Yahoo! JAPAN

【お金】「お年玉」子どもにどこまで管理させる?ママFPがやっていること

ウレぴあ総研

年末年始に、祖父母や親戚から、そのまま子どもに持たせるには高額な「お年玉」をもらったご家庭も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな高額なお金の管理は何歳から任せるのが良いのか、また、どこまで任せたら良いのか考えてみたいと思います。

「お年玉」全額を子どもに任せるのは妥当?

バンダイこどもアンケートレポート Vol.256 「小中学生のお年玉に関する意識調査」結果によれば、小中学生がもらったお年玉総額の平均は 25594 円。

もらったお年玉の封数は平均5封、親からは約6割、祖父母からは約9割でした(実査期間2020年1月6日~8日)。

平均金額は小学1・2年生で19000円、3・4年生で21000円、5・6年生で27000円、中学生全体では32000円です。

また、もらったお年玉のうち、子どもが自由に使える金額については「全額」使えると回答した子どもが小学生全体で27.2%、中学生全体で48.0%となり、中学生は半数近くの子どもが、もらったお年玉を全額自由に使えるということが分かりました。

一方で、自由に使える金額が「0円(なし)」と回答した子どもは、小学生全体で14.8%、中学生全体で7.3%という結果になりました。

このことから、大きな金額を子どもに頂いた場合、小学生の約7割、中学生の約半数は親の管理下でお年玉を使っている実態が見えてきます。

筆者の家庭では小学4年生と幼稚園年長の子どもがいます。互いをライバル視する関係にあるため、対応に差をつけると贔屓しているだのなんだのと喧嘩になります。

そのため、「現金は10000円まで家に置いて良い。それ以上の金額は本人名義の銀行口座に入金する」という共通ルールを設けました。

銀行口座への入金は2年前までは筆者が行っていたのですが、ママがお金を使い込んでいるんじゃ?と子どもたちに疑われたため、本人名義の通帳を見せて証明した上で、以降は自分の手で自分の通帳に入金するという流れになりました。

例えば、クリスマスやお年玉で子どもにいただいたおこづかいの総額が3万円だったとします。ルールに基づき手元の現金として10000円までは残してOKとし、それ以上のお金は子どもと一緒に銀行に行き、預けます。

なかなかの金額が貯まっているにも関わらず、今は何年経っても通帳には受取利息が数円しか入らないため、子どもには預けると増える楽しみを体験させてあげられずにいます。

そのため、10歳からは投資を含めた別の預け先についても教えていく予定です。

ハピママ*

さて、手元に残した1万円も子ども自身が全額を管理できるわけではありません。

まず、一万円札を千円札に両替した後、子どもの名前を書いた封筒に入れます。外出する際に使う分だけを取り出し、子どもが自分の財布に入れます。封筒の現金は筆者が預かって管理をしています。

子どもの財布に入れる現金は、多いときで2000円程度、それがなくなったら封筒から千円札を取り出し、日付と残金を記入します。

そのようにすることで、一度に大きな金額を持たせることなく、子どもの裁量で自由に使えるようにしています。

ハピママ*

「お金の使いみち」どこまで親が指導すべき?

我が家は、基本的には何に使っても本人の自由としています。

ただし、記事『【実録】幼稚園児が驚きの課金額!我が家で起きた「ゲーム課金事件」』で書いたように、オンラインゲームの課金でおこづかいの大部分を消費してしまう経験は、一度で十分だと思いました。

お金を使った感覚がないのに、手持ちの現金が0になり、しばらく不自由な思いをしたことにより、ゲーム課金は一切なくなりましたし、結果的には良い体験だったのだと思います。

さて、子どもたちのおこづかいの使いみちを完全に任せた結果、何に使ったのかを見ていきました。最も多かったのは、サーティーワンやセブンティーンアイス、駄菓子などの食べものでした。

親が買ってあげる場合は予算が決まっていて好きなように買えるわけではないので、任せたおこづかいで買うことは、自分の食べたいものを食べたいタイミングで買って食べられる喜びがあるようです。

次に多かった使いみちは、意外なことに寄付でした。長女が年末の募金箱や、スーパーに備え付けてある募金箱に、手持ちの小銭をザーッと豪快に入れていたんです。理由を聞いてみたら、「いっぱいお金があるし、募金したら困っている人が助かるらしいから」という答えが返ってきました。

また、大晦日のお寺、初詣の神社でのお賽銭について、「この一年、仏様や神様が見守ってくれて、無事に過ごせたことに感謝を伝えに行こうね。だから、いくらでも構わないから、持っているおこづかいからお賽銭を入れるようにね」と伝えたところ、子ども2人とも500円玉を気前よく入れていました。次女は「100億円になって戻ってきますように!ってお願いしたの!」と言っていました。

大人になれば、家賃・光熱費・食費・通信費といった必要な出費や、欲しいもの・実現したいことへの出費、将来への貯蓄のバランスなど、考えるべきことは増えていきます。

子どものうちからその体験をさせるのも良いと思いますが、小学生・幼稚園児といった年齢では難しく考えず、まずは好きなもの・欲しいものを買えて嬉しかった体験や、使いすぎてお金がなくなったり、欲しいものを買えなくなったりする、いくつかの失敗を体験できれば十分ではないでしょうか。

子どもに多くのおこづかいをいただく時期は、親子でおこづかいの使いみちを話し合う、良い機会にしたいですね。

【執筆者プロフィール】森﨑仁美

キッズ・マネー・ステーション認定講師。
8回の転職の末、自分の強みに気づき、無駄な出費をなくして自由に使えるお金を増やすファイナンシャルプランナーとなる。支出の削減だけではなく、一般社団法人光のみち代表として、その人にあった強みを活かして収入をアップさせる方法も指導している。小4、年長の姉妹のママ。

(ハピママ*/キッズ・マネー・ステーション)

【関連記事】

おすすめの記事