Yahoo! JAPAN

【2021九州】ミャク釣りで渓魚に挑戦 ポイント・仕掛け扱い・取り込み

TSURINEWS

美しい渓魚をキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版・津曲隼丞)

いよいよ渓流釣りが解禁する。ということで、ここでは入門者に役立つ渓流釣りの基本を解説する。ぜひ参考に、ミャク釣りで渓魚を狙おう。

渓流釣りが解禁

立春をすぎると、寒さの中にも春の兆しが感じられるころとなり、九州脊梁の山間には、春の訪れを告げる福寿草が咲き始め、山里には梅の花の開花の便りが届く。渓流の流れに目を向けると、越冬していたヤマメが目覚め、ゆっくりとエサをあさりに流れの方へ泳ぎ始めることだろう。

昨年は、令和2年豪雨災害の影響で、九州各県で甚大な被害が発生した。その中でも、熊本県球磨(くま)川水系では、大規模な洪水が発生し、ヤマメの魚影も激減した。今も釣り場までの車道が多く寸断している。

解禁直後から渓流魚と出会うためには、水害の少なかった流域や通行止めなどの道路事情、放流実績なども事前に把握し、準備を整えた上で、安全第一で無理のない入渓を心掛けてほしい。釣りも準備8割、惜しまずに準備すれば釣果も付いてくる。

コロナウイルス感染予防のためにも、県外(緊急事態宣言対象地域を含む)への往来は、特に注意。釣り場が県境をまたぐ場合が多いので、寄り道せず自宅と釣り場だけを行き来するなど、感染拡大防止策を取ってほしい。

ヤマメ&アマゴについて

ヤマメ・アマゴは警戒心の大変強い魚で、学習能力も高く、釣りづらい淡水魚とされる。初心者に入門しにくい一因かもしれない。ただ、釣果に簡単に結び付かなくても、森林の香り、透明度ある渓流を見るだけでも五感が研ぎ澄まされリフレッシュできる。特に、コロナ禍のご時世、大自然に身を委ねることが、どれだけ幸せなことか感じ取れることだろう。

尺ヤマメ(提供:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

あらゆる魚種の中でも、美しい魚体から、淡水魚の「女王」と称される。特に天然物の美しさは記憶に残る魚体だ。また、一度ハリに掛かれば、サケ科らしい瞬発的な鋭い引き込みを繰り返し、太公望の心を捉えて離さない。

約21cm(7寸)前後が釣れごろサイズだが、稀に30cmを超える大型の尺ヤマメに出会うこともある。ただし、尺ヤマメは個体数も少なく釣りにくいことから、太公望の憧れの存在となっている。

ちなみに、ヤマメには、地方名が存在する。球磨川、一ツ瀬川水系では「マダラ」、宮崎県側の耳川、五ヶ瀬川などでは「エノハ」と古くから呼び親しまれている。

入渓の心構え

あらかじめ遊漁券(鑑札)を購入すること。当然タバコ・ゴミのポイ捨ては絶対にしない。残念ながら、明らかに釣り人が捨てたと思われるエサ箱やペットボトルや空き缶を散見する。渓流ベストを着用していればポケットにゴミを仕舞える。

私たち釣り人は、自然界という結界へ踏み入れているよそ者。いにしえの人々が大切に守ってきた地域や流域、そして魚に対して謙虚な気持ちと敬意をもって釣りを楽しんでほしい。

解禁初期のポイント

解禁直後は、水温も10度以下と低い場合が多く、流れの緩い淵・深瀬・堰堤下の深いプールが中心となる。まだサビており、痩せた個体も多いことから、B~3Bまでの大きめのガン玉でハリとオモリの間隔を広く取り、底波へとじっくり流したい。エサはイクラやブドウ虫で数釣りが楽しめそうだ。ただし、これは上流域で釣る場合の話。

ここ九州は、本州と比べ1か月も季節が早く進み、雪代もない温暖な地域だ。初期は本流~里川~開けた渓流域が狙いめで、解禁直後から、瀬に良型のヤマメが定位しており、スリリングなやり取りが楽しめるだろう。

ぜひ狙ってほしい堰堤下のプール(提供:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

桜の咲く3月下旬からは、本格的に多くのヤマメの活性が上がってくる。当然、引き込みも強くなり、極端な細仕掛けは注意しなければならない。瀬を中心に組み立てスリリングなやり取りを楽しみたい。同時に尺ヤマメも動きだす。大淵の流れ込み、淵上の瀬が狙いめだ。

