5話

ドワンゴジェイピー

「これぞ田中圭!」晴太の“大切なもの”に大反響、ハグ後の展開にソワソワ『じぞ恋』第5話

上野樹里が主演を務める『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』(TBS、毎週火曜22時~)の第5話が今夜放送される。


先週放送された第4話。杏花(上野樹里)と晴太(田中圭)、そして颯(磯村勇斗)の恋模様に「心がキュッとなった」「映像が素敵…」「出演者の表情やしぐさで感情が伝わってきて切ない…」と反響が相次いでいた。本ドラマは素敵なセリフの数々はもちろんの事、“語りすぎない”表情と仕草の演技、作中で差し込まれる登場人物の気持ちや人物像が伝わるキーアイテムや風景描写が「良い…!」と話題になっている。


特に印象的で視聴者が沸いていたのが杏花と晴太が通う起業セミナー受講中の1シーン。講師から「自分の大切なものをノートに書きだしましょう」という指示が。杏花はそのノートに「ヨガ、資金、友達…」と大切なものを書いていく。最後に颯の顔を浮かべながら「お好み焼き」と書くが、颯の名前をストレートに書くわけではない…。そのノートを書いている時に晴太の顔をチラリと覗き込むが、晴太の名前や晴太に纏わるものは書かなかった。いや、書けなかったのであろう。本当に大切なものだからこそ、ノートに書くことができない杏花のモヤモヤした気持ちが伝わってくる、印象的なシーンであった。



一方晴太はその時ノートになにを書いていたか…それはドラマ中盤で明らかになるのだが、それが明らかになる前に杏花と晴太は言い争いをしてしまう。

晴太は独立を目指す杏花のモデルケースになればと、パーソナルジムを営む先輩女性起業家・足立瞳(MEGUMI)を紹介する。その帰り道、杏花は今のスタジオから「マネジメントをしてみないか」と打診されており、独立することを迷っていた。そのことを晴太に打ち明け「私はヨガも大事だけど…晴太さんが…」と言いかけたところで晴太は「頑張ってください。頑張らなきゃだめです!」と杏花を鼓舞。「マネジメントにまわればプライベートな時間も増えるし…そしたら」と言おうとする杏花を晴太は遮り「それって夢より大事なんですか?独立したいから結婚してる場合じゃないって言ってたじゃないですか。頑張れば一番大事なものが手に入るんですよ」と激を飛ばす。

杏花が独立を諦めようとした理由の一つに、晴太の存在は間違いなくあるだろう。そんな杏花の気持ちも知らないで晴太は「なんで独立するの諦めちゃうんですか!」と杏花に独立の夢を叶えてほしいと訴えるが、杏花は「私の気持ちなんてなにもわかってないです」と言い、その日2人はそのまま別れてしまう。


お互いを想う気持ちは同じなのに…すれ違ってしまった2人。そして晴太はなぜあそこまで杏花に「頑張れ!」と独立を応援しようとするのか…。「杏花の話を最後まで聞いてほしい…!」そうモヤモヤしながら観ていると、ドラマ終盤でその理由がわかるシーンが差し込まれる。



それは晴太が起業セミナーで書いた「大切なもの」が書かれたノートが映るワンシーン。晴太のノートには「虹郎」「家族に優しく働く」といった息子や家族に纏わることが記されていたが、最後に書かれていたのは「杏花さん」だった。晴太は限りある自分のリソースを起業に裂くことができず、夢であった起業を諦める決心をしたようだった。そんな中、頑張れば自分の夢に手が届く杏花の起業に、晴太自身の想いを重ねていた部分があったのだろう。晴太が発した「頑張れ!」という言葉の重みと杏花への想いにハッとさせられてしまう。



言葉や態度ではすれ違ってしまった杏花と晴太だが、2人とも本心はお互いのことを想っている。そんなことが伝わる第4話だったが、ラストシーンでは直球のキュンシーンが待っていた。


