Yahoo! JAPAN

中条あやみ、SNSに「嫌なこと書いてあっても…」

ナリナリドットコム

GU(ジーユー)は、中条あやみ・ゆりやんレトリィバァ・松本まりから8名の女性が出演する60秒の新テレビCM「ファッションは自由だ。」篇を、国際女性デーである3月8日に公開する。それに伴い、中条がインタビューに答えた。

今回新たに公開するのは、中条、ゆりやん、松本のほか、海音、佐藤かよ、斉藤美和、AYA、福士マリといった、ダイバーシティに富んだ8名の女性をキャストに迎え、「ファッションは自由だ。」をメッセージに掲げた新テレビCM。

中条はまだまだ寒い2月の海辺で、半袖のワンピース姿で撮影に臨んだ。ダウンジャケットを着込むスタッフをよそに、両手でサンダルを持ちながら素足で海辺を駆け回るカットも撮影。寒さをものともせず、「冷たい!」と楽しそうに海辺ではしゃいでいた姿が印象的だったという。

撮影後のインタビューで、中条は次のように語っている。

「自分の意志を持った格好いい女性というテーマでしたが、もっと自分らしく自分を表現して生きていこうというメッセージが込められていて。今までと違った、新しい、今らしい CMになっているのではないかと思います」
「今はSNSとか、見えないところで言われることが多いなと思います。私は、例えば嫌な事が書いてあっても、それは自分の改善すべきところで、見えない相手が思っている自分の姿を知れるし。それで改善していけばいいから、ヒントを教えてくれてるのだなと思います。学生の時は傷つくこともあったけど、ポジティブに捉えたらすごく良いことだなと思うし、そうやって私見られてんだって思うので、今はありがとうと思えるようになりました」
「今回海辺での撮影で、ワンピースと海がマッチして爽やかなCMになったのではないかと思います。今までオシャレをすることに勇気がなかったりとか、自分がオシャレをしているのが恥ずかしいと思っていた方が、このCMを見て『私もオシャレ楽しみたいな』『いろんなファッションに挑戦したいな』と思っていただけたら嬉しいです」

【関連記事】

おすすめの記事