Yahoo! JAPAN

京急、新造車両2本導入へ ロングシート・クロスシート切替可、前面展望席復活 2021年春から順次営業運転開始

鉄道チャンネル

製作中の新造車両 写真:京急電鉄

京急電鉄は2021年1月20日、車内設備を一新した1000形新造車両(4両編成)を2本、計8両導入すると発表しました。2021年春から順次営業運転を開始する予定です。

新造車両は座席指定列車や貸切イベント列車に対応できるよう、ロングシートからクロスシートに切替可能な自動回転式座席を採用。座席幅もウィング号などで使用される2100形より10mm拡幅し、京急車両で一番広い座席となります。シート地のデザインは「三浦半島の旅」を想起する「波」をイメージしたものになりました。

製作中のロングシート・クロスシートと完成イメージ 画像:京急電鉄

また、座席にはウィズコロナ時代にあわせ、新型コロナウイルス等に対応する抗ウイルス効果が確認された抗菌・抗ウイルス座席シート地を採用。冬季の暖房と外気導入空調による換気も両立し、安心で快適な車内環境を提供するとしています。

その他の車内設備に目を向けると、京急車両としては初めてバリアフリー対応の洋式トイレや全座席コンセントを設置。防犯・迷惑行為防止のため各車両に防犯カメラを3台備えます。また、1、4号車には車いすスペースを、2、3号車にはベビーカーや大きな荷物をお持ちの方が利用できる「フリースペース」を設置します。

画像:京急電鉄

その他にも、強化ガラス製の仕切りを採用し、ドア付近の立ち客と着席中の乗客の相互干渉を考慮した高さに設定。つり手の径と太さを拡大するなど細かいところでも乗り心地の改善が図られています。そして、乗務員室後方にクロスシートを設置することで、1000形ステンレス車から廃止となった前面展望席が復活します。

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】

おすすめの記事