渓流釣りは一般的に、上流へ釣り歩きながらテンポある釣りをする。同じ流れの筋を2~3回流し、アタリがなければ次のポイントへと進む。

初心者が陥りやすいのが、同じポイントで長時間粘ってしまうこと。もちろん、アタリが続いたりする場合は粘ることもあるだろう。しかし、渓流釣りの場合、8割方は、初回のひと流しで何らかのアタリがでる。残りの2割に賭けて、気難しい魚を狙いに粘るのか、それとも新規ポイントで食い気のある魚を釣るかという話になる。釣果を上げるならば、絶対に後者だ。

釣りながら、次はどんなポイントが広がっているのか釣り歩くのも渓流釣りの楽しみのひとつ。

サオの持ち方

仕掛けがブレると水中のつけエも踊り、ヤマメ・アマゴが警戒する。ブレを起こさないサオの持ち方は、5m前後の短竿だと、グリップを握り、サオ尻(元栓)を手首付近に固定させた片手持ちとなる。

片手持ち(作図:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

6mの長さになってくると重量と操作性を考慮し、両手持ちとする。両手持ちは、片手持ちの要領でグリップを握り、もう片手は、サオ尻から20~30cm上を軽く添える。以前は、脇を締める方が良いといわれていたが、少し脇を空けた方が、流れに立ち込む場合、体の振動を吸収し、仕掛けのブレも防いでくれる。

慎重にアプローチ

渓流釣りの基本は、手前の流れの筋から、ひとつひとつ流れの筋を2~3回仕掛けを流す。アタリがなければ、次の流れの筋に仕掛けを投入していく。最後は対岸側の奥の流れを攻略していく。

魚に悟られぬように(提供:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

渓流魚を釣るためのアプローチで注意すべき点は、まず不用意に川に近づかないこと。また、太陽を背に、水面に人影やサオの影を映さないこと。なぜなら、ヤマメ・アマゴは、大変警戒心が強く学習能力の高い魚であるから、一度悟られると、一日中エサを食べることもちゅうちょする。よって、古くから、釣り人は「石化け、木化け」といわれるほど、アプローチには細心の注意を払って釣りを行っていた。

また、渓流釣りのマナーだが、先行者が釣りをしている場合は、追い抜いたり、すぐ上流へ入り込まないこと。解禁日のお祭りは致し方ないにしても、一般渓流であれば、1km程度の距離は空けて入渓してほしい。

流れの観察

まずは仕掛けを振り込む前に、渓流の流れをよく観察してみよう。流れの筋が、石(水面に出た石、沈み石)という障害物に当たり、分かれたり、合わさったりしているはず。この流れ同士が合わさる場所にヤマメ・アマゴがよく定位している。落ち込みの白泡が消えかかる、俗にいう「白泡の切れ目」も流速が安定し見逃せないポイント。

魚の定位(作図:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

このように魚の定位ポイントをあらかじめ読み取り、そのやや上流へ仕掛けをエサ→オモリの順に静かに投入し流していく。仕掛けが着水寸前に少しサオの振り込みを止めるとソフトに着水する。狙いのポイントの20cm範囲内へ的確に投入できるようにコントロールしたい。

仕掛けの振り込み

一般的な振り込みは、片手でハリの少し上の水中イトをつまみ、水中イトを張りながらサオ先をしならせる。サオを持つ側の手首を上方へ反らしながら、ポイントに向かって、サオを振り込むと同時につまみ手を離す。すると、サオの弾力で軽いオモリでも飛んでいく。これが基本形のアンダースローになる。また、仕掛けイトが極端に短いチョウチン釣りは振り子の原理を使って飛ばす。

強風の時や開けた流域では、仕掛けが風に流されにくいオーバースローを多用し、サオ全体のしなりを活用して頭上から投入させる。

木々の覆いかぶさる渓流域では、アンダースローの振り込みを中心に、サイドからブッシュの下へピンポイントに投入するサイドスローも修得すると釣果に差がでてくる。

仕掛けは自然に流そう

ヤマメ・アマゴは、砂利底の流れを嫌い、水生昆虫の豊富な底石が点在する場所を好み、川底よりも若干上の層に定位している。魚が水面下に浮いていたり、ライズしていない限り、底波へ仕掛けをしっかりと届けて、底の地形に合わせて流すことが必要になる。

魚の警戒心を煽らないように(提供:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

渓流魚の警戒心をなくすためには、自然に仕掛けが流れるように、なるべく軽く、かつ底波へ届けられるオモリを選択したい。目安としては、一般的な渓流域や開けた渓流域だとG2~B、水量豊富な本流域だとG1~3Bのガン玉を中心に使用することが多い。水温が上昇する初夏や羽化した昆虫が発生すれば、水面下のエサを捕食してくる場合もあるのでG4を多用し、表層を流すこともある。

