Yahoo! JAPAN

宮藤官九郎×安藤玉恵、三宅弘城×ともさかりえ Wキャストで『命、ギガ長スW(ダブル)』開幕 舞台写真&コメント到着

SPICE

『命、ギガ長スW』(左_ギガ組(宮藤官九郎&安藤玉恵) 右_長ス組(三宅弘城&ともさかりえ))

2022年3月4日(金)~4月3日(日)、ザ・スズナリにて『命、ギガ長スW(ダブル)』が開幕した。東京公演は初演と同じく「ザ・スズナリ」で約1カ月の上演となる。東京公演後は、大阪・北九州・松本へ巡演する。

そして、3月16日(水)長ス組:13時の回、ギガ組18時の回のライブ配信も決定した。

「大人計画」を主宰し、作家、演出家、俳優、映画監督とマルチな才能を発揮する松尾スズキが、2019年に“演劇を始めたころの素朴な悦び”を求め自ら企画・プロデュースし、「部活」として新しく立ち上げた「東京成人演劇部」。

旗揚げ公演となった『命、ギガ長ス』は、作・演出の松尾と映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍する俳優・安藤玉恵による、“8050問題”をテーマにした二人芝居。
登場人物は認知症の年老いた母親と、その年金を当てに生活しているニートでアルコール依存症の中年の息子、その親子のドキュメンタリーを撮るために彼らに密着している映像作家志望の女子大生と彼女を指導する大学教授の四人。舞台上の役者の息遣いまで感じられる空間で濃密な芝居が繰り広げられ、正に演劇の原点であり醍醐味を堪能できる作品だ。

今回、タイトルを『命、ギガ長スW(ダブル)』としダブルキャストで上演。出演は、松尾が絶大なる信頼を寄せる宮藤官九郎と初演から続投の圧倒的存在感の安藤玉恵が“ギガ組”として、松尾作品は「悪霊」(2013)以来の三宅弘城とキュートな魅力と実力を兼ね備え、あらゆるジャンルで活躍を続けるともさかりえが“長ス組”として、二人芝居に挑む。

ギガ組

ギガ組

ギガ組

長ス組

長ス組

長ス組

コロナ禍で以前よりも深刻化している “8050問題”というシリアスなテーマを扱いながらも、可笑しみやばかばかしさ、切なさのエッセンスがふんだんに詰め込まれた本作。演劇の持つ臨場感を、笑いと共に体感したい。

そして、今回の配信限定の特典は、宮藤×安藤×三宅×ともさか4名のスペシャル座談会を前後編で配信。稽古場ではお互いの稽古は見ず、決して交わることのなかった「ギガ組」と「長ス組」のトークは、配信だけで楽しめる。

●作・演出:松尾スズキ コメント

命ギガ長スW、始まります! いつもの二倍の演出料、身が引き締まります! 乞うご期待!

●宮藤官九郎 コメント

ギガ組オサムを演じます、宮藤です。長ス組の稽古を一切見てないのですが、両方見ているスタッフさん曰く、全然違うんだそうです。なんだかこっちが間違ってるんじゃないか?と不安になりますが、安藤さんが我が道を邁進しているのでついていくしかないです。スズナリの舞台に立つのは20数年ぶりですが、とてもしっくり来ます。ギガ長スギガギガ長ス長スギガ…と複雑なスケジュールなので間違えて長ス組の日に劇場に行かないように気をつけます。

●安藤玉恵 コメント

楽しみでしかなかった稽古が終わってしまいました。セリフや動きの、減ったところ、増えたところ、初演との変化にこの2年半を感じていて、終幕の演出が特に好きです。私はちょっとは成長してるんだろうか、だといいな(終わってから松尾さんに聞きたい…恐る恐る)。宮藤さんとは二度目の共演で、やっぱり、一緒に舞台にいてワクワクします。千秋楽まで楽しみます! ほんと、この「命、ギガ長ス」という戯曲は、すごいなぁ。

●三宅弘城 コメント

暖かくなってきましたね。松尾さんの演出のもと、春のお天気のような「暖かいんだけどどこか不安定」なお芝居ができました。面白いと思います。そしてこんなともさかさん見たことありません。面白いです。ぜひギガ組長ス組の両方ともご覧になってください。もっと面白いと思います。

●ともさかりえ コメント

新しい自分と向き合うお稽古でした。松尾さんが与えてくださる課題は難しいけど、でも楽しいです。2人芝居という、かなり追い詰められた環境ですが、三宅さんという最高のパートナーに恵まれて幸せです。三宅さんで良かった。この戯曲の素晴らしさを、ちゃんと届けられるように2人で頑張ります。ギガ組、長ス組、それぞれの「命、ギガ長ス」を楽しんでもらえた嬉しいです。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 水を描かず優雅に泳ぐ鯉を表現 五感で感じた色彩を伝える色鉛筆画家・三賀亮介

    おたくま経済新聞
  2. モダンで洗練されたデザインの店内で特別な時間を ホテルモントレ姫路「メロン&マンゴー アフターヌーンティーセット」姫路市

    Kiss PRESS
  3. <高2息子の反抗期>愛情たっぷり育てた息子から「死ね」甘えてる、で済まされるの?【まんが】

    ママスタセレクト
  4. 堀ちえみ、退院するも下腹部の痛みがあることを告白「一週間ほどは仕方がない」

    Ameba News
  5. キャシー中島、亡き長女を思い心境を告白「今生きていたらどうしていたのか」

    Ameba News
  6. 福山雅治、故郷・長崎のために立ち上がる「長崎を自分をもっと一緒に面白がりませんか?」

    Techinsight
  7. 才賀紀左衛門の彼女、そうめんを大人買いするも「やってしまったかもしれない」

    Ameba News
  8. 小柳ルミ子、10年以上前の『ユニクロ』品を着用して会食へ「カッコ良い」「似合ってます」の声

    Ameba News
  9. 【GAPベビー】「どストライク」「ずっと欲しかった」大人気デニムベビー服4選

    たまひよONLINE
  10. 【イオン】大容量の「ひとくちあんドーナツ」のコスパってどうなの?甘党の記者がレビュー。

    東京バーゲンマニア