Yahoo! JAPAN

パラアイスホッケー 北京に向け強化合宿 川崎市内在住 石川さん参加〈川崎市中原区〉

タウンニュース

国内選手権でプレーする石川さん(本人提供)

2022年の北京冬季パラ五輪でメダル獲得を目指すパラアイスホッケー日本代表。川崎市在住の石川雄大さん(23)=人物風土記で紹介=は代表候補として注目される。石川さんら代表チームは、4月9日から5月末まで青森県など国内4カ所で強化合宿に臨む。

2018年の平昌大会では米国が金メダルを獲得し、日本代表は出場8カ国中最下位に沈んだ。以後、メダル争いに絡むため練習を積んできたが、新型コロナの影響で一年以上海外遠征を中止。日本パラアイスホッケー協会は「各国の戦略など情報が入らず戦力を比較できない」と話す。

昨年12月に長野県で開かれた国内選手権では、石川さんが所属する東京アイスバーンズが準優勝。今年から主将としてチームを牽引する石川さんは「スレッジ(専用そり)の感覚やスピードを磨き、外国人と渡り合いたい」と意気込む。

パラアイスホッケーは、スレッジに乗り左右に持つスティックを扱い得点を競うスポーツ。激しい体当たりで「氷上の格闘技」とも呼ばれる。

【関連記事】

おすすめの記事