Yahoo! JAPAN

【缶詰博士イチオシ簡単レシピ】焼きそば麺×缶詰で本格「タイカレー焼きそば」に変身!

saita

カレー缶で作れる缶たんレシピ3品! #缶詰博士の!缶たんクッキング

みなさん缶にちは! 缶詰博士の黒川勇人です。前回はユニークなカレー缶詰を紹介しましたが、今回はその活用法をお伝えしましょう。カレーは白ごはんに合うだけでなく、麺類やパンとの相性もすごくいいんです!

オクラと一緒にラーメンにOn! タイカレー麺

<材料(1人分)>

・チキンとタイカレー グリーン……1缶

・インスタントラーメン……1食分

・オクラ……2本

<作り方>
1.インスタントのラーメンを作る。塩分を控えたい人は付属のスープを半量だけ使うのがオススメ。タイカレー缶は湯せんで温める。

●湯せんの仕方
小鍋に湯を沸かしたら火を止め、開缶前の缶詰を入れて余熱で温める。5分浸けておけば充分熱くなるので、ヤケドしないようトングなどで取りだし、表面が冷めてからフタを開ける。

2.油を引いたフライパンでオクラを炒める。全面に軽く焦げ目がつけばOK。
3.できあがったインスタントラーメンにタイカレーをかけ、オクラを乗せれば缶成!

【おいしくするポイント】
オクラを使ったのは、たまたま我が家の冷蔵庫にあったから。他にもキャベツやブロッコリーなど、あり合わせの野菜なら何でもOK。いずれも、油を引いたフライパンで炒めると香ばしさが出て、タイカレーとの相性がぐっとよくなりますぞ。

カレーを吸った麺がもちもちでウマー! タイカレー焼きそば

<材料(1人分)>

・チキンとタイカレー レッド……1缶

・インスタント焼きそば……1食分

・青ねぎ(小口切り)……適量

<作り方>
1.インスタント焼きそばを作る。水を加えて蒸し焼きにする工程で、水分がなくなったらタイカレー缶の汁だけを入れ、よく混ぜながら炒める。付属のソースは使わない。
2.汁気がなくなったら火を止め、タイカレー缶の具を入れる。上から青ねぎを散らせば缶成!

【おいしくするポイント】
青ねぎはあらかじめ小口切りになっているパックを使えばより缶たん! 使わなかったソースは、キャベツにでもかけて食べちゃってください。

さばとカレーがパンに合う! さばカレーホットサンド

<材料(2人分)>

・さばのカレー煮……1缶

・食パン(8枚切り)……4枚

・溶けるチーズ……適量

・バター……10g


<作り方>

1.ホットサンドメーカーの内側(上下両方)にバターを塗り、食パンを1枚乗せる。
2.さばのカレー煮2分の1と溶けるチーズを乗せ、その上に食パンを1枚乗せて挟み込む。弱火でホットサンドメーカーの両面を炙り、パンの表面がほどよく焦げれば缶成! 

【おいしくするポイント】

ホットサンドメーカーの内側にバターを塗ることで、パンの表面が香ばしくカリッと焼き上がります。

ホットサンドメーカーがない場合は、下の画像のようにフランパンを使い、上から鍋を乗せて重しにすれば同じように作れますぞ!
(鍋が軽い場合は水を張って重くする)

今回はカレー缶の活用法をご紹介しました。ごはんとカレーの組み合わせは最強だけど、「もっと軽く食べたいな」という時に麺類やパンがうってつけ。野菜も合わせやすいので、ヘルシーに食べたい人にもオススメです!

黒川勇人/缶詰博士

【関連記事】

おすすめの記事