Yahoo! JAPAN

【秋葉区ゆかりの作家たち】秋葉区にゆかりのある芸術家の作品が大集合!

日刊にいがたWEBタウン情報

 
『流砂』 1968年 笹岡了一 新潟市新津美術館蔵

新潟市新津美術館と新潟市美術館が所蔵するコレクションのなかから、秋葉区にゆかりのある作家18名の日本画、洋画、版画、写真などの作品を展示します。

旧新津町の若い教職で結成した洋画同好会・緑人社の一員だった笹岡了一の作品を紹介する「戦後の笹岡了一」、昭和の新津を空から描いた高橋五仙子のユニークな日本画などを集めた「伝統と個性」など、計180点あまりの作品を6つのテーマに分けて紹介します。

『コレヒドール島を望(む)』 1943年 笹岡了一 新潟市新津美術館蔵

また花の産地として有名な秋葉区らしい生命感あふれる作品として、旧新津市図書館の児童館に飾られていた式場庶謳子の版画作品なども展示します。

『子どものうた 春の使い』 1978年 式場庶謳子 新潟市新津美術館蔵

期間中は、学芸員による年代や作家にまつわる約1ッ時間半の美術講座を計4回開催します。

聴講無料、事前申し込みも不要なので、興味のある方は直接会場へ足を運んでくださいね!

また、第1・第3木曜日の10:00~13:00は、展示室内で会話を楽しみながら鑑賞できる「こどもタイム」も実施します。

子どもと感想を言い合いながら鑑賞するのもいいですね!

秋葉区ゆかりの作家たち

開催期間
1月22日(土)~3月6日(日)
10:00~17:00(観覧券販売は~16:30)
会場名
新潟市新津美術館
会場住所
新潟市秋葉区蒲ヶ沢109-1
休み
月曜(1月24日(月)、2月21日(月)は開催)
料金
一般500円、大高生300円
問い合わせ先
新潟市新津美術館
問い合わせ先
電話番号
0250-25-1300
リンク
https://www.city.niigata.lg.jp/nam/

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ハイヒール・リンゴが不妊治療の体験を告白!仕事との両立の難しさとは?

    フジテレビュー!!
  2. 固有の面白さが三都の魅力 京都・大阪・神戸の「圧倒的アドバンテージ」に注目

    おたくま経済新聞
  3. 贅沢なメロンフルーツスタンドやパフェもラインナップ 神戸オリエンタルホテル メロンが主役のアフタヌーンティー 神戸市中央区

    Kiss PRESS
  4. <怖い義母……>激白……!「跡取りを産めないなら出ていけ」責められた義母の過去【まんが】

    ママスタセレクト
  5. ダイアモンド☆ユカイ、親子で別荘を訪れるも「妻がいないと駄目だな」

    Ameba News
  6. イーロン・マスク、元恋人アンバー・ハードとジョニー・デップの裁判に労いのコメント

    Techinsight
  7. あいのり・桃、前髪をカットした長男の姿に「可愛すぎ」「癒しMAX」の声

    Ameba News
  8. みきママ、夫が約2時間かけた夕食を公開「きれいに作るなぁ~」

    Ameba News
  9. <@JAM EXPO 2022>親善大使に峯岸みなみ、総合司会に高見奈央が決定!【動画・コメントあり】

    Pop’n’Roll
  10. LEATHER WITCH/レザー・ウィッチ:コロンビア出身、レイヴン彷彿の初期型スピード・メタル

    YOUNG GUITAR