Yahoo! JAPAN

猫にしてあげたかったと『後悔すること』4つ

ねこちゃんホンポ

「愛猫にしてあげれば良かった…」と後悔してしまいがちな事は?

猫を飼う上で、きっとほとんどの飼い主さんは「この子の一生を幸せで満たしてあげたい」と思うことでしょう。猫が幸せそうな一生を全うしてくれれば、飼い主さんとしても幸せなはずです。

しかしそんな理想とは裏腹に、さまざまな事が原因で「愛猫に幸せな一生を全うさせてあげられなかった…」と後悔してしまう飼い主さんもなかにはいます。

具体的にどのようなことが原因で後悔してしまう飼い主さんが多いのか、よくある「後悔する内容」について今回は紹介をしていきます。

1.「健康管理をもっと徹底すれば良かった」という後悔

健康管理を徹底していれば回避できた病気などで、猫を亡くしてしまった場合「健康管理をもっとしっかりやっておけば…」と落ち込む飼い主さんは多いようです。

「猫の幸せ=健康を維持して長寿を全うすること」と考える飼い主さんはたくさんいるため、猫の健康に関する出来事は後悔に繋がりやすいともいえます。

2.「もっとたくさん構ってあげれば良かった」という後悔

仕事などで日頃から猫に構ってあげる時間がなかなかとれないまま、愛猫が天国へと旅立ってしまった場合「もっとたくさん遊んであげれば…」「全然コミュニケーションをとれないまま逝ってしまった…」と後悔する飼い主さんは多いようです。

飼い主さんの生活ももちろん大切なので、時間の割り振りはとても難しい問題といえますが、可能な範囲で猫と構ってあげる時間もしっかりとれたら理想的ですよね。

3.「安心安全な環境をしっかり整えてあげれば良かった」という後悔

安全と思える家の中でも、実はしっかりと対策をしておかないと、猫が思わぬ事故に巻き込まれることがあります。

「お風呂場や洗濯機などの水で溺れてしまった」「危険な物(鋭利な物や猫にとって毒になる食べ物など)が原因で亡くなってしまった」というケースは、実は意外にも多いのです。

また、脱走対策をしていなかったせいで、愛猫が家出してしまいそのまま一生帰らなかった…というケースも珍しくありません。

もちろん人間ですから、うっかりミスや対策漏れをしてしまうこともあるでしょう。でも、後々後悔しないためにも日頃からこまめに安全対策を見直す機会を設けるのがおすすめです。

4.「最期までそばにいてあげれば良かった」という後悔

「愛猫の最期をしっかりと見届けたい」と思う飼い主さんは多いはず。しかし、命が尽きてしまう瞬間は誰にも予測できません。

飼い主さんが仕事に出かけたり、睡眠をとっている間に愛猫が天国へ逝ってしまう…ということもあるでしょう。

「愛猫の最期を看取ってあげたかった…」という後悔の気持ちは非常によく分かります。しかし、これに関しては誰のせいでもないので、何ともいえないですよね…。

日頃から「最期を見届けられない可能性もあるかもしれない」という覚悟を固めておくと、突然のお別れをした時の心のダメージを少しだけ緩和できるかもしれません。

まとめ

亡くなってしまった愛猫に対する後悔は、拭おうと思っても簡単には乗り越えられないものなのかもしれません。

そのような後悔を少しでもなくすために、愛猫が生きているうちに精一杯の愛情や努力を注いであげるのがよいでしょう。

【関連記事】

おすすめの記事