Yahoo! JAPAN

西大宮の『さいたま清河寺温泉』は、風情ある竹林と源泉かけ流しの露天風呂が自慢の高コスパ日帰り温泉

さんたつ

さいたま市景観賞を受賞した『さいたま清河寺温泉』の、竹林を望む露天風呂には生源泉湯や源泉あつ湯、源泉岩風呂などバリエーション豊かな源泉かけ流し風呂がそろう。内湯の高濃度炭酸泉にも温泉を使うなど、温泉好きを魅了する風呂が豊富だ。

竹林を望む風雅な露天風呂。夜はライトアップも

和の趣を感じる外観。館内も木を多用した優しい雰囲気が漂う。

最寄り駅となる西大宮駅は、2009年3月に開業した比較的新しい駅。『さいたま清河寺温泉』に向かう道に点在するスーパーや企業の建物、住宅もまだ新しく、郊外の街のフレッシュな息吹きが伝わってくる。駅から歩くこと15分超で『さいたま清河寺温泉』に到着。これから風呂に入ると思えば、ちょうどよい運動かも。

国道216号沿いに立つ建物は和の趣があり、日本旅館のような落ち着いた雰囲気を漂わせる。ここではまず、さいたま市景観賞を受賞した竹林を望む露天風呂に向かおう。露天エリアは、男女合わせて約170坪という広さがある。東屋を配し和の植栽を施した庭園風の造りで、塀越しに望む竹林は風情があり、里山の温泉宿を想像させる。竹林が風に揺れ、葉ずれの音が耳に届くと極上のBGMとなり、ライトアップされる夜も幻想的な景観を見せてくれる。この景観が『さいたま清河寺温泉』の自慢の一つ。

露天風呂の塀の向こうにライトアップされた竹林が浮かぶ。

本物の温泉を心ゆくまで楽しめる源泉風呂

東屋をもつ源泉岩風呂は、植栽に囲まれた風呂で露天エリアでは最大規模。

もう一つの自慢が敷地内の地下約1500mから湧出する毎分480ℓという豊富な源泉。この源泉をそのまま楽しめるのが露天エリアにある生源泉湯。加温、循環ろ過、塩素消毒なしの文字どおりの源泉かけ流し風呂だ。

pH7.9の弱アルカリ性のナトリウム-塩化物泉の湯は、少しヌルヌルするような肌触りが特徴。クレンジング効果があり皮脂の汚れを落としてくれる、いわゆる美肌の湯に属する温泉だ。源泉温度は38.3℃だが、浴槽に運ばれるまでに少し冷め、37.5℃の風呂になる。ぬる目だがよく温まり、湯上がりは肌がすべすべになる。

源泉あつ湯は露天エリアでも一段高いところにあり、源泉岩風呂や竹林などを一望する。

源泉あつ湯は、源泉を加温した42~44℃の風呂。入浴するとすぐに体が火照り、額から汗が流れ出す。一段低いところに源泉岩風呂があり、源泉あつ湯から流れてくる湯がここに注がれる。さらに、新たに加温した源泉を注ぐことで、入浴しやすい41℃の風呂になっている。この湯は、寝湯や寝ころび湯へと流れ、かけ流しで浴槽の外に流れ出す。この寝湯と寝ころび湯は、目の前に竹林を眺める特等席。横になってのんびり竹林を眺めていると、心身ともに癒やされていくのがわかる。

支配人の小坂知邦さんは、「本格的な温泉を気軽に楽しめるよう、惜しみなく源泉を使っています」と話す。その言葉を裏付けるように源泉風呂が多い。感心するのは、それぞれの浴槽に加温、循環ろ過、塩素消毒など、源泉の利用状況を示す掲示板が設けられていること。

当たり前のことのようだけど、これを実施しているところは少ない。その意味でも好感がもてる施設といえる。

内湯では温泉を使った高濃度炭酸泉とサウナで極上の癒やしを

浴槽を檜で縁取った高濃度炭酸泉。丸太の背もたれがユニークだ。

内湯は大きなガラス窓から露天エリアを望み、高窓や天窓からの採光もあるので明るい。メインの浴槽は源泉を加温した42℃の檜風呂。炭酸が溶け込んだ高濃度炭酸泉になっているので、入浴すると気泡が肌にまとわりつく。温泉と炭酸泉を一緒に楽しめるとは、なんとも贅沢な風呂だ。

高温サウナは85度の設定。冷水風呂や他の浴槽と組み合わせることで新陳代謝が高まる。

このほか、井戸水を使用したアトラクションバスには、リラクゼーションバス、ジェットバス、座マッサージ、シェイプアップバス、スーパージェットバスの5種類があり、浴槽内を移動しながら機能浴を楽しむ人もいる。高温サウナはテレビ付きだから、少し長めに頑張れそうだ。思いっきり汗をかいたら、隣接する冷水風呂でととのおう。

湯上がりは十割そばでお腹を満たし、うたた寝を楽しむ

足を伸ばしてゆっくりくつろげるお食事処「竹膳」。券売機で食券を買い、セルフサービスで料理を運ぶ。

心ゆくまで源泉風呂を楽しんだら、回廊沿いに設置された湯休み処へ。浴室のすぐ近くにあるので湯上がりの待ち合わせにも便利で、風に吹かれなが休憩できるので心地がよい。お食事処「竹膳」の一角にも休憩スペースがあるので、ビールでも飲みながらひと休みしよう。食事なら「十割そばが好評です」と小坂支配人が薦めてくれた十割そばを。

横になって仮眠をとるなら「うたたね処」へ。階段状になっているのでほかの人を気にせずに休めるし、女性専用スペースがあるのもうれしい配慮だ。

『さいたま清河寺温泉』は、浴室をはじめ、お休み処や食事処もスタンダードな規模だが、源泉風呂が多いのは温泉好きには何よりもうれしい。さらに、里山風情さえ感じさせる竹林の風景が露天風呂に趣を添え、プチ旅気分さえ楽しめる。コストパフォーマンスを考えたら、県内でもトップクラスの“いい日帰り温泉”といえるだろう。

国産そば粉を使った十割そばは、喉ごしと食感を楽しめる乱切りで提供。天ざる1100円。

さいたま清河寺温泉(さいたまさいがんじおんせん)
住所:埼玉県さいたま市西区清河寺683-4/営業時間:10:00~24:00(最終受付は23:30)/定休日:無/アクセス:JR川越線西大宮駅から徒歩18分

取材・文=塙 広明 写真=さいたま清河寺温泉

【関連記事】

おすすめの記事