Yahoo! JAPAN

夜の沖磯釣りで55cmシブダイ イワシスライスにヒット【宮崎・外浦崎】

TSURINEWS

沖磯で釣れたシブダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・野坂僚)

8月8日、午後3時出船で宮崎県日南市油津の「くろしお丸」を利用し、外浦崎へ瀬泊まりで夜釣りをしてきた。日中はイシダイやイシガキダイの底物、暗くなってからはシブダイを狙った。

油津沖の磯で沖磯釣り

8月8日、午後3時出船で宮崎県日南市・油津沖の磯へ「くろしお丸」を利用して釣行に出かけた。今回のターゲットは、明るいうちにイシダイやイシガキダイの底物、暗くなってからはシブダイを狙う。同行者は日南市の古田さんだ。

午後3時に出船し、船長任せで上がった磯は外之浦崎だった。足場も良く瀬も広いため、夜釣りをするなら暗くなっても比較的安全な磯場である。

外之浦崎広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

ガンガゼにイシガキダイ

到着後、すぐに底物狙いのタックル(石鯛ザオなど)を準備して、ガンガゼ20個とシラガウニ2kgで暗くなるまで底物を狙った。水温も高いのか、小型のイシガキダイ(推定30cm未満)が勢いよくつけエサに掛かる。

ガンガゼはほとんどがあっという間になくなり、シラガウニはエサ持ちは良いが最後まで食い込まないという状況が続き、ようやく掛かった魚は30cmほどの小さなイシガキダイ。ガンガゼを2個掛けし、仕掛けの慎重な送り込みに時間を要した。

小ぶりだがイシガキダイを手中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

その後もエサのある限り同じように仕掛けを入れ、手返し良く狙うも残念ながら底物はこの1尾に終わった。きれいな個体ではあったが、あと少し大きな魚だったらなと課題は残ったが、そんなことを思いながら優しくリリースした。

辺りも暗くなり始め、いよいよシブダイ狙いのタックルへと仕掛けを組み替えた。

シブダイ狙いのタックル

シブダイ狙いのタックルは、日中の底物釣りで使用したイシダイザオをそのまま使用し、足元に宙釣りで狙うものを1組。これとは別に4号クラスの磯ザオにPEラインライン5号程度が100mほど巻くことができるリールで、2号程度の電気ウキを使用したフカセ釣りの2本立てでの挑戦となった。

筆者の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

使用するエサは、つけエにオキアミボイル(L)、サンマの切り身(短冊状に切ったもの)の2パターン。

一方、同行者の古田さんはイシダイザオを2本出して、足元の宙釣りと中遠投のブッ込み仕掛けの2パターンだった。

フカセ釣りでアタリを拾う

釣り始めるとエサは取られるが、なかなか好反応のアタリはなく時間だけがすぎていく。そんな中、ついにアタリを拾うことができたのが、私のやっていたフカセ釣りであった。

細かくまきエサを投げ入れ、光る電気ウキの反応に集中していると、突然ウキが海中に消えていった。アワセを入れると確かに引きはあるが軽かった。上がってきた魚は30cmほどの良型キンメダイ。その後、マツカサ、カサゴ(アラカブ)など小ぶりではあるが、生命反応が出始めたのは11時をすぎたころだった。

シブダイ55cmを好捕

それからまたアタリは遠のき、次にアタリがでたのは日付が替わった午前1時30分ごろ。すでに私は休憩がてら仮眠していたのだが、古田さんが大きな声で私を呼んでいた。ビックリして目が覚め、慌てて飛び起きて駆け寄ると、すでに海中から抜き上げられていたのはシブダイ55cm2.8kgの立派な個体。

古田さんは55cm2.8kgのシブダイを好捕(提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

うとうとしながら足元20mのタナに宙釣りにしておいたイシダイザオのサオ先に付けたケミホタルをボーッと眺めている時、一気にサオが海中へ突っ込んだようだ。その時の様子を興奮しながら語ってくれた。つけエサはイワシのスライスだったそうだ。

夜間は暑さも和らぐ

それからは私も負けじとあの手この手でシブダイを狙うも時間だけがすぎ、なんの反応もとることができないまま5時の納竿を迎えてしまった。

久しぶりの夜のシブダイ釣りだったが、日中の暑さを避け涼しく楽しい釣行となった。夏本番、私は釣ることができなかったが、まだまだチャンスはあると信じて何度かは再チャレンジしたいと思っている。

<週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年8月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post夜の沖磯釣りで55cmシブダイ イワシスライスにヒット【宮崎・外浦崎】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. あれ、何か泣けてきた…ゴールデン赤ちゃんの成長記録を見たら、我が子のパピー時代を思い出して胸熱ホロリ…【動画】

    Retriever Life
  2. ど正面から何度も威嚇する柴犬と、微動だにしないイカつい鳥さん。この激しい温度差がシュールすぎてジワジワ不可避【動画】

    柴犬ライフ
  3. Aqoursとファンの「失われた世界」が初のオンラインライブで甦る! 「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours ONLINE LoveLive! ~LOST WORLD~」DAY1レポート

    SPICE
  4. 【子連れドライブ】無料で遊べる!那須ガーデンアウトレットに『落書きし放題の店』限定OPEN!

    ウレぴあ総研
  5. 韓国ミュージカル『ランボー』がCS衛星劇場にて日本初放送決定 “天才詩人”アルチュール・ランボーが主人公の創作ミュージカル

    SPICE
  6. 争奪戦だ~! 大人気「ステラおばさんのクッキー」お楽しみ袋が27日に発売

    東京バーゲンマニア
  7. 「村上隆コラボアフタヌーンティー」が可愛すぎ♪ “お花”づくしの気になる内容

    ウレぴあ総研
  8. バターとあんこの禁断のマリアージュ。昭和8年創業の淡路町『珈琲ショパン』で味わう、絶品アンプレス

    さんたつ by 散歩の達人
  9. グッズ付きの京都鉄博入館券、第2弾を発売中 11月には「硬券印刷機」を使用するワークショップも

    鉄道チャンネル
  10. 柿澤勇人×鴻上尚史『ハルシオン・デイズ2020』対談 「芝居を観終わった頃には“明日も元気に生きよう”という気持ちになっていただければ」

    SPICE