Yahoo! JAPAN

デンゼル・ワシントン、ウィル・スミスのビンタ騒動を振り返る「じっと座ってなどいられなかった」

Techinsight

ウィル・スミスのもとに駆け寄っていたデンゼル・ワシントン

俳優デンゼル・ワシントン(67)が、第94回アカデミー賞授賞式で起こったウィル・スミス(53)の平手打ち騒動について初めて言及した。デンゼルは式典のコマーシャル休憩中にウィルのもとに駆け寄り慰めの言葉をかけていたが、当時を振り返り「じっと座ってなどいられなかった」と明かしている。

デンゼル・ワシントンが現地時間2日、米国の司教T.D.ジェイクスが毎年開催する「インターナショナル・リーダーシップ・サミット」のパネリストとして出席。ジェイクス司教とのディスカッションに参加したデンゼルは、アカデミー賞授賞式で起こったウィル・スミスの平手打ち騒動を振り返った。

現地時間3月27日に米ハリウッドのドルビー・シアターで開催した同式典ではウィルが突然壇上に上がり、妻のヘアスタイルを揶揄するジョークを放ったプレゼンターのクリス・ロック(57)に平手打ちをした。

式典の様子はテレビで生放送されていたが、コマーシャル休憩中にはデンゼルがウィルのもとに駆け付けて「最高の瞬間にこそ注意すべきだ。その時に悪魔が忍び寄ってくるんだ」と慰めの言葉をかけていた。

米メディア『The Wrap』『The Hollywood Reporter』などによると、ジェイクス司教と対談したデンゼルはウィルの平手打ち騒動を受けて、自身の心に響いた古い格言を思い出したと語った。

デンゼルは「『悪魔があなたを無視する時にこそ、自分が間違ったことをしていることに気が付くのだ』という名言があるんです」と述べ、その意味についてこのように説明した。

「悪魔はこう言うのです。『こいつのことは放っておけ。私のお気に入りだから』とね。逆に言えば、悪魔が忍び寄ってくる時にはその人が正しい行いをしているかもしれないのです。」

またウィルが壇上でクリスに平手打ちをして放送禁止用語を放ったことについて、「あの夜には何らかの理由で、彼に悪魔が取り憑いてしまったのです」と話した。

デンゼルによると、式典では劇作家で映画監督のタイラー・ペリーを含む人々がウィルのもとに駆け寄り、一緒に祈りを捧げたという。

「神の恵みがなければ、我々も同じような道を歩んでいただろう。我々は誰を責めれば良いのだ? 私は内情を知り尽くしてはいませんが、祈りが唯一の解決策だったことは確かです。」

対談ではその後、俳優は放送中に席を立たないという話題になったが、デンゼルは席から立ち上がってウィルに話すほかに選択肢はなかったと明かした。

「座ってなどいられなかった。自分の席に座り続けているなんて、ありえなかったのです。全く私らしくなかったですね。」

ウィルは授賞式のスピーチでアカデミーとノミネート者達に謝罪し、後日声明文でクリスに正式に謝罪した。現地時間1日には、アカデミー会員を辞任したことを発表している。

画像2、3枚目は『T.D. Jakes 2022年4月2日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

【関連記事】

おすすめの記事