Yahoo! JAPAN

ゴルフボールを16個飲み込んだボクサー犬、緊急手術で無事に摘出 (英)

Techinsight

16個のゴルフボールを飲み込んでしまったボクサー犬(画像は『The Mirror 2022年5月9日付「Owner worried after dog stops eating - then finds 16 golf balls in his tummy」(Image: Matthew Lofthouse / SWNS)』のスクリーンショット)

大量のゴルフボールを飲み込んでしまったボクサー犬が緊急手術を受けたというニュースがイギリスより届いた。普段は食いしん坊である愛犬の食欲が低下し、体重が減りはじめたことを心配した飼い主が動物病院に連れて行ったところ、胃の中から4センチ大のゴルフボール16個が見つかったという。獣医師によると犬の異物誤飲はよくあることだが、これほど多くのボールを飲み込むケースは珍しいそうだ。『The Mirror』などが伝えている。

英マージーサイド州ブートルで暮らすデヴィッド・ウォレンさん(David Warren、70)は2か月ほど前、愛犬“ベン(Ben、2)”の様子がいつもと違うことに気付いた。

普段は食いしん坊なボクサー犬のベンが食事をしなくなり、体重も減り始めたため動物病院に連れて行ったところ、大量のゴルフボールを飲み込んでいたことが判明した。

デヴィッドさんは当時の状況をこう振り返っている。

「ベンの食欲が低下し、体重も減ったので心配になって動物病院に連れて行きました。そして内視鏡検査を受けたところ、胃の中から4センチ大のゴルフボールが発見されたのです。私はゴルフをしませんが、家の隣がゴルフ場なのでそこから飛んできたものでしょう。でも、まさか飲み込んでいたとは…。獣医からゴルフボールを食べたようだと聞いた時はせいぜい1個か2個だろうと思っていましたが、『いや、16個も飲み込んでいます』と言われたんです。そのせいで胃の中が詰まっていると知った時には本当にぞっとしましたよ。」

その後、ベンは2時間に及ぶ緊急手術で全てのゴルフボールを摘出することに成功した。

手術を担当したチェシャー州ランコーンにある動物病院「Northwest Veterinary Specialists」のディラン・ペイン医師(Dylan Payne)は、犬が異物を飲み込むのはよくあることだがベンのようなケースは珍しいとしてこのように述べた。

「胃の内視鏡検査を行ったところ、大量のゴルフボールによる閉塞が見つかりました。ベンの胃は大きく膨らんでいたので、開腹してボールを取り出すための緊急手術を行いました。今回のようなことは日常的に起こるためリスクの少ない手術でしたが、これほど多くのゴルフボールを摘出したことはありません。ボクサー犬といえども16個は大変な数です。ベンの手術は無事に成功し、今は体重も増えています。」

すでにデヴィッドさん宅に戻り、元気に過ごしているというベン。そんなベンに対し、デヴィッドさんは飲み込むことのできない棒や大きなボールを追いかけて遊ぶように教えているそうだ。

「元気になったベンが追いかけて遊べるように棒にテニスボールをつけたのですが、やんちゃなベンは棒を噛み切ってしまいました。今度はフットボールを買ってきて遊ばせてあげないといけませんね。あの大きさのものを飲み込むことはできないでしょうから。」

「獣医たちは素晴らしく、ベンの世話をよくしてくれました。当時はとても深刻な状況でしたが、今となっては笑い話です。手術が終わった後、摘出したボールを家に持って帰るようにと袋を差し出された時は本当に笑いましたよ。」

画像は『The Mirror 2022年5月9日付「Owner worried after dog stops eating - then finds 16 golf balls in his tummy」(Image: Matthew Lofthouse / SWNS)(Image: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

【関連記事】

おすすめの記事