Yahoo! JAPAN

『ウォーキング・デッド』マイケル・カドリッツ、『羊たちの沈黙』続編で演じるキャラを分析

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』でエイブラハムを演じたマイケル・カドリッツが、映画『羊たちの沈黙』の続編となる新作ドラマ『Clarice(原題)』で演じるキャラクターを分析している。米Comicbook.comが報じた。

『Clarice』は、『羊たちの沈黙』の1年後となる1993年のワシントンD.C.を舞台に、FBI捜査官のクラリス・スターリングが、首都に蔓延する政治的な風土や背景に対処しながら連続殺人鬼を追う姿が描かれる。さらに、オリジナル映画であまり触れられていなかった、彼女の私生活にもスポットライトが当てられる。

『Clarice』でマイケルが演じるのは、『羊たちの沈黙』の10年後を描く続編映画『ハンニバル』でレイ・リオッタが演じた米司法省監査次官補のポール・クレンドラ。

映画版ほど悪人臭さがないドラマ版のポール・クレンドラ。その点についてマイケルは『Clarice』から『ハンニバル』に至るまで9年という時間があることを指摘している。「その間に何が起こったかなんて誰にもわからないよね? それを僕たちが描いていくんだ。なぜポールが『ハンニバル』で描かれたようになってしまったのか? それに製作チームがその理由を描く方向へ進む必要があるのかどうかもわからない。明らかに一部のキャラクターには知的財産権の問題があり、ドラマシリーズで中心になるのはクラリス・スターリングの物語だから、その世界を再構築する必要があるからね」と、映画とドラマ版のクレンドラの違いは、時間の経過と権利問題が絡んでいると述べた。

続けて、「10年もあれば多くのことが起こり、人間は変わる」と言い、『Clarice』で将来的にクレンドラがどのように変わっていくかは未知数だとも付け加えている。

『Clarice』では、『オリジナルズ』や『プリティ・リトル・ライアーズ』などに出演しているレベッカ・ブリーズが主演し、アレックス・カーツマン(『HAWAII FIVE-0』)とジェニー・ルメット(『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)が製作総指揮を務める。

マイケルがどんなクレンドラを演じるのか注目したい『Clarice』は米CBSにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Clarice』マイケル・カドリッツ公式Twitterより

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【希少価値!全国の混浴温泉】湯が湧くところに人は集まり、そこではみな平等「すずめの湯」地獄温泉 青風荘.<熊本県>

    TABIZINE
  2. 男性たちが語る!年上女性とのデートでときめいた瞬間 #1「コクっと頷いて…」

    ウレぴあ総研
  3. 『百万石音楽祭2021』タイムテーブル発表

    SPICE
  4. TVアニメ「転生したらスライムだった件 転スラ日記」第7話の先行カットが到着。「ミリム日記」が開幕!

    WebNewtype
  5. TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」第18話の先行カットが到着。「私」がソフィアの住む街に到着!

    WebNewtype
  6. あの花×ラスカル=あの洗熊? コラボ企画「あの日見た洗熊の名前を僕達はまだ知らない。」が5月22日スタート

    おたくま経済新聞
  7. 【毎日おやつ】パステルカラーがキュートなあんこスイーツ「あんまかろん」/京都府

    ことりっぷ
  8. 余命3ヶ月の元カレから「人生の最期に会いたい」。私の行動に夫は……【前編】

    ママスタセレクト
  9. 乃木坂46山下美月が「3期が入ってから乃木坂は…」と聞いた過去 4年ぶり単独ライブに思いを込めた「#やっぱ3期生だな」

    Techinsight
  10. 第一子誕生あいのり・桃の夫しょうくんほか アメブロ4月度Best Rookie賞を発表

    アメーバニュース