目印の位置は、水深によって随時可動させる。水深は目測だが、オモリ~目印までの間隔は、水深の約1.5倍程度としている。これは、流れ抵抗によるイトフケを計算してのことだ。ガン玉を取り付け、仕掛けを流してみて、仕掛けが時々底に当たるものの根掛かりせず、水面の流れよりも目印がゆっくりと流せれば底波に入っている証拠。流す仕掛け(水中イト・目印)は、水面と直角になるほど沈みも早い。

仕掛けの流し方

仕掛け投入後に、サオを速やかに直角に立てて、水中イトを若干弛ませてフケがでる状態で流していく。それに付け加えて、流れと同じに自然とエサが流下するように、線の流し方を心掛けたい。流す軌道が曲線を描いて、次第に釣り人側へ寄ってくるようでは、渓流魚も警戒しアタリも遠のく。

これらが自然に再現できる水中イトは0.2号以下となる。非常に水なじみもよく、食い込みもよい。比例して、ハリ結びなどの仕掛作りが繊細で、現場でのライントラブルも増加するので自分の技量に合わせて、使用する号数をジャッジしてほしい。

渓流魚を安心させて食いつかせるためには、何よりも目印をブラさないこと。これが上手くできていないと魚に対して、エサが不自然に踊って上手く食いついてくれない。そのためには前項のサオの持ち方をマスターしておきたい。

釣果アップに繋げるためには、まず「ナチュラルドリフト」で流すことをマスターしたい。これがクリアしたら、ナチュラルドリフトで流し、目印が正面から下流側の流し切りまでを「ドラグドリフト」で組み合わせるとよいだろう。

まずはナチュラルドリフトから入ろう(作図:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

魚に対して、水中でエサをアピールさせるためには、ブレーキを掛けながら流すドラグドリフトが非常に有効的。特に流し切りで、つけエがアピールされ、魚も吸い寄せられ、スレッカラシに有効だ。魚も安心して食べるためか根掛かりのような目印が止まり、抑え込まれるアタリ方をする。

ドラグドリフトの流し方の要領は、仕掛けがソフトに着水したら、水面上にあるオモリをサオの操作で狙ったポイントに移動させて、仕掛けをいったん水面に止める。

次にサオを立てながら、若干仕掛けを緩めて流していくと底波へ潜る「食い波」と呼ばれる渦に仕掛けが吸い込まれていく。仕掛け先行、サオが後追いで流していく感覚だ。

下流側へうまく流していくには、釣り人も少しお辞儀するような姿勢を取り、下流側に流すと同時にサオも徐々に下げていく。

また、底波を外さないように、ガン玉の選定は的確に、つけエ優先に流す。食わせるポイントは、川幅の狭い上流域では、釣り人の上流側。開けた渓流域~本流域では、自分の立ち位置より下流側になる場合が多い。

アタリ

流れの筋に自然に流下するように流すことができると、渓流魚も安心して口にする。目印が止まったり、震えたり、沈み込んだり(目印を抑え込む感覚)があり、明らかに根掛かりと異なる生命反応がある。この場合は、慌てて反射的に早アワセをせず、半呼吸置いてからアワせるくらいがちょうどいい。サオでアワせなければ何度もアタリが続くことだろう。

バレが生じたり、スッポ抜ける場合は、ハリの号数を上げたり、エサを替えて目先を変えてあげること。特にエサの種類を替え、1匹掛けから2匹掛けにしたりすると、再び食いついてくれる。

アタリについて(作図:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

一番アワせにくいアタリは、先行者後を釣るスレきった渓流魚を狙う場合。口先だけでエサを軽く噛むだけの低活性の個体やカサッと目印が揺らぐだけの個体もいる。現地で対処できるのは、ハリや0.1号前後の極細イトへの交換。ハリは細軸バリが刺さりも良くベストに忍ばせている。どうしても釣果に結び付かないのであれば、思い切って場所替えするのがよいだろう。

アワセ方だが、渓流釣りは細イトを多用していることから、アワセ切れ防止のためにあまり強いアワセは禁物。短竿で片手持ちの場合は、アワせるタイミングで、素早くグリップを握り締めると同時に手首をわずかに上方へ返す。長竿で両手持ちの場合は、アワせるタイミングで、添えた手(グリップを握る別の手)をテコの原理とし、ひじの関節の曲げを使って、少しサオを立て気味にするとフッキングしやすい。派手なアワセではなく、聞きアワセに近いだろう。

やり取り

ヤマメ・アマゴの良型がヒットすれば、流れに乗ってローリング(体を捻じり回転させる)しながらハリ外しの行動を取る。それでもハリ外しが困難と悟れば、得意の突進速度を上げて、上下流、川底へと瞬時に走り回り、すきあれば石裏に逃げ込む行動を取る。この瞬間にイト切れやハリ外れを起こしやすい。

