Yahoo! JAPAN

滋賀のおしゃれカフェ6選 映える休日を過ごそう!

まっぷるトラベルガイド

滋賀のおしゃれカフェ6選 映える休日を過ごそう!

家族や恋人と、素敵な空間で非日常の休日を楽しみたい!滋賀県には、そんな願いを叶えてくれるおしゃれカフェがたくさんあります。
今回は、居心地のいいおしゃれカフェを厳選して6店、ご紹介します。

湖畔のライフスタイルを提案し続ける新感覚おしゃれカフェ「Rcafe」(大津市)

琵琶湖の景色を一望できる開放的な空間 <画像提供:Rcafe>

琵琶湖の湖畔に建てられた「Rcafe(アールカフェ)」には、琵琶湖の絶景が一望できるテラスがあります。眼前に広がる琵琶湖、徐々に顔を出す朝日、照らされて輝く水面を眺めながら、優雅で贅沢な朝の時間を過ごすことができるおしゃれカフェとして人気を集めています。

店内にあるステージではライブイベントなども開催


「琵琶湖ハワイ化計画」をビジョンに掲げたアールカフェ。店内はハワイをイメージしたおしゃれなインテリアが多く、サーフボードや洋服などの装飾があります。

まるで海外のカフェに来たような気分になるこだわりのインテリアがずらり

カウンターには南国を思わせる置物が並び、まるでハワイのおしゃれカフェに来ているかのよう。

アメリカンブレックファースト

アールカフェで朝ごはんを食べるなら、アメリカンブレックファーストがおすすめ!

メインのフレンチトーストにはメープルシロップをトッピング。口の中でとろけるような、やさしく程よい甘さが魅力です。

つけあわせのサラダには甘辛い味付けの、発酵パイナップルのドレッシングがかかっていて、他では食べたことのない新しい風味が楽しめますよ。

琵琶湖でSUPヨガなどを楽しむことができる

アールカフェは飲食の他に、ビーチの営業も行っています。

様々なアクティビティを楽しむことができる「ASOBIWA(アソビワ)」という施設もあり、水面に浮かべた板の上でヨガをする「SUP(サップ)ヨガ」や焚き火、キャンプなどもできますよ。
アールカフェで、ハワイのおしゃれカフェにいるような休日を過ごしてみませんか。

■Rcafe(アールカフェ)
住所:滋賀県大津市北比良934-1
交通:国道161号線比良ランプから車で2.5km
営業時間:7:00~18:00(L.O.17:00)、土・日曜、祝日は~19:00 (L.O.18:00)※季節により異なる
休業日:木曜(7~9月は無休)

夜の森をイメージした幻想的なおしゃれカフェで映えるパフェやドリンクが楽しめる「パフェ専門店 LAMP」(高島市)

ランタンの容器に入ったパフェ。写真映え間違いなし!


滋賀県と言えば真っ先に思いつくのは「琵琶湖」ですが、湖の西側に「箱館山(はこだてやま)」という山があることをご存知でしょうか。山頂までは630メートル。ゴンドラで山頂まで行くことができます。

山頂まではゴンドラで約5分。降りてすぐに見える小屋が、箱館山が誇るおしゃれカフェ「パフェ専門店LAMP(ランプ)」です。

夜の森をイメージして作られた店内

カフェの中には、無数の星をイメージした照明が飾られ、カウンター席には、火がつけられた本物のランタンがずらりと並んでいます。

パフェ専門店LAMPで味わうことのできるパフェとドリンク

まるで異国の地に来たような気分になれるこのおしゃれカフェでは、メニューも普通ではありません。パフェやドリンクなどはランタンにいれて提供され、どれも色あざやか。写真映えすること間違いなしです!

パフェは季節によって種類が変わります。定番のパフェ以外にも、季節の食材を使用したメニューが展開されているので、何度来ても飽きることなく楽しめますよ。青や緑の色鮮やかなランタンドリンクはすっきりした味わいで、パフェとの相性が非常に良いのが特徴です。

近くの広々とした丘から琵琶湖を一望できたり、大きなブランコや寝転ぶことのできるベンチなどがあったりと、一日中遊ぶことができます。

ロマンチックなおしゃれカフェで、家族や友人、恋人と非日常な時間を過ごしてくださいね。

■パフェ専門店LAMP(パフェせんもんてんランプ)
住所:滋賀県高島市今津町日置前字河内4201-4
交通:国道161号線 日置前ランプ下車後車で3分、専用駐車場に駐車後ゴンドラ乗車約8分
営業時間:10:00〜17:00(L.O.16:00)※土曜、休日はL.O.が早まる場合あり、ナイトゴンドラ開催時はL.O.19:00※4月29日~6月19日、7月16日~8月28日、9月10日~11月23日のみ営業。要確認
休業日:期間中無休※要確認

