Yahoo! JAPAN

「JR&KEIKYU ふらっと列車旅」実施へ 神奈川県の観光流動創出のため、JR東日本と京急電鉄が共同プロモーション

鉄道チャンネル

2社連携ロゴには気軽に列車(トレイン)で出かけてほしいという想いを込め、両社それぞれの車両をモチーフとした。

JR東日本横浜支社と京急電鉄は、コロナ禍で落ち込んだ観光流動の創出と豊かな観光資源のある沿線地域の活性化を目的として、2021年3月から共同プロモーション「JR&KEIKYU ふらっと列車旅」を実施する。「列車旅」の読みは「とれいん」。

JR東日本・京急電鉄路線イメージ図

第一弾では「開国の街」横須賀市と連携し、3月1日~31日までの一ヶ月にわたり、ヨコスカネイビーバーガーなど地域特有のグルメを起点とするプロモーションを行う。

テーマは「JOYFUL TRIP IN YOKOSUKA」――横須賀市が認定するヨコスカネイビーバーガー認定店舗17店舗を含む横須賀市内合計23店舗で、3月8日以降に飲食した方を対象に、先着10000名にオリジナルデザインのコースターを配布。また1日から横須賀市観光情報サイト「ここはヨコスカ」内特設イベントページでオリジナルデザインの「スマホ用壁紙」を配布する。

※緊急事態宣言が延長となった場合、飲食店でのプレゼント開始は緊急事態宣言終了後に延期。

第二弾では京浜臨海部産業観光推進協議会と連携。「かながわ京浜臨海エリア 学ぶ・楽しむ電車でふらっとみんなの社会科見学(仮称)」をテーマとし、4月1日から6月30日までの3か月にわたり展開する。

川崎・横浜をはじめとする「京浜臨海エリア」の産業観光コンテンツを中心に、子供から大人まで「学ぶ・楽しむ」をコンセプトとしたキャンペーンを計画しているという。

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】

おすすめの記事