経験に基づく対策としては、ヒット直後は、サオを約45度倒し(上ザオ)、サオのパワーを生かしてサオをしっかり曲げてタメる(サオを絞り込む)こと。

暴れるようであれば水面近くに寝かせる(ベタザオという)。アユ釣りでいえば引き泳がせに近い角度になるのではないだろうか。これらのタメ操作とパワーを生かすために開けた本流や里川では胴に乗る胴調子ザオを多用している。

掛かれば、最初の走りを何としても止めて、大人しく泳がすことを第一に考える。大物は、急流を味方に付けて下流へ突進する。特にリールのないノベザオで細仕掛けの場合は、自分自身も獲物と一緒になって走ることになるだろう。全身運動でショックアブソーバーの役割を担わなければならない。また、どこで取り込むのかある程度の目標を事前に決めておきたい。

なるべく、獲物を自分の正面に管理するように努め、獲物と自分の距離を一定間隔に保つこと。暴れる魚には、少しサオの曲がりを戻してあげれば大人しくなりやすい。

やり取りを制した喜びは格別(提供:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

一番注意しなければならないのは、石裏、石底へ逃げ込む行動。ベタザオやサオのテンションを緩めすぎると主導権が獲物に渡り、ラインブレイクとなる。獲物の体力を奪うためには、立てザオでテンションを与え続け中層を泳がせること。弱るまでは、決して水面には、顔を出してはならない。すぐに顔を水面上に出すと、エラ洗いのように首を振って暴れ、バラす原因になる。

魚が大人しく落ち着けば、泳がせながら、岸近くの流れの緩い場所へ誘導する。溶存酸素の少ない淵は獲物の弱りも早い。もしも、移動できない流速のある荒瀬で掛けたら、急流でスリリングな激闘を繰り広げることになる。その時は少しでも流れの緩い筋へ誘導したい。

流心から獲物を外すために、切り返しというサオを曲げた状態で、サオを180度反対側へ返す技を積極的に取り入れてみよう。意外と簡単に流心から外すことができる。最後は、石裏のタルミへ誘導し、口を出し浮かせたところを素早く取り込む。

取り込み

やり取りで獲物が弱り、動きが止まったら、水面下に浮かせ取り込み体勢に入る。魚を引き寄せるためには、右手で持つサオ柄(グリップ)を上部後方へ少しずつ持ち上げ、サオ尻を獲物側に向けるとサオは後方に倒れ、獲物は自然と自分の所へ寄ってくる。

とどめを打つために、浮いた口に空気をいっぱい吸わせてやること。獲物が止まり横たわれば、腰に差したタモを手に取り、頭からタモへ誘導し取り込む。決して焦って自分から獲物を追い回し取りに行かないこと。

これらは良型を想定したやり取りだが、20cm以下の小型は、引き抜きという方法で、魚が弱まれば獲物を水中からサッと引き抜き、空中を飛ばしタモにキャッチする。場荒れも少なく済む。水面で口の動きが止まった時が抜き時。キャッチがきれいに決まると渓流釣りも一段上の楽しさが増してくるだろう。

抜きのコツは、左手で握っているタモ柄の上部(根元)を柄とタモフレームを一緒に握ること。タモ枠側の柄を握ることにより、魚が飛んでくるスピードにも対応しやすくキャッチしやすい。

<週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年2月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post【2021九州】ミャク釣りで渓魚に挑戦 ポイント・仕掛け扱い・取り込みfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 広島駅 北口の昭和レトロ建造物が消える

    鉄道チャンネル
  2. 小倉駅前に韓流酒場「韓国コレクション」オープン ほぼ全品299円

    北九州ノコト
  3. ホテルの客室でグランピングしながら星空鑑賞!「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」宿泊ルポ【千葉・舞浜】

    TABIZINE
  4. ハムスターがハムスターを投げ飛ばす 豪快な投げっぷりに飼い主爆笑

    おたくま経済新聞
  5. 朝ご飯抜きで白髪が増える?白髪対策に食べたい朝のメニュー

    つやプラ
  6. ニッポンエール ドライフルーツなど 地産のおいしさ、いただきます。

    ソトコトオンライン
  7. 彼氏になってほしい若手芸人ランキング…ぺこぱ松陰寺太勇、EXIT兼近大樹、りんたろー。がTOP3に!

    ランキングー!
  8. 丸美屋食品ミュージカル『アニー』2021スペシャルインタビュー【前編】山田和也(演出)~1年越しに叶える夢のステージは今回だけの特別バージョン

    SPICE
  9. Aimer、オンラインライブ『Aimer Live at Anywhere 2021 “Walpurgis”』を5月1日に開催

    SPICE
  10. 可知寛子インタビュー ~ 魅惑のかちひろこは本当に魅惑的だった/『ミュージカル・リレイヤーズ』file.1

    SPICE