Yahoo! JAPAN

天皇杯・SC相模原、初出場で駒大に勝利 ユーリが決勝弾〈相模原市中央区〉

タウンニュース

激しく競り合う両チームの選手=SC相模原提供

地元サッカークラブ・SC相模原は第101回全日本サッカー選手権大会天皇杯1回戦に出場、22日にレモンガススタジアム平塚で駒澤大学と対戦し3対1で勝利した。SCは天皇杯初出場で初めての勝利を飾った。

SCは駒澤大学出身のFW安藤翼とユーリの2トップ。MF稲本潤一らが先発出場した。試合は開始早々に動く。前半5分MF和田昌士が強烈なシュートを放ち先制点をあげる。その後、一進一退の攻防が続く中、前半終了間際にDF會澤海斗に押し込まれ、同点ゴールを許してしまう。

後半、SCは安藤に代わりFW平松宗を投入。すると8分にユーリがゴールを決め相手を突き放す。SCは守備を厚くし逃げ切りを図ろうとしたところ、アディショナルタイム4分にFW中山雄希がゴールを奪い勝利を決定づけた。

SCの2回戦は6月9日(水)、アウェイでギラヴァンツ北九州と対戦する。午後6時キックオフ。

【関連記事】

おすすめの記事