Yahoo! JAPAN

【一人暮らし】おすすめの節約グッズ10選!水道光熱費の削減や時短にも

PrettyOnline

【一人暮らし】おすすめの節約グッズ10選!水道光熱費の削減や時短にも

お金がかかる一人暮らしには【節約グッズ】がおすすめ

家賃をはじめ、光熱費や水道代、その他生活にかかる費用など、一人暮らしは何かとお金がかかるもの。そのため「光熱費や水道代をできるだけ節約したい」という人は少なくないでしょう。

とはいえ、あまりにも生活を切り詰めすぎてしまうとストレスになってしまいますから、無理のない範囲で節約を取り入れるのがポイントですよ。

そこでおすすめしたいのが“節約グッズ”を活用することです。

例えば節水できるシャワーヘッドや、鍋やガスが不要な「電子レンジ調理器」などが挙げられます。このような節約グッズを生活に取り入れることで、無理なく光熱費や水道代が節約できますよ。

一人暮らしにおすすめの節約グッズ10選!100均で手に入るアイテムも♪

ここからは、一人暮らしにおすすめの節約グッズを紹介していきます。100均で手に入るグッズも多数紹介するので、取り入れられそうなものから試してみてくださいね。

(1)節水シャワーヘッド

@haruka._.home

水道代を節約したい人におすすめなのが「節水シャワーヘッド」です。普通のシャワーヘッドよりも出てくる水量が少ないため、水道代の節約につながりますよ。

また、多くの節水シャワーヘッドには手元に「ON・OFF」の切り替えボタンが付いているため、体や髪を洗っているときでも簡単にお湯を止めることができるのもポイントです。1回のシャワーでは節約効果は実感しにくいですが、毎日の積み重ねで差が出てくるでしょう。

(2)SMD電球ペンダントライト

@maimelemon

「低コストでおしゃれな照明を作りたい」という人には100均「セリア」の「SMD電球ペンダントライト」(110円)がおすすめです。

乾電池で点灯させることができるので、コンセントがない場所に設置できるのが嬉しいポイント。ロープを付け替えたりお好みのシェードを組み合わせたりとアレンジも可能ですよ。

手軽に部屋の雰囲気を変えられるアイテムとして、ぜひ取り入れてみてくださいね。

(3)個別スイッチ付き電源タップ

家電やスマホの充電器などを、コンセントに挿しっぱなしにしている人は多いのではないでしょうか。

しかし、実はコンセントに挿したままの状態でも電力は消費されてしまいます。

このような待機電力をカットできるのが「個別スイッチ付き電源タップ」です。わざわざコンセントを抜かなくても、待機電力を完全にカットすることが可能です。まめにスイッチをオフにすることで、節約効果が期待できますよ。

(4)遮光カーテン

光をさえぎる効果があり、外から部屋の中が見えにくくなる「遮光カーテン」は、普通のカーテンよりも断熱性が高いため、節約効果があるのをご存知ですか? 

普通のカーテンよりも厚手の生地でできているため、

・エアコンの冷気・暖気を外に逃しにくい
・外からの冷気・熱気を防ぐ

このようなメリットがあり、節電につながりますよ。

そのため、これから一人暮らしを始める方は遮光カーテンを購入することをおすすめします。

(5)電子ケトル

水を入れてスイッチをオンにするだけで、あっという間にお湯が沸く「電子ケトル」。やかんでお湯を沸かすよりも、ガス代や時間の節約につながるでしょう。

コーヒーや粉末スープを作るためのお湯がすぐに沸かせるので、忙しい朝の時間にもぴったりです。

また、一人暮らしで重宝するレトルト食品やカップ麺などの調理にも役立つので、持っていて損はないアイテムですよ。

(6)浄水ポット

@chowchow_62

「浄水ポット」とは、ポットに水道水を注ぐだけで簡単に水が“ろ過”できるアイテムです。

水道水をそのまま飲むことに抵抗がある人や、自宅の水道に浄水器が取り付けられない人におすすめですよ。

人気の高い「ブリタ」というメーカーの浄水ポットは、サイズのバリエーションが豊富なので、飲む水の量に合わせて選べるのが嬉しいポイントです。

浄水ポットを使うためには別売の「カートリッジ」が必要ですが、水のペットボトルを買い続けるよりもコストパフォーマンスが良いため、結果的に節約につながるでしょう。

参考までに「ブリタ」の交換用カートリッジ「マクストラ プラス」の場合、1リットルあたりのコストはなんと3.4円。

500mlの水のペットボトルが80〜100円程度と考えても、かなりお得であることが分かりますよね。

※1個のカートリッジにつき、約200リットルの水をろ過できます
※カートリッジの価格は4個入りで2774円のもので計算しています(Amazon価格、2022年4月時点)

(7)電気圧力鍋

@rilakkuma_kuma_

「電気圧力鍋」は、ガスを使わずに電気で簡単に圧力調理ができる便利な家電です。短時間で煮物やカレーなどが作れるので、時短かつガス代の節約にもつながりますよ。

内蔵メニューが充実している電気圧力鍋を選ぶことで、料理が苦手な人や「家で美味しい料理を食べたい」という人でも手軽に料理を楽しむことができます。

なお、電気圧力鍋にはさまざまな容量のものがありますが、一人暮らしには2リットル前後のモデルを選ぶと良いでしょう。

(8)電子レンジ調理器

【ダイソー】「電子レンジ調理器 パスタ」(110円)

100均「ダイソー」の「電子レンジ調理器シリーズ」は、その名の通り電子レンジでパスタやご飯が調理できるアイテムです。

鍋でお湯を沸かす必要がないので、水道光熱費の節約になるのはもちろん、時短調理も実現できますよ。

特にパスタ用の電子レンジ調理器は人気の高いアイテムで、少量の水と塩だけで簡単にパスタを茹でることができる優れモノ。パスタを食べる機会が多い人にぜひ使ってほしいアイテムです。

(9)シリコンラップ

@xmana_cosx

電子レンジで少し食材を温めるときなどに、「わざわざラップを使うのはもったいない」と感じたことがある人は多いのではないでしょうか。 

そんな「ちょっとだけラップを使いたい」というときにぴったりなのが、「シリコンラップ」です。

その名の通りシリコン素材でできたラップで、洗って繰り返し使えるのが特徴です。ラップ代の節約になるのはもちろんのこと、ゴミを減らせるのでエコにもつながりますよ。

シリコンラップは「ダイソー」や「セリア」などの100均でも手に入るので、ぜひチェックしてみてください。

(10)冷蔵庫カーテン

@btf_bl

実は、冷蔵庫を少しでも開けることで冷蔵庫内の温度が上昇するため、適切な温度に戻すために電力が消費されてしまうのをご存知ですか? 

そんな冷蔵庫を開けたときの温度上昇を防ぐアイテムが「冷蔵庫カーテン」です。

冷蔵庫カーテンを冷蔵庫内部に取り付けることで、冷蔵庫の冷気が外に逃げにくくなるため、消費電力の節約効果が期待できますよ。100均「ダイソー」でも購入できるので、ぜひ試してみてくださいね。

一人暮らしには【節約グッズ】がおすすめ!無理なく節約しよう

一人暮らしにおすすめの節約グッズを紹介しました。何かとお金がかかる一人暮らしでは、少しでも金銭的な負担を減らしたいところ。

今回紹介した節約グッズの中には100均で買えるグッズも多数あるので、100均に足を運んだ際はぜひチェックしてみてくださいね。

節約グッズを上手に取り入れて、無理のない範囲で節約をしていきましょう。

【関連記事】

おすすめの記事