本を通じて人とつながるおしゃれカフェ「DONGREE BOOKS & STORY CAFÉ」(湖南市)

DONGREE BOOKS & STORY CAFÉの入口

続いては、JR草津線石部駅から徒歩約10分の場所にある「DONGREE BOOKS & STORY CAFÉ(どんぐりーブックス&ストーリーカフェ)をご紹介します。

木に癒される店内
靴を脱ぎ、足を伸ばしてくつろげる

カフェ店内へは靴を脱いで上がります。木を基調としたおしゃれな店内は落ち着きがあり、過ごしやすい空間。テーブル席だけでなく、座敷席も用意されています。

カフェ本棚の本は、お客さんから提供されたものも
数百冊の本が揃う

新型コロナウイルスの影響で人と直接会う機会が減っている昨今。代表の柴崎(通称ドリー)さんは、なにか「本を通じた新しいコミュニケーション」ができないかと考えていました。

そして、しおりを挟んだ「栞本(しおりぼん)」という古本を通じ、人と人とがつながることのできるブックカフェが生まれたのです。

本にはメッセージが添えられた栞が <画像提供:DONGREE BOOKS & STORY CAFÉ>

店内にはたくさんの書籍がおかれ、一冊一冊にしおりが挟まれています。ただ本を読むだけではなく、栞本を通じて以前の持ち主やその本と出会った全ての人とつながるような、不思議な時間を過ごすことができますよ。

湖南の旬の食材とキャッサバ芋を使ったランチプレート 
ランチプレートはボリューミーで非常に美味しい。食材一つ一つにこだわりを感じる

カフェメニューは色々ありますが、この日いただいたのは、土・日曜限定メニュー「キャッサバ芋のランチプレート」。

キャッサバ芋とはタピオカの原料にもなっている南米の主食の芋で、湖南市在住のブラジル人農家の方が直接仕入れたり、自家栽培にチャレンジしたりして作られた新鮮な芋が使われています。

目の前でコーヒーを挽いてくださる。香ってくる匂いが心地よい

店長のドリーさんおすすめの一品は、自家焙煎コーヒーのオリジナルブレンド「石部ブレンド」と「湖南ブレンド」。町とともに生きていくことを大事にしているドリーさんが、その土地をイメージして作ったこだわりのコーヒーです。

本を通じてたくさんの人のつながりを感じられるおしゃれカフェで、静かな休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

■DONGREE BOOKS & STORY CAFÉ(どんぐりーブックス アンド ストーリーカフェ)
住所:滋賀県湖南市石部西1-5-7
交通:JR草津線石部駅から徒歩9分
営業時間:11:30~18:00
休業日:火・水・木曜

琵琶湖の絶景を堪能しながらバーベキューやディナーを楽しめる「Orange balcony」(守山市)

オレンジバルコニーのテラスからの様子。琵琶湖の絶景を堪能することができる<画像提供:Orange balcony>

「Orange balcony(オレンジバルコニー)」は「ピエリ守山」という大型のショッピングモールの一角にあるおしゃれカフェ。イチオシポイントは、なんといっても琵琶湖を一望できるテラス席。自然を感じながら、ゆったりとした時間を過ごせます。

カフェとしてはもちろん、食事やお酒、バーベキューも楽しむことができ、テラスはペット同伴でくつろぐことができます。

ベイクドバナナとキャラメルのワッフル

カフェメニューでおすすめしたいのが、ベイクドバナナとキャラメルのワッフル。
フレンチトーストをキャラメリゼしたものを贅沢に重ね、間にベイクドバナナがサンドされています。トッピングされている生クリーム、バニラアイス、キャラメリゼしたナッツの相性が最高です。

さらに、ランチやディナーメニューも充実しており、週替わりプレートランチは、非常にボリューミーで満足感があります。

週替わりランチプレートはお肉とソースの相性が抜群

メニューだけでなく、ソースも週によって変わります。今回いただいたのは、豚肩ロース。ツナとケッパーのクリームソースが豚肉とよくからみ、食欲をそそります。

Orange balconyの夜の様子。昼間とは少し違った雰囲気の琵琶湖を堪能できる<画像提供:Orange balcony>

夜に眺める琵琶湖の景色は、昼間とは打って変わってなんともロマンチック。琵琶湖の向こう側に見える岸の灯りが、真っ暗な琵琶湖に映りこみ、幻想的な光景です。

友人とのショッピングの帰りに、ふらっと立ち寄ってみてください!

