Yahoo! JAPAN

ディズニー音楽の伝説“人魚姫に美しい声を、野獣に魂を与えた”作詞家の半生を辿る『ハワード -ディズニー音楽に込めた物語-』 レビュー

ウレぴあ総研

『ハワード -ディズニー音楽に込めた物語-』 ディズニープラスで配信中 © 2020 Disney

『ハワード -ディズニー音楽に込めた物語-』は、『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン』の名曲を生み出した、作詞家ハワード・アシュマンの人生を辿るドキュメンタリー作品。

秘蔵写真やインタビューの数々を交えて構成され、特に未公開の貴重なレコーディング風景は必見。

3作のうち、1つでも好きな作品、好きな歌があるなら絶対に観るべき作品です。

作品を深堀り出来る、ドキュメンタリーやメイキング作品の魅力

人気の新作映画や、不朽の名作が見放題のディズニープラス。

実は、ドキュメンタリー映画やメイキング系の作品も大充実なんです。

パークの舞台裏を知ることが出来る『イマジニアリング~夢を形にする人々』も大きな話題となりましたが、作品の裏側や制作過程を知りたい、私のようなオタクにはたまりません。

『ハワード -ディズニー音楽に込めた物語-』は、貴重なインタビューなどを交えて、彼のルーツ、創作への姿勢や人となり、人生まるごとを丁寧に追った作品。

大好きな楽曲のルーツを深く知る事ができて、今までよりもっと作品を好きになる事が出来ました。

レコーディング風景が胸アツ!

本作の随所に、未公開の貴重なレコーディング風景が多数使用されています。

オーケストラのチューニング音から始まる冒頭に、続く『美女と野獣』の「朝の風景」。

ベル役やガストン役の俳優が歌い、オーケストラの波に乗せて実際に楽曲を制作して行く様子に、もう興奮!

『リトル・マーメイド』より「パート・オブ・ユア・ワールド」の歌唱指導シーンでは、まさに人魚姫アリエルに美しい声が与えられて行く様を見ることが出来て、胸が熱くなりました。

終盤たっぷりと見ることができる「ひとりぼっちの晩餐会」レコーディング風景も、鳥肌モノ。

作品の裏側に込められた情熱に、数々の貴重な映像は必見です。

ファンなら絶対に知っておきたい!名作の裏話

誰もが知る名作『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン』。

作品の裏側や制作秘話を知る事で、観返した時に新たな気づきや発見が得られるのも、本作の魅力です。

あの"超名曲"が、カット予定だった?!

例えば、『リトル・マーメイド』の名曲の数々は、作品のプロット(物語の大筋)を5分読んで、一気に全曲作られたといいます。

また、アリエルが陸の世界への憧れを歌う「パート・オブ・ユア・ワールド」は、スローで子供が飽きる、という理由で、当初カットされる予定でした。

ですが、一貫したテーマをアリエルに歌わせる事が重要で、夢や願望を表す歌は必要不可欠。

ここからいわゆる「I want...」ソングが誕生し、リプライズで何度も歌い上げられる「パート・オブ・ユア・ワールド」は、私たちの心を強く打ちました。

知られざる数々の制作秘話

ハワードは40歳という若さで、HIVによりこの世を去りました。

病気は彼を蝕み続け、一旦止まっていた『アラジン』の制作が再開したころには、指の感覚がなくなり声が出せず、目も見えなくなっていたと言います。

アラジンが王子として華やかにアグラバーに登場する楽曲「アリ王子のお通り」は、病室で作られたものでした。

『美女と野獣』の頃には移動が困難で、制作現場の全てを自分の住むNYに移してもらい、命を削りながら制作に携わっていたそうです。

彼がどれだけの情熱で作品作りに向き合っていたか、数々の名場面ひとつひとつに、どんな熱量が込められていたのか。

本作を観てから『アラジン』や『美女と野獣』を観返すと、またひとつ違った角度で大きく胸を打たれました。

歌詞の単語ひとつ取っても、徹底したこだわりで制作されていたのが分かって、また説得力が増すんですよね。

大好きな作品の裏側と、ハワード・アシュマンという1人の天才の生涯を、ぜひ本作で見届けてみて下さい。

アリエルのことも、アラジンのことも、ベルのことも、もっともっと大好きになれました。

『ハワード -ディズニー音楽に込めた物語-』ディズニープラスで配信中。

(ディズニー特集 -ウレぴあ総研/いの)

【関連記事】

おすすめの記事