Yahoo! JAPAN

磯のカゴ&ブッコミ釣りで2大本命 シブダイ・イシガキダイにタバメも

TSURINEWS

磯から釣りあげたシブダイやフエフキ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

秋磯シーズン真っただ中の上甑島・里。まだ水温が高く、夜明け前は夏魚のシブダイを釣り、日中はイシガキダイを狙う〝リレー釣り〟が面白い。10月2日に釣行した時の様子をリポートする。

カゴ釣り&ブッコミ

里のシブダイやイシガキダイは夏から秋によく釣れる。シブダイは夜釣りでの実績が高く、オキアミボイルやキビナゴをエサにしたカゴ釣り。イシガキダイは日中、ガンガゼをエサにしたブッコミ仕掛けで狙う。

いずれも例年通りの釣果が出ており、今のところ衰える気配はない。

リレー成立なるか

当日は午前5時前に現地に着いた。海上はナギだが、北寄りの風が冷たくて肌寒い。双子島や松島などから順に釣り客を下ろし、私は最後に里港近くの地磯に渡った。

ここに渡るのは今季2回目。9月上旬に渡礁した際はシブダイとタバメ(フエフキ)を1尾ずつで、イシガキダイは不発。あまり芳しくなかっただけに、今回はリレー釣りを成立させたい。

周辺位置図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

渡礁後は即準備へ

磯に渡るとすぐに準備に取りかかった。カゴ釣りのウキはケミホタルが装着できる遠投カゴサビキ、ハリは軸長で強固なカット真鯛をチョイス。オキアミボイルをカゴに詰め、キビナゴをハリに刺してすぐに投げられるようにセット。

当日のタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

一方、イシガキダイは袋から取り出せばすぐに使える石鯛ワイヤーを選び、捨てオモリ式のブッコミ仕掛け。エサのガンガゼはウニ通しを使ってハリに付け、手返しよく攻めるために3つ用意した。

カゴ釣り開始もイスズミ連発

まずはカゴ釣りを開始。サオ1本ほどのタナを取り、15mほど先から探りを入れた。仕掛けがなじみ、サオを大きくあおってオキアミを海中にばらまく。すると1投目からウキがゆっくり沈んだ。

アワセを入れるとさほど手応えはなく、上がったのはエサ取りのイスズミだ。そのまま手返しを続けたが、どこに投げてもイスズミばかり。

カゴ釣りのエサ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

エサ巻き奏功しシブダイ&タバメ

そこで市販のエサ巻き(通称・ストッキング)でキビナゴをグルグル巻きにした。その1投目、ウキが勢いよく海中に消えた。

アワセを入れると同時にサオがきしみ、かなりの引き。リールを力強く巻いて寄せると水面を激しくたたく音が響いた。強引に抜き上げたのは50cm近いシブダイだった。

エサ巻きが効いたのか、魚信は続いた。同型のシブダイとタバメ(フエフキ)を追加し、40cm近いアカハタも交じる。いきなりの時合いにクーラー満タンを期待したが、空が白み始めると急にアタリが途絶えた。

ブッコミに変更しすぐ反応

午前6時、ブッコミ釣りに変更。エサをセットしたワイヤーハリスをサルカンに装着し、ちょい投げで攻める。14mほどのタナに仕掛けを落ち着かせ、置きザオにしてアタリを待つことに。その間にカゴ釣りの道具を片付けようとクーラーに腰掛けた時、サオが一気に海面に突っ込んだ。

慌てて駆け寄ったが、すっぽ抜けによるバラシ。急いで同じタナを攻め、2回目のアタリに期待したが、今度はピクリともしない。

ブッコミのエサ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

約45cmイシガキダイ

午前9時過ぎ、イシガキダイを諦めかけた時だった。穂先にガツガツと強いアタリ。サオをそっと持って構えた瞬間、魚が勢いよく走った。

大きくアワセを入れるとサオに乗った。魚は真下に潜り、直後には横走りすることから、本命と確信。慎重に寄せたのは45cmほどのイシガキダイだった。

2尾目を期待したものの、迎えの船が見えたところで午前11時に納竿。今回はリレー釣りが成立でき、まずまずの釣果に恵まれた。

45cmほどのイシガキダイに喜ぶ筆者(提供:TSURINEWSライター松田正記)

今後の展望

現地のシブダイとイシガイダイは例年11月ごろまで釣れる。夜明けが遅くなった分、じっくり狙える時季でもある。

<松田正記/TSURINEWSライター>

The post磯のカゴ&ブッコミ釣りで2大本命 シブダイ・イシガキダイにタバメもfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事