Yahoo! JAPAN

フジ女子アナ「ステマ」疑惑 新人研修講師経験者が指摘する“脇の甘さ”

日刊ゲンダイDIGITAL

女子アナの「ステマ疑惑」に揺れるフジテレビ(C)日刊ゲンダイ

 フジテレビの女子アナ7人がステルスマーケティングを行っていたと「週刊文春」に報じられた問題。井上清華アナ(25)、宮澤智アナ(31)、久慈暁子アナ(26)、堤礼実アナ(27)、三上真奈アナ(32)、杉原千尋アナ(25)、海老原優香アナ(27)の計7人が、2019年から20年にかけて、東京都内の美容室Aでネイルやエクステの施術を無料で受ける代わりに、店の看板の前で写真を撮り、それをSNSに公開するなど“ステマが疑われる行為”を繰り返していたという。

田中みな実“まんまるE乳”も筋金入り! あざとさのプロ根性アッパレ

 いわゆるステマについて、さる代理店関係者は「今はステマに関する世間の目が厳しく、発覚すれば炎上するので、組織的に代理店が絡んでいるとは考えにくい」と言う。某局で新人アナウンサーの研修に招かれ、SNSとの付き合い方を講義したことがあるという、ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう話す。

「その研修では、公式ブログでも個人のSNSでも、うかつに好きなお菓子やよく行く店などの商品やサービスをアップすることは、スポンサーなどの関係もあるので控えるべきと話しました。その時、『じゃあ何をアップすればいいんですか?』と彼女たちは少し不満そうでしたが、テレビに出るということは、ある意味、公人となるので、迷ったら上司に相談してくださいと話しました」

 井上氏は続ける。

「今回、本人たちはステマという意識もないままやっていた可能性もありますが、もしそうだとしたら、やはり脇が甘すぎます」

 フジテレビは「就業規則に抵触する行為が判明した場合には、適切に対処していく」と答えているが、タダより高いものはない。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 『改竄・熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン 復讐のアバンチュール』のメインビジュアル解禁 演出家、キャストよりコメントも到着

    SPICE
  2. 【前編】旦那の連れ子が使用済み生理用品を放置!どうすれば変わる……?

    ママスタセレクト
  3. やらないと損!玉ねぎのみじん切りちょっとしたコツで“あっという間にできる”簡単な5つのポイント

    saita
  4. 中国人は世界一タフな交渉相手!? 米英中露印、各国の交渉テクニック

    キャリコネニュース
  5. くわばたりえ、作っておくとラクな料理を紹介「栄養満点」「便利」の声

    アメーバニュース
  6. 夢を応援!島のアニキの絶品 海鮮丼(尾道市因島)

    ひろしまリード
  7. 「○○する人とは、付き合わないほうがいい」 元飼育員が語る「動物園デート」での要チェックポイント

    Jタウンネット
  8. 「情けは人の為ならず」の意味は「他人の為にする行為」だと思ってない?45%が間違う本当の意味とは

    saita
  9. 『アジング』ステップアップ解説:高難度「豆アジング」攻略のタックル

    TSURINEWS
  10. キャスティングゲームでヒラマサ2尾 ポッパーで6kg超【福岡・クルーズ】

    TSURINEWS