Yahoo! JAPAN

犬が飼い主に『しつこく吠えてくる』時の心理4選!どうやったらやめさせられる?

わんちゃんホンポ

犬が飼い主にしつこく吠えてくる時の心理4選

犬が飼い主に向かって吠える時は、次のような心理が働いている時です。

✔要求がある
✔恐怖や警戒心
✔嬉しくて興奮している

いずれも飼い主さんに対して何かを訴えている、という共通した心理があります。

「要求吠え」とも呼ばれていますが、あまりにもしつこく吠えられるとイライラしてしまうのはもちろん、近所迷惑も気になりますよね。

今後の対応のために、まずは飼い主にしつこく吠えてくる時の心理4選をチェックを行いましょう。犬が吠える原因をつかんだ上で、対処方法を考えるのが適切です。

1.かまって欲しい!

飼い主さんと視線を合わせて「ワンワン!」と元気いっぱいに吠えてくる犬は、見てわかる通りかまって欲しい!という気持ちが強い時。要求吠えの典型パターンです。

尻尾を振って吠えてくる愛犬の姿から、「遊んで!」「暇だよ」「寂しいな」といった心理は見て取れるでしょう。

一見可愛く感じる要求吠えですが、1度でも相手してしまうと次も吠えて要求するようになります。そして吠えるレベルもエスカレートしてしまうのが要求吠えの特徴です。

2.散歩に連れて行って!

散歩が大好きな犬なら、飼い主さんの動きや時間を察知して「散歩に連れて行って!」とアピールする姿を見ることができます。

ひとつ前の要求吠えと同じパターンですが、犬が「吠えたら散歩に連れて行ってもらえる」と覚えてしまっているのが問題点です。

しつこく吠えてくる愛犬に悩むのであれば、正しい対処を取ることをおすすめします。

3.危険があるよ!

尻尾をピンと立てて力強く「ワン!ワン!」と吠えてくる時は、「危ないものがあるよ!」と飼い主さんに教えています。何かに対して吠えており、飼い主さんを守ろうとしている姿でもあります。

ただ警戒心が強い犬の場合は、小さな物音を聞いただけで「ワンワン!」と興奮して吠え続けてしまいやすいです。

周囲への配慮を考えると、興奮して吠える前に対処ができるといいですよね。

4.食べ物ちょうだい

「食べ物ちょうだい!」とおねだりをする時も、飼い主さんとしてはしつこく感じるものでしょう。美味しそうなニオイがするだけで「ワンワン!」としつこく吠えてくる犬も多いです。

吠えるのをやめさせるために、おやつなどを与えてしまう方もいますが、その行動は逆効果になってしまいます。正しいしつけを行うために、この機会にやめましょう。

しつこく吠えてくる時の対処法

事あるごとに「ワンワン!」と吠える愛犬には悩んでしまいますよね。そんな飼い主さんは、ぜひ次の対処法をお試しください。

無駄吠えの対応は、愛犬がしつこく吠えてきても無視することに限ります。「吠えると遊んでもらえる」「おやつがもらえる」と覚えてしまったことが要求吠えの原因です。

ワンワン吠える愛犬を無視するのは心が痛むかもしれませんが、「吠えても良いことはない」と少しずつ学習させてください。

なかなか吠えるのをやめない場合は、「待て」「伏せ」の指示に従ったらおやつを与えるトレーニングを繰り返し行います。

再び吠え出してもスルーをして、指示に従った時だけ褒めるのがポイントです。叱ったり、中途半端におやつを与えると振り出しに戻ってしまうのでご注意を。

吠えてくる愛犬を放置するのは心苦しいものですが、無駄吠えを改善させるためです。ぜひ気持ちを強く持ち、愛犬と接するようにしてください。

指示に従えるようになると、興奮が始まる前に落ち着かせることができます。遊びの中にもトレーニングを交えるようにして、愛犬と楽しみながらしつけを行ってくださいね。

まとめ

今回は「犬が飼い主にしつこく吠えてくる時の心理4選」をご紹介しました。

犬の無駄吠えはトレーニングを行うことで、少しずつ改善します。ワンワン!としつこく吠えられて困っている、という飼い主さんはぜひお試しください。

【関連記事】

おすすめの記事