Yahoo! JAPAN

釜石SWリーグ最終戦 花園の攻撃力に大敗 順位決定戦5月1日 ホームで広島と

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす


 NTTジャパンラグビーリーグワン2部の釜石シーウェイブス(SW)RFCは10日、釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムでレギュラーシーズン最終戦を迎え、花園近鉄ライナーズと対戦。12―98(前半0-46)の大差で敗れた。釜石は1勝9敗勝ち点7で5位となり、この後、下位3チームが総当たりで4~6位を決める順位決定戦に挑む。

 前後半で花園に15トライを奪われた釜石。攻守で厳しい戦いを強いられるきっかけとなったのは、反則による選手の退場。前半6分、ナンバー8サム・ヘンウッドのタックルが危険なプレー(ハイタックル)と判定され、レッドカードで一発退場処分に。1人少ない14人でのプレーが最後まで影響した。


 前半開始早々、日本代表CTBシオサイア・フィフィタがノーホイッスルトライで先制し、勢いに乗る花園。ヘンウッドの退場により14人で戦う釜石は、花園の強力な突破、正確で速いパス回しに苦戦し、前半終了までに8トライを献上。敵陣でのアタックチャンスをつかめないまま、0-46で折り返した。


CTB小野航大(左)、LO山田龍之介の気迫あふれるタックル=後半


 まずは1トライを返し、流れを変えたい釜石は後半2分、最初のラインアウトからフランカー河野良太がCTBヘルダス・ファンデルボルトにつなぎ、相手守備の弱い部分を突いて左隅にトライ。ゴールは失敗するも待望の得点を挙げ、5-46とした。しかし、数的不利は攻守への影響を避けられず、試合は再び花園ペースに。30分過ぎまでに6トライを奪われた。

 釜石最後の見せ場は33分。後半途中出場のプロップ高橋拓也が相手ディフェンスを引きつけたすきに、ファンデルボルトが後から走り込んできた河野にパス。高校時代はWTBという河野は、スピードに乗って相手をかわしながら中央を突破し、ゴール真下にトライ。ゴールも決まって12-88としたが、その後、花園にさらに1トライを許すなどし、12-98で完敗した。

後半33分、花園のタックルをかわし、インゴールまで走り抜いたフランカー河野良太(中央)


釜石SWの2本目のトライに沸くスタンド=後半


 「すべてどこをとっても相手のほうが上だった」とCTB小野航大主将。須田康夫ヘッドコーチ(HC)は相手を止めきれなかったタックルについて「1つ1つ課題をつぶし、修正していく」と話した。ただ小野主将、須田HCともに、昨シーズンからの成長という部分ではフィジカルのレベルアップ、試合で通用する手応えを実感。「チャンスをもらって試合で活躍できた若手選手もいて、チームの底上げも図られている」とした。

 順位決定戦まで3週間。小野主将は「自分たちのやるべきことを整理することが大切。チームとしてできる準備をしたい」と前を向いた。釜石SWの順位決定戦は2試合とも釜石鵜住居復興スタジアムが会場。5月1日にマツダスカイアクティブズ広島(6位)と、8日に日野レッドドルフィンズ(4位)と対戦する。正午キックオフ。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 酒匂川河口のテナガエビ釣りで本命2匹 攻略のポイントは「上げ潮」?

    TSURINEWS
  2. セ・リーグ球団別週間MVP、ヤクルト村上宗隆が12球団トップの大爆発!巨人ウォーカーも好調

    SPAIA
  3. タルトッツォって?テイクアウト専門店『北藤ファーム』の新作!事前電話予約で10%OFF!

    八王子ジャーニー
  4. パ・リーグ球団別週間MVP、楽天・島内がリーグNo.1 西武・川越、日本ハム・上川畑が定位置奪取へアピール

    SPAIA
  5. 「阪神梅田本店」にリンゴのお酒「シードル」や旬のフルーツが大集合!

    PrettyOnline
  6. 犬の留守番前に必ずチェックすべき『6つの場所』 思わぬ事故に繋がることも…

    わんちゃんホンポ
  7. 【夏の水難から子どもを守る】リニューアルした「ライフジャケットJR」が販売開始

    ソトコトオンライン
  8. 放任主義な犬の飼い主さんと、過干渉な犬の飼い主さんとは|連載・西川文二の「犬ってホントは」

    いぬのきもちWEB MAGAZINE
  9. 日本一浴衣が似合う街で、平日毎日花火の打ち上げ 城崎温泉街『夢花火』『大谿川納涼灯籠流し』豊岡市

    Kiss PRESS
  10. 【Excel】最速オープン!よく使うブックを素早く開く方法

    特選街web