起業セミナー後の帰り道、雨が降っていたので相合傘で帰る杏花と晴太。起業セミナーは今回が最終回だったため、今後定期的に会う場がなくなってしまう。2人で歩く最後の帰り道、その時間を惜しむように雨が上がっても相合傘をやめずに歩いていく。このシーンから、2人がこの最後のかけがえのない時間を大切にしている様子が伝わってくる。『2人きりの時間が終わってしまう…』その時間を惜しむように「集客にはインスタグラムが大事らしいですよ!」と当たり障りない会話を繰り広げる2人。その掛け合いに「最後なのに~~~~」ともどかしい気持ちでモゾモゾしてしまうが、最後の最後、想いを堪えられなくなった晴太が杏花を抱きしめるのだった。


そのシーンに「ハグだけでこんなにドキドキしたの初めて」「なんだかわからないけど涙が出てきた」「想いを我慢できない演技、最高!これぞ田中圭!」と大反響。杏花への感情が溢れて抑えきれなくなった晴太のシーンにキュンキュン心が揺さぶられてしまうのである。


しかし、そのハグシーンを颯に目撃されてしまっていた…!杏花と晴太の恋は一歩前進も、颯との関係性も気になる様子で終わってしまい、キュンとソワソワで大変心が忙しかった第4話。今夜放送の第5話を楽しみに待ちたい。



第5話あらすじ

起業セミナー最後の日、杏花(上野樹里)への想いを抑えきれず突然ハグをした晴太(田中圭)。ちょうど帰宅した颯(磯村勇斗)は2人が抱き合うところを目撃してしまう。結局何事もなく別れた二人…杏花は「もう会えないのかな」と晴太への想いを募らせていく。

そんな中、ヴァネッサ(柚希礼音)からTAMAGAWAサステナブルフェスの仕切りを任された杏花は、陽子(八木亜希子)の服をそのバザーで販売することに。「陽子もその方が喜ぶだろう」と、林太郎(松重豊)も亡くなった妻の服を手放す決心をする。訪れたフェス当日、お見合いが終わった林太郎はその足で会場へと向かう。しかしバザーに出す予定がなかった陽子のオレンジのスカーフが手違いでバザーに出品され、すでに買われてしまっていた…。このストールには実は、亡き妻・陽子の大切な想い出が詰まっており、ショックを受ける林太郎。杏花や颯、会場に来ていた明里(井川遥)が必死になってスカーフを探すが、果たして…。

そしてそんな父の姿を見て、「会いたい人に会える今」のかけがえのなさに突き動かされた杏花はある場所へと向かい…。



(C)TBS

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. お分かりいただけただろうか……ベビーカーの下に潜む黒猫さんにびっくり

    おたくま経済新聞
  2. 6月29日は「星の王子さまの日」!【奈良県的今日は何の日?】

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  3. 【3選】溜まりすぎた煩悩を一度リセットしませんか。オススメの寺泊(宿坊)

    ソトコトオンライン
  4. わかりそうでわからない…シルエットクイズBEST3

    ソトコトオンライン
  5. 【新店】Time'sPlace西大寺に電車を眺めてお酒も楽しめる至福の空間が誕生|VIEW TERACCE

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  6. 球を強く飛ばす為には“低くて長い”インパクトゾーンが必要な理由とは!?【三觜喜一の一番伝えたかったスウィングの原理原則/ゴルフ】

    ラブすぽ
  7. 朝イチ更新!4コマ漫画『かりあげクン』「血液型」「結局三人で来た」課長が足を滑らせて派手に落ちた!?

    ふたまん+
  8. 元カレがハイスペ故に…高い理想が下げられない場合はどうすればいいの?

    コクハク
  9. 暑い夏!“支持率NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やして

    コクハク
  10. ふやかした「オートミール」に卵・大葉・塩こんぶを混ぜるだけ!大満足“ごちそうおにぎり”のつくりかた

    saita