Yahoo! JAPAN

深見や下鶴間の史跡巡る せや・ガイドが10月16日に〈横浜市瀬谷区〉

タウンニュース

奉納相撲の言い伝えが残る諏訪神社

せや・ガイドの会(竹見修二会長)の主催、瀬谷区役所後援のウオークイベント「大和深見の史跡と下鶴間探訪」が10月16日(土)に開かれる。

当日は瀬谷駅北口広場で、午前9時から15分間参加受付。旧石器や縄文時代の遺跡が発掘された「深見諏訪山遺跡」や、室町時代の築城と考えられ保存状態も良いという「深見城跡」を巡る。明治時代に横綱の梅ケ谷藤太郎などが奉納相撲を行ったとされる「諏訪神社」にも足を運ぶ。下鶴間ふるさと館で、午後0時30分頃に解散予定。

全行程およそ7Km。申し込み不要、参加費1人300円(資料・保険料等・当日集金)。飲物などは各自持参。マスク着用(体調不良の場合は参加不可)。当日午前7時台のNHKテレビで、横浜市の午前中の降水確率が60%以上の場合は中止となる。問い合せは竹見会長【携帯電話】090・3900・6469。

【関連記事】

おすすめの記事