■Orange balcony(オレンジバルコニー)
住所:滋賀県守山市今浜町2620-5 ピエリ守山2F
交通:JR東海道本線守山駅からバスで約30分
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:00)※要確認
休業日:無休

ヨーロッパのような雰囲気漂う守山のおしゃれカフェ「idyllic」(守山市)

ヨーロッパのような雰囲気のテラスで食事を楽しめる <画像提供:idyllic>

JR東海道線守山駅から徒歩8分。ヨーロッパのカフェを彷彿とさせるようなおしゃれなテラスが特徴の「idyllic(アイドリック)」は、カフェとして、またレストランとして食事を楽しむことができる人気のカフェレストランです。

アイドリックの店内は天井が高く、シンプルなデザイン


店内は高級感が漂い、天井も高く開放的な空間。2階フロアにはバーカウンターが設置されており、夜はアルコールを楽しむこともできます。

「ピッツァアイドリック」。出来立てのピッツァをいただくことができる

アイドリックのイチオシは、店名を冠したピザ「ピッツァアイドリック」。地元で取れた野菜がふんだんに使われており、満足感バツグンです!ピザの種類はたくさんありますので、みんなでシェアするのもいいですね。

石窯で焼かれた本格的なピッツァ

ピザ職人の方が本格的な石窯で丁寧に作ってくれるため、いつでも焼きたての本格ピッツァを楽しむことができます。

駅から徒歩で行くことができるという点も嬉しいところ。ぜひ一度足を運んでみてください!

■Idyllic(アイドリック)
住所:滋賀県守山市守山1-6-12西棟103・203銀座ビル
交通:JR守山駅より徒歩8分
営業時間:11:00~22:30、金・土曜、祝日は~23:00※要確認
休業日:無休

まるでおばあちゃんの家のよう!古民家おしゃれカフェ「Cafe&galleryキマッシ」(大津市)

里山の道を進んでいくと看板が見えてくる<画像提供:Cafe&galleryキマッシ>

大津市の古民家を利用して作られた「Café&galleryキマッシ」は、田舎の実家に帰ったような気分になれるおしゃれカフェです。

古民家を改装した店内 <画像提供:Cafe&galleryキマッシ>

店内は古民家をほとんどそのまま使用しており、どこか懐かしいレトロな作り。お客さんから「おばあちゃんの家に来たみたいと言われることが多い」というのも納得です。

アーティストの方による作品の展示があり、絵や写真をみて楽しむことができます。条件が合えば、自分の作品を展示することもできるそうですよ!

近辺は自然がいっぱいでのどかな雰囲気。街中のカフェとは全く違う空気が流れています。

8月のランチ「胡麻味噌ソースチキンカツ」+コーヒーor紅茶付き<画像提供:Cafe&galleryキマッシ>

カフェのメニューは月替わりのため何度行っても飽きることなく、懐かしい味を楽しむことができます。月替わりのランチは数量限定のため予約制となっているので、事前に連絡するのをお忘れなく!

紅茶のシフォンケーキ<画像提供:Café&gallery キマッシ>

食事の後はスイーツも楽しめます。スイーツも月替わりで、毎月違ったメニューを楽しむことができます。ランチとは別メニューなので、スイーツだけを楽しむこともできますよ。

おばあちゃんの家に帰ったような古民家風おしゃれカフェで、田舎の美しい景色を見ながら足を伸ばしてくつろぎましょう。ゆったりした休日が楽しめること、間違いありません!

■Cafe&galleryキマッシ(カフェアンドギャラリー キマッシ)
住所:滋賀県大津市仰木2丁目34-12
交通:JR湖西線おごと温泉駅から車で7分
営業時間:12:00~17:00※ランチは~14:00(前日までに要予約)
休業日:火・水・木・金曜

滋賀県のおしゃれカフェ巡りの旅へ!

琵琶湖の雄大な景色が楽しめるカフェや、非日常を楽しむことができるカフェなど、滋賀県には行ってみたいと思うおしゃれカフェが数多くあります。

ぜひ一度、滋賀県のおしゃれカフェへ足を運んでみてください!

【関連記事】

おすすめの記事