Yahoo! JAPAN

EXILE TAKAHIRO、初のクリエイティブディレクション作品となる「優しい光」のMV公開 海から都会までの道のりを描くロードムービー

SPICE

EXILE TAKAHIRO「優しい光」

EXILE TAKAHIROがEXILE曲をカバーしてリリースしていく<EXILE RESPECT>シリーズの最新音源として、8月9日に音源配信された「優しい光」のミュージックビデオが公開された。

EXILE TAKAHIRO本人が初のクリエイティブディレクションを務めたミュージックビデオは、共同監督にback number「水平線」のミュージックビデオなどを手がけているYASU FUJINAMIを迎え、全編を通してロードムービー的なアプローチによる映像に仕上げられている。

発売中のMUSIC & MOVIE CARDでは、「優しい光」ミュージックビデオのBehind The Scenesを収録した約28分のドキュメンタリー映像も視聴可能になっており、このドキュメンタリーはMUSIC & MOVIE CARDでのみ視聴できる映像となっている。

「優しい光」MUSIC & MOVIE CARD

海から都会までの道のりをEXILE TAKAHIROが運転する姿を車内のカメラが撮影した映像は、ロードムービー的なアプローチによる作品に。ミュージックビデオの前半部分には、ほとんどリップシーンが無いという。この表現方法は、出演者としてだけではなくクリエイティブディレクションを務め、企画からこの作品に携わったEXILE TAKAHIROが、共同監督のYASU FUJINAMIとの意見交換を通していく中で、ソロ曲として新しく生まれ変わった「優しい光」の音源に最も適した映像表現として選択した手法になっている。
ミュージックビデオの後半では途中で音源が途切れ、EXILE TAKAHIROがアカペラで歌唱する映像が映し出される。このシーンでのアカペラ部分には実際に撮影現場で録音された生歌音源が使用されているという。車の走行音やドアの開閉音など撮影中の現場音がそのまま使用され、一人の大人の男が都会に向かうさまが描かれた内容は、登場人物(EXILE TAKAHIRO)の心象風景を想像させる。

【関連記事】

おすすめの記事