Yahoo! JAPAN

小田原警察署ら 事故防止学び 体験乗車も 高齢者に交通安全啓発〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

障害物の前で車が止まるのを体験

近年増加傾向にある高齢者の事故防止につなげようと、小田原警察署、損害保険ジャパン(株)、神奈川スバル小田原店などが連携し、安全運転サポートカーの体験乗車キャンペーンがこのほど、小田原ドライビングスクールで開催された。

地域の高齢者ら約30人が参加。年齢とともに増加する事故として出会い頭の交通事故が最も多いことや、高齢者の動体視力や注意力の低下などについて学んだ。

その後、被害軽減ブレーキを備えた車に体験乗車。前方の障害物に衝突する前に車が止まるのを体験した。参加した市内在住の70代女性は「安全運転につながるのが一番。良い経験になった」と話していた。

【関連記事】

おすすめの記事