木村拓哉を世界的写真家が撮り下ろし、“木村拓哉の現在”を切り取る - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

木村拓哉を世界的写真家が撮り下ろし、“木村拓哉の現在”を切り取る

ドワンゴジェイピー

木村拓哉を世界的写真家が撮り下ろし、“木村拓哉の現在”を切り取る

女性ファッション誌『ELLE Japon(エル・ジャポン)』の4月号(2月28日(金)発売)に、木村拓哉を世界的写真家の森山大道が撮り下ろしたフォトストーリー&インタビューが全9ページに渡って掲載される。

撮影が行われたのは、2020年が明けて早々の新宿ゴールデン街。混沌としたこの街を舞台に数々の作品を生み出してきた森山大道が、希代のスター・木村拓哉の現在を切り取った。インタビューでは、尊敬する先輩の明石家さんまからの助言や、久しぶりに挑む音楽活動とその支えとなる忌野清志郎の存在など、これまで語られてこなかった話も。時を経て変化を遂げるトップランナーの新境地について、今の率直な気持ちを語っている。

【インタビュー抜粋】
木村にとって2020年の初仕事となった撮影後、巨匠・森山大道が「かっこいいね。男としての在り方がいいよね」と語ったことを伝えると・・・
「すごく光栄です。もったいないですが、単純にうれしいです。森山さんとのセッションは、想像したよりものすごくフラットで驚きました。」


今回のアルバムには、ボスこと忌野清志郎からかつて提供された楽曲を収録。木村にとって忌野清志郎の存在とは・・・
「ボスは大きいというか、温度かな?あったかさというか。今回のライブはどんなにボロカスなものに仕上がったとしても、『OK、ベイビー』って言って一瞬だけ目を合わせて、『まだまだだね』って感じで笑ってくれるんじゃないかな、と思います。」


また木村が出演する2月29日(土)23:00~放送予定のNHK総合「SONGS」に、森山大道がエル・ジャポンで撮り下ろした写真8点が使用されるとのことで、こちらも注目だ。

photo:森山大道 写真提供:ELLE JAPON


【関連記事】

おすすめの記事