Yahoo! JAPAN

人気フィールドでバス釣り 人生初のバスキャッチに歓喜【岐阜・大江川】

TSURINEWS

生まれて初めてキャッチしたブラックバス(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

岐阜県海津市の大江川で、私が主催する釣りクラブのメンバー、安田りいさんのブラックバス釣行に同行した。今回は彼女が初バスをゲットした模様をお届けしたい。

大江川でバス釣り

午前4時30分、うっすらと夜明けが始まる時間に到着。りいさんはバス釣行4回目だが、これまで直前でバラすなどまだブラックバスの初釣果には恵まれていない。「今日こそは!」と意気込んでの釣行だったが、天気はあいにくの雨。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

りいさんは1.8mのスピニングロッドMLに8lbのナイロンラインを巻いた2500番の小型リールというライトなタックルを使用する。3.5inchのカーリーテールのワームで、ノーシンカーで探っていく。

ワンドやブッシュの下、水中のカケアガリなどにストラクチャーにブラックバスは潜んでいることはすでにレクチャー済み。ブラックバスが居着きそうなポイントを中心に狙っていく。

ハイプレッシャーに苦戦

初心者のりいさん、ノーシンカーでの釣りはボトムがなかなか取りづらいようで、テンポも悪くなってしまっていた。そのためノーシンカーから5gのバレットシンカーをセットして、テキサスリグへと仕掛けをチェンジした。

これで幾分かボトムが取りやすくなり、ポイントを探るペースも上がる。ここ大江川は川バスの大人気スポットとして知られており、いたる所にアングラーの姿がある。ブラックバスも連日アングラーに攻められ続けているからか、なかなか口を使ってくれない。

夏のパターンに移り変わりつつあるなか、降り続く雨の水温変化を考えてなるべく、水深のあるストラクチャーを中心に狙うことにした。

ブッシュを丁寧に探る

日が高くなり始めてきた午前7時30分。大江川から東大江川へ移動し、川の流れを受けているアウトサイドにブッシュが続く好ポイントへと到着。

りいさんは1つ1つのブッシュを丁寧にワームでボトムを探っていく。ワームをボトムに着底させてステイさせていた時に、ラインが不自然に横に流れる。りいさんが反射的にロッドを素早く立てると、ずっしりとした魚の重みがロッドにかかる。驚いた様子ながらも夢中でリールを巻いて、ストラクチャーからブラックバスを引きはがす。

ポイント図(作図:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

そのままリールを巻き上げていくと、ついに水面にブラックバスが姿を現した。タモを持っていなかったため、同行していた私がハンドランディング。無事りいさんは初めてのブラックバスを手にすることができた。

32cm本命ゲットに歓喜

大きさは32cmと決して大物ではない。しかし生まれて初めて釣れたブラックバスとの対面は、何物にも代えがたい経験になったようだ。

初バスは32cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

りいさんは「やっと会えた!」とうれしくて仕方がない様子で、ブラックバスとの記念撮影をパシャリ。難易度が高い人気リバー大江川での初釣果は、りいさんの自信につながったのではないだろうか。ひとまずりいさんの初釣果に立ち合えた私も、ホッと胸をなでおろした瞬間だった。

マナーを守って楽しもう

その後りいさんは2匹目を狙ってポイントを回るが、さすがにそううまくはいかない。雨も降ったりやんだりという微妙な天気で、早朝から釣りをしていたため、集中力が切れ始めた正午に納竿とした。

バスフィッシングは身近にあるフィールドで、手軽に始められる釣りのひとつでもある。しかしマナーの悪いアングラーにより、ゴミの不法投棄や駐車場の問題などが全国で取り沙汰されてしまっている。

釣り人が増えるのはいいことだが、同時にマナー悪化の原因ともなっている。釣り人のマナーの悪化は釣り場の閉鎖に直結してしまうため、長く釣りを楽しむためにも1人1人が意識して未来の釣り場を守っていこう。

<週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post人気フィールドでバス釣り 人生初のバスキャッチに歓喜【岐阜・大江川】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事