Yahoo! JAPAN

有村架純 初共演の森田剛と目を合わせ「瞳の美しさにハッとさせられた」

フジテレビュー!!

1月20日、映画「前科者」の公開直前舞台挨拶が行われ、有村架純、森田剛、磯村勇斗、石橋静河、岸善幸監督が登壇した。

本作は、作・香川まさひと、作画・月島冬二による同名漫画が原作。罪を犯した前科者たちの更生・社会復帰を目指し、彼/彼女らと向き合い奮闘していく保護司の姿を描いた作品だ。

主人公の保護司・阿川を演じた有村は「ちょうど1年前に撮影していたのですが、まだ気持ちはホットなまま今日を迎えております。この作品を見て、一筋の光を感じていただけたら」と挨拶。また、「台本を読んでいたときとは違って、エンターテインメント性のある作品に仕上がったなと思っています。本当に皆さんのお芝居が素晴らしくて、実力のある方々に囲まれて自分はお芝居をさせていただけていたんだな、と、じわじわうれしさを噛みしめながら完成作を見ました」と、感想を語った。

保護司を演じた有村と、前科があり阿川の保護観察対象となる工藤を演じる森田は、今回が初共演。お互いの印象を聞かれると、「役柄もあって現場で多くを話すことはなかったのですが、山場のシーンを撮り終えて、撮影が残り2日くらいのところでようやく『趣味はなんですか?』と話し始めて(笑)」と、わずかな時間での交流だったことを明かした有村。

続けて「お芝居を通しても目線を合わせることがあまりなかったのですが、お話をさせていただくときに初めて目を合わせて、瞳の美しさにハッとさせられて。その瞳にすごく救われた感じがします」と、森田の印象を明かした。

映画「前科者」は、2022年1月28日(金)全国ロードショー。
© 2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会
配給:日活・WOWOW

【関連記事】

おすすめの記事