Yahoo! JAPAN

片岡愛之助『半沢直樹』の現場でのエピソードを披露「台詞がどんどん増える」

アメーバニュース

片岡愛之助『半沢直樹』の現場でのエピソードを披露「台詞がどんどん増える」

歌舞伎俳優の片岡愛之助が3日に自身のアメブロを更新。日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)の撮影現場でのエピソードを披露した。

この日、愛之助は「直樹との再会、楽しんで頂けたかしら」と出演場面について言及し、「証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官って役職 長すぎやろ」と自身が演じる役の名乗りについてコメント。

続けて「台本貰った時、あれ!?黒崎、日本を離れちゃったのかな!?って思いました」とお茶目につづり、「最初の台本はこんな長い名前の名乗りは無かったのですが、ジャイさん(福澤監督)の黒崎愛の強さで素敵な再会シーンとなりました」と撮影秘話を明かした。

また「現場では台本に無い台詞がどんどん増えるので その場で生まれる生きた芝居がどんどん追加される訳です」「とても楽しんで黒崎俊一の人生を生きさせて頂いてます」とつづり、「引き続き半沢直樹楽しんで下さいね」と呼びかけた。

この投稿に読者からは「あの長い役職名を流暢に・・・さすがです」「黒崎さんの名刺が見たい」「黒崎さん、待ってました」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事